« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

GalaxySとSuicaカードを一緒に持つ

GalaxySやその前のXperiaを持っていると、お財布ケータイにならないのが少し残念です。
最近出てきたAndroid機はFelicaや赤外線通信を備えていて、携帯電話ユーザーからでも
以降しやすいのではないかと思います。

赤外線通信はもう諦めたけど、Suicaを一緒に持てないのが少し面倒で、SuicaとGalaxySを重ねて持つと、アンテナにGalaxySの電波の干渉などがあって、そのままでは使えません。

色々調べると、SuicaとGalaxySの間にフェライトのシールドを挟めがいいようで、そういう商品を売っているということでした。

ヨドバシとかにな無かったですが、東急ハンズには数種類揃っていました。携帯用品売場ではなく、財布定期入れのコーナーにありました。

3種類ほど買ってきて、Amazonで1種類KOKUYOのものを買いました。(これは後で来たので写真はありません)

Img_0009

左の二つが、フェライトのシールド板、右の物は、後ろにある銀色のシールド版と、手前のアンテナの感度を上げるパワーアップガードと呼んでいるものが一緒にはいっています。

ネットで調べると、このようなフェライトシールド板を本体とSuicaカードの間に挟んでいるようです。

そこで、色々組み合わせて実験したのですが、一番左のカード、真ん中のカード、そして、KOKUYOのカードと
右側の製品のパワーアップカードを組み合わせると、感度が上がります。パワーアップカードを付けるのと付けないのとでは、受信機とカードの距離が倍くらい違ってきます。

そこで、この組み合わせと、ViewSuicaカードを組み合わせます。

Img_0010_2

重ね方は、

GalaxyS----フェライトシールドカード(今回はKOKUYOの物)-----パワーアップカード----Suicaカード

になります。シールドカードとパワーアップカードの順番を間違えないようにしてください。

それを本体に埋め込む第手術も考えられますが、こんかいは、ソフトタイプの本体ケースを使って挟み込みます。
半透明の黒色で、模様がある本体ケースを使うと、少しSuicaの存在が解っていい感じです。

Img_0014

どんなもんでしょう。
このパワーアップカードは効き目が大きいので、是非使ってみてください。


| | コメント (0)

新三目並べGobblet

ゲームなんてカテゴリー初めて使ったかなぁ、、、でもないか、、


銀座、博品館に行ってきました。子供向けのボードゲームで、
Gobbletを言うのを見つけて、連れとやってみました。

Img_0000

ここで売っていたのは、3目並べみたいな3x3のマスに、
白、黒順番に置いていって、3つ繋げて並べれば勝ちというもの。

これだけだと、紙に#を書いて、鉛筆で○☓を付けていくのと同じで、
ミスが無いと引き分けにしかならない。

しかし、ここからが、Gobbletのルールの面白いところ。
コマは、大中小2個づつあり、大、中のコマはコップのようになっていて、
自分より小さいコマに覆いかぶせることができます。
また、一度置いたコマを動かすのもあり、とどうなるか?

例えば、凄く簡単な例

Img_0991

黒が先手として、一番大きい(大)コマを真ん中に置きます。

Img_0993

白は一番小さい(小)コマを右下に置きました。

Img_0994

黒は二番目の大きさ(中)のコマを真ん中右に置き、これでリーチ状態。

Img_0995


白が真ん中左を中コマで防ごうとしても、

Img_0996

黒は大のコマが残っているので、上から被せて3つ並びます。

Img_0997


Img_0998


そこで、上から被せられないように、大の白コマで3連を防ぎます。

Img_0999

黒は、右上に大のコマを置いて、リーチ

Img_1000

白は左下を大のコマで3連を止めます

Img_1001

しかし、これでは右下の黒の小コマに黒の中コマをかぶせれば3連が出来てしまいます。

Img_1002


Img_1003
かといって、中央右の黒コマに白を被せても、

Img_1004

斜めの黒の3連が出来てしまいます。

Img_1005


こんな感じです。

また、置いてあるコマを動かしたり、一度かぶせたコマを他の場所に動かしたりもできます。
ただ、相手に被せたコマを動かそうとして開けたときに相手のコマが有効になるので、
それで3連が出来てしまっても負け。
隠れているコマがあるかどうか、どの大きさか覚えておかないといけないので、
一度触れたコマは必ず動かさないといけないというルールです。

これは、海外では4x4に拡張したもの(というか、それが元で、これはお子様用ということらしい)もあります。
楽天で見つけたので買いました。

今、まず3x3でいいので、コンピュータで対戦するアルゴリズムを考えようと思っています。

いいアイデアがないので進まなかったAndroidアプリの制作をこれで進めてみようと思っています。さて、出来るかなぁ、、、

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »