日記・コラム・つぶやき

"AVATAR" 今度の3Dブームは本物かぁ?????

 AVATARを見てきました。

Avatar


 今ちょっと3D関係の研究会みたいな動きをしているのですが、3D映像否定派の僕に対して、「AVATARが成功するかどうかが鍵になる」って言う人がいるんですよ。でもそれは、AVATARが作品として良いということと、3Dであるということを切り離して、世間の評価を評価することは難しいと思います。

 3Dに関しては大学でホログラフィーの研究をしていたので、とても興味があったし、10年ほど前には立体内視鏡なんてのを研究したり、「見やすい立体視とは」とかの研究もしたいので、とても興味がありました。

 今回の3D映像は(どこの映画館も同じ方式かどうかわかりませんが)、電池の入った眼鏡をかけます。眼鏡の鼻の上には、近赤外光の受光部があり、映像の左右に同期した近赤外線の同期信号を受けます。この信号で、眼鏡の左右の偏光板をオンオフして、右目で右目画像、左目で左目画像を見るようにします。

 さて、今までの3D映画といえば、剣が画面を飛び出して客席に向かって来たり、とにかく画面を派手に飛び出すような立体視作りをしていました。でもこれって疲れるんです。
 というか、画面より奥の画像は3Dアートなどでお馴染みの「平行法」でみますが、画面より飛び出した画像は「交差法」で見ることになります。個人的には交差法が出来ない人ですし、世間一般でも交差法の方が見づらい人が多いと聞きます。

 さらに、ちょっと専門的になってしまいますが、人間が距離を感じるのは3つの要素があります。「目の焦点調節」「目の輻輳」「両目の視差」です。「目の輻輳」と「両目の視差」を同じものとする人もいますが、「目の輻輳」という身体の物理的な動きと「両目の視差」という、得られた左右画像からの脳内処理によるものを別に考えることにします。これはカメラや表示器で3Dを実現するときに明らかに異なる具現化手段を持つからです。

 おっと、なんだか、論文調になってきてしまいました。それに難しい話にする気はありません。

 ようは、自然な立体視とは、例えば1m先の物を見たときに、

 ・1m先にピントが合うように目の焦点調節を行う。
 ・1m先の物を左右の目で見るようにどちらの目も内側を見る輻輳がある。
 ・1m先の物体は左右の目で視差を持って見える。

の3条件が揃っていないと行けない。というか、普段人間はこの3つの条件が揃った(真の)立体像しか見ていないんです。ですから、この条件が崩れると、とても不自然だったり目が疲れたりします。

 で、今までの飛び出す3D映画は

・10mさきのスクリーンにピントが合っている。
*のに*
・(スクリーンから飛び出した)1m先の画像を見たときの目の輻輳になる。
*さらに多くの場合、スクリーンからの距離が客席によって大きく違うので*
・輻輳で得られた距離にその物体があるときの視差ではない。

という不自然さがありました。

 そこで、AVATARでは、
・ピントが合っている被写体、注目している被写体の視差を0として、スクリーン上に位置するようにする。
ということを徹底しているようです。
これだと「目の焦点調節」と「両目の輻輳」の問題は解決します。
さらに、飛び出してくるような被写体はそのほとんどがボケ状態で映されているので(例えば人物が森を歩いているときの手前の草木など)あり得ない視差画像で不自然になることも無い。
今回、ちょくちょく眼鏡を外してどの程度二重像に見えるか確認していたのですが、人物が3人いるシーンで、奥の人物が話している時は奥の人物にピントがあってさらに視差が0になり、そこから手前の人物にピントがゆっくり合ってくると同時に、手前の人物の視差が徐々に0になり、奥の人物の視差が増えるというような操作をしている場面を何度か確認できました。
そのときも、だからといって3人の人物がスクリーン手前から奥に移動したような感じはせず、ピントだけが変わって奥行き感が変わらないように見えました。この時のピント移動の早さも人間の目が自然に追従して、人が移動したように見えない速度に設定しているのだと思います。
更に、、実は人間の目というのは焦点距離が固定なので、望遠や広角の画像を実際に体験することが出来ません。人間は、カメラで撮った写真や、映画、テレビの映像を見て、望遠の画はこんな感じだとか広角で取った画はこんな感じだとか、さらには、マクロでおもちゃを写すと、ピントが合った位置以外はボケるとかいうことまで学習しています。だから、あおりレンズを使って、実際の写真をミニチュアのように見せる手法が存在できるんです。(だって、中心付近にピントが合っていて、距離的に手前や奥のものがボケるということは、レンズを使ったカメラなどでないと人間は見ることが出来ない。だから、平安時代とかの人にミニチュア写真を見せても、それがミニチュアっぽいなんてことは思いつきません)
望遠で見た立体はどう見えれば自然か?広角で見た立体はどうあるべきか?
AVATARでは、その辺りもかなり研究したのだと思います。かなり自然は3Dで見ることができました。

さて、それじゃあ、一気に3Dテレビ、3D放送全盛になるかというと、まずならない。
映像関係の研究者は過去3度も4度も3Dブームが来たのを知っています。
そして、いづれもブームが去っていったことも。。。。

もうテレビの解像度もこれ以上上げても無駄だし、カメラも物理的は限界に近づいている。これ以上消費を拡大するのには3D以外ないから、メーカーは必ず仕掛けてくる。
って読みがあるようですが、、、

残念ながら、眼鏡をかけながらテレビを見たりしたくないですし、眼鏡無し3Dなんてのは実際にはほとんど使い物になりません。

個人的には、本当の3Dはホログラフィック・ディスプレイが出てくるまでお預けだと思っています。間に合わせ的な技術でなにかやろうとして成功した試しはありませんから。

おおっ、映画の感想ですが、3D眼鏡の幅が小さすぎて、頭の大きい僕では、きちんと眼鏡をかけることが出来ませんでした。大中小の3種類くらいは用意しておいて欲しいものです。(映画の感想じゃないな、、、、、)

| | コメント (1)

宇宙戦艦ヤマト 復活篇 (なんと「第一部」だそうです。)そして大いにネタバレあり。

宇宙戦艦ヤマト 復活篇を見てきました。

Yamato



「ガンダム」に象徴される「新人類」に乗り遅れて、「アトム」や「鉄人」や「エイトマン」にはまだ幼かった自分たちの世代を象徴するのが「宇宙戦艦ヤマト」なんですよね。

今調べたら1978年がテレビ放送開始の時だから、高校2年生でしたね。
運良くか、運悪くか、初回放送を見てしまった友人達と随分盛り上がったものですが、
実際には同じ時間帯の「アルプスの少女ハイジ」に押されて、2クールに短縮されたそうです。

とは言え、TV篇の総集編が映画化されてから人気が高まり映画の2作目が「さらば宇宙戦艦ヤマト」なんですが、これが興行的には成功だったのですが、当時のファンからはそっぽを向かれる原因になってしまいました。

なぜか?

ヤマトとその隊員の「特攻隊精神」が戦中、戦後世代に受けを狙った作りなのが見え見えで、原作者ではないものの、ヤマトシリーズに大きな影響を及ぼした松本零士のヒーロー感や、ヤマトTV版のどうしようもなく強いヤマト感、そして、理屈を抜きに楽しみたいという、ファンの期待を裏切ったからだと思います。

なんで日本は映画になんでもかんでもメッセージ性を入れたがるのかなぁ、、、?
最近はそういうことに縛られないアメリカ的な映画も増えてきて楽しいのですが、
当時、それに辟易としたものです。

しかし、今回のヤマトは楽しいです。変に理屈をこねてない分、爽快です。

そしてなにより、あのヤマトが帰ってきた。それだけでも大満足です。

作画は2次元CGを巧みにつかって、ヤマトが格好いいです。波動砲も6連射できます。
堅いこと言わずに、波動砲を打てば勝つ!これが爽快です。
ウルトラマンがスペシウム光線を出せば勝つのと同じで、これがいいんです。

映画が終わったとき後ろにいた若い男性の声で「突っ込みどころ満載だなぁ」って言っていて、その若いアンちゃんが言うのはいいのだけど、一緒にいったかみさんまで「突っ込みどころ満載」とか言っているので呆れてしまった。

