デジカメ

昨今の3Dブームに乗ってみる。【3Dちび】デビュー

平行法で見てください。

見方は

http://www.stereoeye.jp/howto/parallel.html

参照。

3d1

3d2

3d3

ダウンロードしたものをLサイズフチなしで印刷しても見やすいです。

腕を軽く伸ばすくらいの距離を取ってみてください。

| | コメント (0)

SAMSUNG(サムスン、サムソン、三星)のレンズ交換式デジタルカメラ NX10のレビュー

SAMSUNG サムスンのNX10の記事は下にあります。

SAMSUNG(サムスン、サムソン) デジタルカメラ NX10 を韓国で買ってきました。

http://nike.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/samsungnx10-744.html

SAMSUNG サムソン NX10の写真

http://nike.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/sumsong-nx10-5f.html

| | コメント (0)

SAMSUNG サムソン NX10の写真

 昨日のブログで、感度比較のために撮った写真しかなかったので、少し貼っておきます。いつもどおり、写真はクリックすると大きくなります。大きくなった状態で、等倍の50%縮小です。

Sam_0032

Sam_0033

Sam_0036

Sam_0046

ISO400までは十分使えますし。IS800でも我慢できます。

ただ、レンズはプラスティック多用で安っぽいし、解像度も今一だと思います。

シャッター音もチャチだし、AFの精度というか動作も不安定。

液晶ファインダーは画素数が少なくて荒いのは構図確認としては我慢できるのですが、なぜかコントラストが変化して見辛い。黒がつぶれ気味で、ファインダーでは実際にどう写るか確認できない。それと、写真を撮ったあと、背面の液晶で数秒再生画像が映るのはいいのですが、ファインダーの画像まで再生画像を出すので、うっとうしいです(続けて撮ろうとしても再生画像が邪魔)。

まあ、免税店でもCanon,Nikonばかり前面に押し出して売り出していて、サムスンは片隅に追いやられていることからも、まだまだ実力がないんだと思います。

追加情報:30mmのレンズのみをもうすぐ売り出すそうです。

| | コメント (4)

SAMSUNG(サムスン、サムソン) デジタルカメラ NX10 を韓国で買ってきました。

韓国に行ってきたので、SAMSUNGのレンズ交換式デジタルカメラNX10を買ってきました。免税店ではレンズキットのみの発売で、レンズが18mm-55mmのいタイプと、パンケーキレンズのタイプがありました。

レンズだけの販売はしていなかったので、18-55mmとのセットを買ってきました。

とにかく写真です。

Dsc_6065

レンズキットの中身

Dsc_6066

ズームレンズ 18-55mm

Dsc_6067 マウントのレンズ部分はプラ。ちょっとチープです。

Dsc_6068

ボディにつけた状態。

Dsc_6069

メニューの言語で日本語が選べません。注意が必要ですが、まずは英語にしておけば、取りあえず読めるので大丈夫。

Dsc_6070

さて写真も撮ったのですが、お気に入りのコンパクトデジカメキヤノン Powershot G11と比較してみたくなりました。

G11は1/1.7インチサイズ。APS-CのNX10よりも更に、1/3倍の大きさ、1画素のセルの面積では1/9しかありません。NX10はさぞ感度が良かろうと思ってISO感度を振って撮影してみました。

Nx10_4 

G11_4

サイズの小さいはずのG11のほうが、ノイズだけを見ると感度が2段回~3段階近く良く見えます。キヤノンの信号処理が優秀なのでしょうが、NA10のこのノイズは結構昔風のノイズです。ノイズリダクション処理が現在のレベルに全然おいついていません。もうしばらく様子を見たほうがいいと思います。

| | コメント (2)

Nikon AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED

ニコンから広角大口径のレンズが発売されました。

Img_0484

AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED

Img_0485

この手の広角大口径はキヤノンが随分先行していましたが(ニコンにもないことはないのですが)、ようやく実力的にもためを張れる商品が出てきたように思います。

発売前に銀座のショールームでカメラとレンズを借りて撮ってみたときも、周辺まで十分に明るく、歪やボケが良くコントロールされているのが、すぐにわかりました。キヤノンの広角大口径は周辺のボケ、色収差が余りよくないものもあるのですが、ズームも含めて最近のニコンのレンズはどれも素晴らしい出来です。

本当は明日19日発売なのですが、本日入荷したとのことで、急遽お店に取りに行きました。が、すでに夕方だったし、用事があったのでその合間に少しだけ新レンズを使ってみました。フルサイズで24mmっていうと思ったより広角なことに改めて気がつきます。24-70mmのを使っていても広角端はあまり使わないので、新鮮な感じがします。

とりあえず写りだけでも少し参考になれば(ほんと、「カメラ屋」ですが「写真家」じゃないので写真の中身は無視して見て下さい)

D3s_1736

D3s_1739

D3s_1743

D3s_1767

D3s_1775

D3s_1776

| | コメント (4)

CP+に行ったけど。

12日にCP+に行ってきました。

D3s_1635

昨年のPIE(Photo Imaging Expo)がCIPA主体に変わった展示会。参加企業もPIEから随分減ったし、出展社も様子見といった感じ。

CIPAは入り口すぐのところに構えていて、コンパニオンの女の子が写真を撮られるのに急がしそうでした。展示会でのコンパニオンの写真撮影。これが出来ないブースが増えてきたこともPIEを止めてCIPA中心でCP+を開催した裏の実情ではないかと思っています。

今回はどのブースも全員写真撮影OK。絶対CIPAが統制していると思います。

ということを良く知らなかったので、今回はストロボ持って行きませんでした。D3Sを持っていったので、高ISOで勝負できるだろうと思ったからなんですが、感度は足りても、ストロボで顔への光を起こしてやらないと、天井からの照明だけでは、バランスが悪かったです。

しかし、展示会でコンパニオンを撮影できるのは、モーターショーなどの自動車バイク系とこのCP+だけになりそうです。

D3s_1669

D3s_1681

D3s_1682

D3s_1688

D3s_1690

D3s_1691

D3s_1692

D3s_1713

D3s_1714

D3s_1717

| | コメント (0)

Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR ニコンの新レンズその1

 ニコンの新レンズのうちの1本、AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR を買いました。予約してないくても発売日に買うことができました。

Lense2

Lense

銀座のニコンショールームで見た新レンズ2本

 ・24mm F1.4

 ・16-35mm F4 VR

のうちの1本です。

本命は24mmF1,4なのですが、この広角ズームもなかなか面白そうなレンズです。通常この画角のズームレンズはF2.8にして随分と高価になるのですが、すでに12-24mmF2.8というこれもすばらしいレンズがあるので、F4通しのラインナップを目指したのでしょうか?

ニコンだけではなく、フィルム時代に開発されたレンズは、やはりデジタルでは解像感が物足りないので、順次切り替わっていくと思います。

さて、写りは連日の雨模様で撮影できませんでした。

家の中とマンションの外の画像だけ。

マンションの階段からの写真。結構解像感があるのが分かってもらえると思いますが、実はカリカリということではなく、ソフトな感じを残しているようです。(でも解像度が甘いということではない)

16mm

D3s_1563

D3s_1562

家の中で16mm F4で撮影した画像ですが、対角端の画像もそれなりに流れも少なく問題ない描写です。まあ、後処理の補正でどれだけやっているかわかりませんが。

D3s_1543

さて、発売が遅れそうな24mmF1.4ですた、銀座で撮らせてもらって、広角気味の明るい大口径にもかかわらず、これも周辺四隅までほとんど光量の低下もなく、解像度もデジタル時代らしい、カチッとしたものでした。

こちらも出るのが楽しみです。

| | コメント (7)

Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

 古い70-200mm/f2.8と 新VRIIを比較してみました。
大きさはこんな感じ。

Img_0265

ほんの1cmくらい短くなってます。このレンズは長いので、少しでも短いとカバンに収まりやすいので助かります。
全体にずんぐりした感じになりました。前の70-200がなんか途中で折れそうな不安をいだくようなくびれがあったのですが、なくなりました。実際に1cm短くなっと効果と相まって、さらに小型に見えます。雑誌の写真などでは24-70mmとかと見間違えそうです。

写りはそんなに比較できていませんが、
旧70-200mmVR

Vri1

 

新70-200mmVRII

Vrii1

 

旧70-200mmVR

Vri2

 

新70-200mmVRII

Vrii2

上記4枚はいずれも200mmF2.8中央部分をトリミング。
カメラはD3S

ほとんど変わりませんね。
この状況で、画面端の方の木の枝の流れとかを見ると、新VRIIレンズの方がいいのですけど(1枚目の写真の右端をトリミング)

旧70-200mmVR

Vri3

 

新70-200mmVRII

Vrii3


あまりにも重箱の隅過ぎるので気にしないことに。

以前から問題視されていた、フルサイズによるシェーディングというか、四隅の欠けですが、200mmではあまり気にならないのですが、70mmF2.8で白い布を撮るとこんな感じです。

旧70-200mmVR

Vrish

新70-200mmVRII

Vriish

確かに古い70-200mmはけられがあります。
新VRIIレンズではほとんどけられがありません。
ちなみに、これもD3Sのフルサイズでの撮影です。

ということで、DXフォーマットで使うなら、画質的にはほとんど差がないということだろうと思います。
ただし、VRIIの効きはいいです。最近のタムロンやシグマの手ぶれ補正のように、ピタッと張り付くように止まります。

さて、旧70-200mmをオークションに出さないと。。。

| | コメント (9)

Nikon D3S 超高感度(ISO6400以上)じゃないと、そんなでもないかも、、、

 D3Sの続報です。
 久しぶりにズーラシアに動物を撮りにいったのですが、ちょっと意図的にISO3200以上(ISO12800まで)を使ったので、シャッター速度をかせげたのだけど、なんか出てきた画に違和感があります。少しぼけた部分や、毛並みの細かい部分が、塗りつぶし気味になります。

 今まであまり使わなかったISOで撮っているので、D700や今までのカメラではどうだったの比較はできていないのですが、センサー自体の感度はそんなに上がっていないんだろうなと思います。(そんな画期的な技術があるなら、当然耳にはいっていると思います)

 センサー自体は新開発かもしれませんが、おそらくですが、多チャンネル読み出しのチャンネル数を増やしたり、より高速に読み出しできるように転送クロックをあげるなどして秒9コマの連写に対応する方が主だったんじゃないかと思います。

 D700と同じ条件で塗りつぶし具合を見たいので、写真はまた別の機会にアップしますが、いつものように、ISOによるノイズを調べてみました。

 まず輝度成分ですが、

D3ssnnew

こんな感じで、ISO100~ISO400までと、ISO12800以上ではD3Sのノイズの方がD700より少ないのですが、ISO800~ISO6400という、高ISOで一番使うようなレベルでは、あまり輝度ノイズに差がでていません。

 高感度でのノイズ低減もISO12800からは明らかにD3Sの方で処理を変えているだろうというのがグラフから読み取れます。

 でも、普通の画で見る分には、1段くらいは明らかに違ってみえます。なぜなんだろう。

 そこで、色ノイズ(式差成分のノイズ)を同様に比較してみると、

D3ssnchroma

ISO800やISO1600でもD3Sの方が1段ちょっと優れています。

上のグラフと比べると面白いのですが、輝度はISO12800から高感度時のノイズリダクションを強くかけていますが、色に関しては、ISO6400からかけ方を強くしているようです。色々苦労している様子が伺えます。

 でも輝度も色もなぜかISO3200ではD700の方がノイズがすくない。D700の方が低いISOからノイズリダクションをかけているからISO3200では逆転するようです。

 では実際のISO3200の画でのD700とD3Sの比較は?

 ノイズリダクションによる塗りつぶしの様子は?

ということに関しては、また後日(ひっぱるなぁ、、、)

| | コメント (8)

Nikon D3S とりあえず速報レベルでは、高感度最強カメラ

 昼にMAP Cameraから電話が来て、予約していたD3Sが本日から渡せるとのこと。早速取りにいきました。

Img_0255

 まだバッテリーを充電している状況ですが、ローバッテリーの表示に負けじと無理矢理十数枚撮りました。

 シャッターを押してすぐに感じたのは、力強く、剛性のある感じのシャッター音と感触です。パワーで力ずくでシャッターや絞りを動かしている様子がよくわかります。フルサイズセンサーを使いながらも毎秒9コマの連写を可能にするのは、このパワーによるところが大きいです。

 D700との感度比較などは追ってやってみますが、ISO12800が常用レベルです。D700だとISO3200くらいのノイズ感だと思います。二絞り弱、感度が高いようです。

 ISO12800でのネコ。

Dsc_0014

クリックして拡大していただくと、トリミングのみで縮小などしていない画像が見れます。ネコの左目あたりにピントを合わせました。照明は廊下から漏れるタングステン電球の明かりなので、ホワイトバランスがちょっと苦しいので、色温度だけレタッチしています。

 ISO12800でこれなら、使えますよね。夜景とか、ライブ会場での写真とか、どんな写真が撮れるか楽しみです。

| | コメント (8)

より以前の記事一覧