« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

B&W P5の音質を周波数特性で見る

P&WのP5を入手して3日ほど経ちましたが、やはり印象は

「かまぼこ型で中域が元気がありでも高音も低音も出ていないわけではない。音楽をBGM的に流して聞いていても疲れない音作りは、iPodでの使用を意識した音作りのようだ。」

とあまり変わっていない。少し低音が出てきたかなという感じはします。

さて、お約束の周波数特性。今回はホワイトノイズを使って、マイクには、SONYとオーディオテクニカから出ている、イヤホン型マイク(受話器で音を聞きながら録音できるという用途に使うマイクを使用。このマイクの周波数特性は結構良さそうです。カタログスペックでも、20Hz~20kHzとなっています。

周波数特性一覧表

P5

グラフの上下は切り貼りして一度に見るようにしただけで、再生音圧は同じにしています。

edition9のドンシャリ傾向。

D7000の周波数特性はediton9に近いですが、300Hzを中心として、edition9より音圧が落ちているので、ドンとはならず、低音の伸びが目立つようになっている。

T1は本当に優等生で、1kHz以下、かなりフラットな特性を持っている。高音も無理に強調しているところもなく、これが新次元、次世代のヘッドホンの特性なのかなと思ってしまいます。

P5は上記3機種と比べると明らかに低音の落ち込みがきになるし、高域の特性もダラダラ下がっている。

結論としては、iPodに使うならすごくもったいないくらいにいい音がすると思うのですが、ヘッドホンが好きな人がわざわざ買う必要もないかと思います。

| | コメント (0)

B&W(Bowers & Wilkins)のヘッドホン P5 アップルストアーから発売

B&W(Bowers&Wilkins)のヘッドホンが出るということで期待していましたが、アップルストアーからiPodのアクセサリーという形で販売されています。B&Wとしてはこの方が数が掃けると思ったのでしょうか?

今朝ヘッドホンP5が届きました。箱はアップル製品らしく、黒くて丈夫な箱。iPodなどの箱と似た印象です。

ヘッドホンはこれ。

Dsc_0015_edit0_3

つくりは凄く上質です。アルミのハウジング部分には Bowers & Wilkinsの文字が彫られています。

Dsc_0019_edit0_3

イヤーパッドは耳乗せタイプなのですが、やわらかくて、側圧も適度で頭や耳が痛くなるということはありません。ヘッドバンド部分も丸みを帯びて柔らかく作ってあります。

サイズ調整をすると、ケーブルが一緒に伸びてくるのですが、戻すと、ケーブルも戻ります?ヘッドバンド部分に巻き取り装置があるのでしょうか?

またイヤーパッドは磁石でハウジング部分にくっついています。B&Wのスピーカーのネットみたいです。

Dsc_0016_edit0_3

ケーブルは、ミニミニステレオプラグで取り外し可能となっています。

Dsc_0017_edit0_3

元のケーブルはかなり細いので、ミニミニプラグを使ってケーブルを自作することも出来ますが、いかんせん、細い部分を通さなくてはいけないので、工作が大変そうです。

肝心の音は、まだ2時間も聞いていませんが、、、、

ぱっと聞いたところ、かまぼこ型の柔らかい音に聞こえました。

が、これは普段低音ブリブリのEdition9とかue18proとかを聞いているからで、低音が出ないわけではありません。重低音は出ないものの、ヘッドホンで音楽を聞くには充分満足できる低音です。

高域も最初出てないかなと思ったのですが、意外とハイハットなどの音もきれいに鳴っています。しかも、高域が強くてうるさい感じとか、サ行の音が耳につくということもありません。

きわめて、綺麗にまろやかに鳴るけど、低域、高域とも充分伸びている。ただ、ドンシャリではないので、大人しいかまぼこ型の周波数特性のように思えてしまう。

この音は、、、今自分ではB&WのCM5を使って、サブウーファーで低域を強調して聞いていますが、このCM5の素の音に似ています。そういう意味ではクラシックなどが得意なのかもしれません。

時間があれば、周波数特性を取ってみたいと思います。

あと、リケーブルすれば、低域がまるで違ってくるように思います。

細い部分を通すから、オーグラインを使うかなぁ、、、、

TAG:B&W Bowers & Wilkins ヘッドホン P5 Apple iPod

| | コメント (0)

NTT docomo XperiaのUSBケーブル、AC電源を改造する

 docomoのAndroid携帯Xperiaを4月1日に買ってから、ようやく3週間ほど。

ソフト、本体の設定も大方終わって、一応通常の端末から移行できた感じです。

最初、バッテリーの持ちがかなり悪くて閉口したのですが、液晶の明るさを落とす、メールのチェック間隔を15分くらいにする、マルチタスクで動いているソフトを頻繁に落とす、といったことをやるようにして、バッテリーのメモリの下がり方は早いものの、なんとか夕方までは持つようになりました。