そんなのは、敵の艦船や味方の船も、1発の攻撃で爆発してしまうのに、ヤマトだけ何発ミサイル?を受けようとレーザー?を受けようとボロボロになっても爆発しないとか、イスカンダル星から届いた設計図の中身も理解せずにその通り作ったら動いてしまいました。波動砲が撃ててしまいました。ワープが出来てしまいました。ってことからしておかしいし、、、

ま、いいや、

今回も随分泣いて、かみさんに呆れられましたが、4回は泣けます。

エトス星のシーガル艦長の「生まれ方は選べないですが、死に方は選びたいですね」(みたいな感じの台詞)の部分でウルウルきます。
なんか、映画の2作目を批判している割に、そういうのに弱いんですよね。
あと、ヤマトが飛び立つとき、特に今回はアマール星から飛び立つときが凄くいいですね。そう、例の音楽で!!!

さて、今回、映画の最初のテロップで原案者:石原慎太郎って出て驚きました。う~ん、これをどう解釈すればいいんだろう。敵の元締めが「SUS」っていうのは「US(アメリカ)」のことか?
SUS(アメリカ)主導でSUS(アメリカ)の決定に振り回されている大ウルップ星間国家連合ってのが西側諸国?そして、大ウルップ連合の中でヤマトの戦う姿に共感して、「武士道」が目覚めて「SUS]を裏切ったエトス軍が「石原が率いる日本」という意味なんだろうな。

そして終わりのテロップに「宇宙戦艦ヤマト 復活篇第一部 完」と出て、、

第二部があるのか、、、雪の行方もわかってないし、死んでないみたいだし、、

うむ、また楽しみが増えそうです。

| | コメント (3)

しんぼる(一部ネタバレ有り)

 しんぼる見てきました。

Symble

 そんなに笑えなかったし、場内人がそんなにいなかったとはいえ、笑い声やクスクス声は4,5回、それも一人二人が笑っただけ。

 多分、これをまっちゃんがライブでトークすれば、大爆笑なんだと思う。

***********************

いや、そんでね。ボタン押したらマグロの寿司が出てくるんやけどね、寿司ばっかりでてきよんねん。「醤油もくれ」思て、他のボタン押しても、寿司ばっかり出よるんね。こんなん、寿司ばっかりでてきても、醤油なかったら食われへんちゅうねん。

(浜ちゃん:そんでどないしてん)

いや、結局食べましたけどね。もう口のなか、モソモソしながら無理やり詰込みましたけどね。

(浜ちゃん:なんや、結局たべたんやったら、ええやんか)

いや、それがそれがな、もう食えへんからお茶でも出えへんかな思て、ボタン押したらな、ガタンって醤油が出てきよんね。遅いわいっ!!

***************************

基本セリフのない演出だったのも、あまり受けなかった理由かもしれません。

しかし、最後は意味不明だったなぁ。エヴァンゲリオンパロディなのかな?

情報:12月12日「宇宙戦艦ヤマト」復活するそうです。何回目?

| | コメント (0)

ガングリオン

注意!!一部グロ有

「ガングリオン」ってなんのことか分からない人も多いと思います。というか、多分ほとんどの人が知らないですよね。

「ガングリオン」=「ガンダム」+「エヴァンリオン

みたいで格好いいようのも思えますが、全然違います。

僕も自分がこの病気になるまで名前を聞いたことがありませんでした。

手や足、指の関節にゼリー状の良性腫瘍が出来る病気ですが、これを「ガングリオン」といいます。

僕の場合は左手の人差し指の第1関節です。

今の状況はこんな感じ。

写真だと分かりづらいですけど、縦横1cmくらいの範囲で皮膚が盛り上がって、皮膚の下にはゼリー状のガングリオンが出来ています。本来は透明なんです。

3、4回治療したのですが、治療は注射針(しかも結構太いの)を刺して中のゼリー状のガングリオンを吸い出すというもので、その後にアルコールを入れてしばらく置いてからアルコールを抜くということをやりました。(アルコールを入れると痛いんですよ)

