ウェブログ・ココログ関連

御礼 100万アクセス

 今朝方、このブログのアクセスカウンターが100万を超えました。

100

 これも皆様のおかげです。100万越えのプレゼントなどは用意できませんが、今後とも本ブログをよろしくお願いいたします。

| | コメント (6)

デザイン変更

 ブログのデザインを変更してみました。いかがでしょうか?
 ココログのテンプレートになかなか良いのが見つかったのと、3列表示ではなんとなく狭苦しかったので、デザインと配置を変えました。これまで3列だったので、写真は横450ピクセルだったのですが、これからは少し大きく横500ピクセルで表示できると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トラックバックとは(3)

やり方がわかってきました。ご参考になれば。

Aさんのブログを読んでいて、ある記事に関して、それに関した話題を書きたいと思ったとき、勿論全く独立して新規記事を書いてもいいんだけど、Aさんのその記事を見て書きましたよ、って場合、Aさんの記事を引用するか、Aさんのブログへのリンクを張ればいいんだけど、今まではここまでしか出来なかったわけです。

トラックバックを使うと、Aさんのブログのその記事にトラックバックがあったことが示され、Aさんの記事を参考に書いたこちらの記事の一部が表示され、リンクが自動的に貼られます。

つまり、Aさんのブログを読んでいる人が、その記事を参照して書いたこちらのブログの記事に飛ぶことが出来るのです。

このブログの最初の記事「始まり、始まり(パチパチパチ)」を見てください。記事の下にトラックバック(1)ってありますよね。これはこの記事へのトラックバックが1件あったということです。クリックしてみると、記事へのトラックバックの一覧が記事の一部と一緒に出てきます。あっ、これを読みたいなと思えばクリックして全文読むことができます。

トラックバックのやり方は、Aさんの記事の下にトラックバックってのがあるのでそれをクリックします。ブログの種類によって違うのですが、その記事へのトラックバックURLが表示されたり、クリップボードにコピーするとかが出ますから、URLが表示された場合はそれをコピーするか、クリップボードにコピーのボタンを押して、トラックバックURLをコピーします。
次にそれを参考に自分の記事を書くとき、Aさんの記事のトラックバックURLを入力するウィンドウがあるので、そこに、コピーしたトラックバックURLをペーストすればOKです。

後はブログのアプリが勝手に、Aさんにブログにこちらの記事で参照したよということの表示してくれます。Aさんにトラックバックがあったというメールが行ったり(これはオプション?)もします。

つまり、一言で言ってしまえば、トラックバックとは相手に無断で相手のブログに自分の記事へのリンクを貼るということです。トラックバックが一杯ついている記事は多くの人が参照したということになります。

しかし、先ほど書いたように、逆に言えば、無断でリンクを貼られてしまうわけですから、それが嫌ならばトラックバックを拒否することも記事毎に出来ます。でもそれをしてしまうと、普通の掲示板と何が違うの?ということだと思います。

多少、ご参考になったでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバックとは(2)

う~ん、相手のブログに自分の記事が紹介されるようですね。
http://hello.ap.teacup.com/linglong/は、ネット友達のりんろんさんのブログです。
一度ご覧ください。
これで、向こうにもこちらのブログがリンクされると思うのだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トラックバックとは(1)

トラックバックというのが、ブログの面白みだそうですが、いまいち良くわかっていません。
トラックバック野郎というページに紹介されていたのでやってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始まり、始まり(パチパチパチ)

ブログなるものを始めてみようと思いました。
以前「【にけの独り言】」なるメルマガをやっていたので、それのブログ版ということで。

メルマガはhttp://homepage3.nifty.com/nike/mm/top.htmlでバックナンバーが読めます。

さて、記念すべき第1回なのですが、今日は同居のペットの写真を紹介しておきます。CIMG0800mini.jpgこいつがちびです。スコティッシュフォールドのもうすぐ2歳の男の子です。
バカなやつで、癒し系です。

CIMG0762mini.jpgもう1匹黒猫がいます。もうすぐ5歳の元野良猫です。本名は黒兵衛、通称クロです。


では明日から、なにか話題を提供していきたいと思います。
今後もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (2)