また違う年配の先生はガングリオンのでき物を押しつぶして「ほら消えた」って、、、、

でもネットで調べるとそういう治療もあるんですね。

今回は、再発を繰り返しているし、色が黒ずんでいるということで、MRIを撮り、16日に結果を聞くのですが、多分手術して取り除くことになると思います。

某サイトで同じような症状の手術前、手術後の写真がありましたので、貼っておきます。画像のだけの引用はさけたいのですが、そのサイトのページはもっと生々しい手術中の写真もあったので、この画像だけ引用させていただきました。(引用元http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5429/ganglion.html)

Mucous

ガングリオンは大きくなくても、皮膚の下に広がっていたり、皮膚と一緒に取り除くので、大きめに切って、皮膚の後を覆うように縫うようです。

(いかん、気持ち悪くなってきた、、、、)

ということで、16日は多分手術。日帰りですが、しばらく指の包帯は取れないと思います。

あ゛~~~、怖いよぉ~~~

Img_1174_2

| | コメント (8)

山手線命名100周年記念電車

 木曜日に品川の山手線のホームに行くと、見慣れない茶色の電車が止まっていました。
昼間、知人のブログで読んでいたので、なんか記念の電車ということはすぐにわかったので、慌てて階段を駆け下りて携帯で写真を撮りましたが、シャッター速度が遅くてブレるし、AFが合うまで遅いので、シャッターを切っても実際に写真が撮れる時には人が入り込んだりします。

Nec_0360

こんな感じです。
あっ、山手線命名100周年だそうです。なんでmeijiのチョコレートなんだろ。色は似ているけど。

ちなみに「やまのてせん」か「やまてせん」かという話はよくされますが、

http://bs2.blog.so-net.ne.jp/2007-11-23-2

に見事に解説されています。これだけ調べるとは立派。

簡単に書くと、

*最初は「やまのてせん」と呼ばれていた。

*GHQからローマ字表記を求められた時「YAMATE」と表記したため
 「やまてせん」が正式名称になった。

*「吾妻線(あがつません)」が出来た時に「あづません」と読まないようにふりがなをつけたことが元で、駅の表記にふりがな併記する動きが出てきて、このとき「やまのてせん」の名称に戻した。

なるほど、タメになります。

| | コメント (0)

緊急地震通報

 多くの人が朝5時7分に緊急地震通報のメールを受け取ったことと思います。

Img_1111

実際にはこの画面ではなくて、「緊急」とか「エリアメール」とかいう赤い文字とかが出ていた気がするのですが、後で見たり、転送して確認しても普通にこれしか見れませんでした。

たまたま5時7分のこのメールでは目が覚めたけど、それ以前の夜中のメールでは寝ていたし、こんな通報の仕方でいいのかなというのが感想です。

それに実際、このメールを受け取ってどうしたかというと、半分夢の中で、

「何秒後くらいに地震が来るんだ?(約10秒後くらい)ああっ、来た来た。大した揺れじゃないじゃん。でも、本当に揺れる前に通報できるんだなぁ、大したもんだ」

とか思いながらそのまま寝てしまいました。

このメールが来たからといって、自分のいるところでどのくらいの震度が予想されているのか?すぐに逃げたり、窓やドアを開けるとかの対応が必要なものか?全く判断がつきません。

これではまずいんじゃないですかね。

実際には何秒後に揺れるかわからない。地震の規模がわからない。だから、どういう対応をしないといけないかわからない。。。

今回の緊急地震通報で、原子炉を緊急停止したとか、高層ビルのエレベーターを止めたとかの情報はないし、、夜中だから新幹線は走っていなかったけど、実際には新幹線は止まるのか不明だし、なんかあまり意味がないような気がするんだけど、大丈夫か?

| | コメント (0)

横浜博Y150

 横浜博に行ってきました。昼間で横浜辺りで時間を潰していると、なんとか雨があがってきたので、赤レンガ倉庫あたりに車を向けたのですが、どこで何やってるの?か全然情報がありません。

 断片的に、クモのでかいのとか、丸い球体に地球が映っているのとかを見た気がするんだけど、果たして。

 横浜博は5か所ほどに分かた会場があるのですが、3か所が有料で、どこでもはいれる入場券は大人で2400円。ちょっと高い?

 最初に目についたのがフランスから持ってきたという、例のクモ。1時の回まで20分ほどだったので、待って見ることにしました。

 そのクモ。

Dsc_0604

顔がこんななんだけど、

Dsc_0605

うちの「まめ子」の小さいころの顔に似ている気がする。

Img_0457

このクモもなんか名前があったはずなんだけど、勝手に「まめ」と名付ける。

これ、人が乗って足とかを操縦するんだけど、クモ本体がクレーンで持ち上がるようになってます。

Dsc_0632

口から水をはくんですが、

Dsc_0616

小学生は進行方向に集まっていて、そこに向けて放水。

Dsc_0642

小学生(低中学年くらいまで)なら楽しい思い出になるでしょうね。

おまけ、クモの「まめ」ランドマークタワーを襲う。

Dsc_0650

おまけのおまけ。

物販の建物にいた、 平塚織り姫(以前のミス七夕)。

http://www.sponichi.co.jp/gamble/special/keirin/2008news9-12/KFullFlash20081217047_p.html

によると、3人選ばれた中の「野田渚」さんのようです。

Dsc_0657

おまけのおまけのおまけ。

レンガ倉庫の中のKALDIで見つけたパンダチョコボール。

Dsc_0689

Dsc_0690

白いチョコボールを体に見立てて、包装にパンダ柄を付けたもの。

でも面白い。

その他、あんまり見るものが無い感じです。(映画もハイビジョンシアターも見なかったので、それで2400円は、やっぱりちょっと高いかな?)

| | コメント (4)

崖の上のぽにょ

 ぽにょはなかなか面白かったですが、それよりもこの「ぽにょ」の顔がPerfumeののっちに似ているというのは誰が言い出したのでしょうか?

 そう言われると、見れば見るほど似て見えるから不思議なものです。実際には目が出ているわけでもないし、そんなに目の間隔が広いわけでもない。顔の輪郭も違うし、パーツを見るとどこも似ていないんだけど、

 髪の毛を黒くして、ちょっとボブ風にしてみたら、、、、やっぱ似ているよぉ。。

Img_0279


 まあ年甲斐もなく、こんな工作(?手芸じゃないよね)するなんて、よくやるなぁ。でも買ってから、今まで手が付けられなかったんですけど。

 で、このぽにょ、のっちの誕生日プレゼントに送られていきました。無事のっちの手元に届くでしょうか?

 産まれてこのかた、ファンクラブに入ったのはPerfumeが初めてだし、ましてや、芸能人にプレゼント送るなんて初めてですよ。
 なんか、段々赤ちゃん返りしているようです(赤ちゃんまで道のりが長いですが)

| | コメント (2)

雑感 2008年9月7日(1)

 ちょっとご無沙汰してしまいました。あまり日記的なことは書かないようにしているのですが、ここ数週間の動きなどをまとめておきます。

■8月14日

 長女はバイト、次女は夏コミに出かけているので、久しぶりに夫婦で映画に行きました。シネコンが多くなったので、渋谷とか、横浜とかに出なくても近くで色々な映画が見れるようになりました。またネットで予約できるので、とても便利。昔は繁華街のロードショーの映画館に3時間待ちの列を作って映画をみたものですが、あれが映画嫌いの一つの要因だったのですけどね。

 映画は「崖の上のポニョ」。宮崎駿作品は「ナウシカ」が一番で、「ラピュタ」が2番、「魔女宅」が3番に好きなのですが、これも難しいこと考えなければ楽しい作品です。
 映画館で最後の1個のポニョ人形をゲットしました。なんか品不足でヤフオクで3倍くらいで取引されている。

5


■8月23日

 朝2番の新幹線で広島へ!
 サウンドマリーナ2008を見るためです。勿論目的はPerfume。昼頃着いて、「むさし」のおにぎりを買って、その後「おこのみ村」に行って、お好み焼きをと思いましたが、なんと、目的のお店は団体予約。お好み村4階全部が貸しきりでした。
 しかたなく、そのままライブ会場に。だだっ広い空き地で海に近いので風が強いのですが、その風邪で音が飛ばされます。フェージングがかかったAM放送のような音響。最悪でしたね。席もそんなに近くなかったので、よく見えないし。
 このフェスはどちらかというと、地元の家族で参加するようなフェスのようで、子供連れとかがとても多かったです。Perfumeも地元に凱旋したのだけど、なんかアウェー感があったのが、なんともいえません。

 夜、Perfumeが美味しいと言っていた「お好み村」の2店に行きました。

 1店目。「ソニア」

1


2


随分変色したポラロイドの写真がありました。

 2店目。「あとむ」

3


4


昨年来て、サインを書いていったようです。指は僕の指。観光に来ていた女の子二人組みにシャッター切ってもらいました。

■8月24日

 広島から香川に移動。新幹線が一部で止まっていて、大変だったけど、なんとか、宇多津に到着。実は今ここに両親がいるので、挨拶に。
 
 ま、そんな個人的なことは置いておいて、宇多津からまんのう公園の会場に。会場にはTAXIで行ったのですが、これは失敗。来年からは必ず直行バスで行きます。TAXIだと会場かなり手前のところで下ろされて、30分ぐらい歩かないといけない。バスだと会場直前まで行ってくれる。

 Perfumeの2つくらい前のチャットモンチーを聞いたけど、結構気に入った。女性3人のスリーピースバンドなんだけど、ヴォーカルの橋本絵莉子の声がYUKIみたいで、詩も可愛くて良いです。

 Perfumeの番になって、初めてモッシュ(自分のいたところは、というほどでもなかったけど)の中で飛び跳ねて聞いてきました。Perfumeが近くに見えるし、一体感があっていいですね。
 今回はセトリも鉄板物を選んでいて、それも良かったです。

■8月28日

 MEGのファーストワンマンライブにSIBUYA AXに行ってきました。

 個人的にはPerfumeを聞き出してから、MEGやAiraMitsukiのような女性テクノものを聞くようになったのですが、MEGはいいですよ。AiraMitsukiはシングルは良かったのですけど、アルバムが9月2日に出たので聞いたのですが、ちょっとテクノだけに傾きすぎた感じがします。MEGは聞かせる曲もあって好感が持てます。

■8月31日

 夫婦で「20世紀少年」を見に行く。コミックで全部揃っているけど、浦沢直樹のマンガは伏線が多かったり(多少強引な後付のこじつけもあるようですが)、場面や時間があちこち飛んだり、週刊誌やコミック単行本のペースで読んでいては話全体が見えないことが多いです。マスターキートンや、MONSTARなんかもそうです。YAWARAやHappyは解り易かったんですけどね。今連載中のPLUTOもスジに着いていくのがやっとです。
 しかし、映画をきっかけに読み直しているのですが、よく出来た話です。「ともだち」が死んだ後、新しい「ともだち」の出現とか、そのたいくつかのサブキャラクターが話の進行のためにとってつけたように出てきたように思えるところもあるのですけど。。。
 3部作出来上がれば、海外にも出せる出来だと思います。

51fk7hsb38l__ss500_

| | コメント (2)

エコの心

 最近ペットボトルのスポーツ飲料を1日3本(500mlびん)くらい飲んでいます。冬はお茶とかミネラルウォーターでもいいのですが、夏場の暑いときは塩分と糖分が欲しくなってしまいます。

  会社で3本とも買うことが多いので、ペットボトルを捨てる本数も多いのです。そんなとき、リサイクルのためかどうかわかりませんが、ボトルのキャップを別に捨ててくれというお願いが多いです。
 まじめにキャップとペットボトルを分別しようと、ペットボトルのキャップをキャップボトル捨てに捨てようとしたら、

Ts3e0016

こんなものが置いてありました。

「それ、『ボトル』ちゃう『ボルト』やんけ。」って思いっきり関西風に叫んだら、知人が、

「ボトルでもないな、それはナットだよ。」

ぼそっっと突っ込まれました。


だよねっ。

| | コメント (3)