しかし、これでもまだまだ心もとないので、通勤中の車や、会社のPCから充電できないものかと調べていたら、どうやらXperiaはUSBmini Bタイプを使った携帯電話の充電標準規格を先取りしていたようです。

これは、miniUSB-Bタイプ(通常のminiUSBーBより少し細い形をしている。互換性はないので、注意)を使って充電器を共通に使えるようにしようという規格です。これによると、miniUSBでの給電はデータ通信に使うD-,D+がショートしていることを携帯機器が認識して初めて給電を始めるようになっています。

したがって、Xperia純正のACアダプターのUSB出力の真ん中2ピンはショートしています。

このために普通に売っている電源や、PCでは充電できないのです。

そこで、ケーブルを買ってきて真ん中の2ピンをショートさせる改造が流行っているようです。

まあ、しかし、メインに使いたいのは車のバッテリーからの充電なので、車用のUSBコネクターの電源を改造するこことにしました。

ものは、これ。

Img_0557

接着されたいないので、細い=ドライバーで簡単に開きます。

Img_0558

基板を見ると、電源ーグランドから、2ピン、3ピンがバイアスされています。

Img_0559

この抵抗をはずせば、パターンを切った張ったしなくても加工できそうです。

Img_0560

あっ、いかん。結構汚くなってしまった。。。この後2ピン3ピンをショートすれば出来上がり。

出来上がり写真を撮り忘れました。

車の電源アダプターから充電してみましたが、写真右上の電池マークが充電状態を示しています。成功、成功!

Img_0566

で、ちょっと、調子に乗ってみました。

PCや、汎用のUSB端子を持ったACアダプターでも充電できるようにしようと。

みなさんはケーブルを加工されているようですが、いい物がありました。

グルグルと方向が変わるUSBオスーメスアダプターです。

Img_0568

この反対方向にネジが2本あって、これを外せば簡単に分解できます。

Img_0570

後は、真ん中の緑と、白の線を切って(切った後ショートしないようにしておいてください。)、真ん中の2本のピンをショートすれば出来上がり。

Img_0571

ACアダプターや線材を加工するよりずっと楽だし、使い回しが効くと思います。これはお薦めです。

| | コメント (3)

FOMAレピーターの効果は抜群

 引越しをしてから、どうもFOMAの電波の入りが悪い。通話していても、ピーピーと警告音がなって、回線が切断してしまう。それにどうも音が割れたり途切れたりしているようで、会話もスムーズに行かない感じでした。

爆笑問題のCMで回線品質の問い合わせは故障係の113へ、とやっていたので電話してみると、専門の部署に電話を回されて、詳細を聞かれます。

まず驚いたのが、住所と症状を言うと、ちょっと待ってくださいと2,3分待たされたけど、「ここは、南西と北西にアンテナがあって、干渉していて電波の品質が悪い地域です。改善計画にはあがっているけど、日程が決まってない状態です。調査員をお宅に出向かせてどういう解決策があるか調査して提案いたします」とのこと。

しかも、CMどおり48時間以内に伺えるということでした。ま、平日はいないので、最短の土曜日に来てもらうことにしました。

土曜日にやってきたのは、でっかいキャリーバッグを転がしてきた背広姿の人。

電波状態が測れるように改造された携帯で電波の強度などを部屋やベランダで測ります。

どの程度のことが分かるのかなぁと思っていたら、

「ここは、1kmくらいのところにアンテナが2,3本あるけど、今拾っているのは、ここから2.8kmくらい離れた基地局の電波です。こういう高台には、近くの基地局の電波が届かずに、遠くの弱い、品質の悪い電波を受けることがよくあります。高層マンションの上のほうでも同じようなことが起こります。」

ということでした。へぇ、、、1995年当時、出たばかりのPHSを裏モードの電波強度測定モードにして、アンテナ探しをするのが流行ったものですが(って、こんなのが流行るのは、廃人の仲間内だけでしょうけど)同じように、どの基地局がどの強度だから悪い、と言ってくれるのはとても信頼おけます。

おそらく2年ほど前なら、「お客様の地区はサービス供給地区ですの、、、云々」で泣き寝入りだったでしょうけど。

で解決策がこれ、

Foma

FOMAレピーターの設置。

色々調べて、アンテナを南ベランダに向いた窓にはりつけ、2.8km離れた基地局の電波を拾います。

これがアンテナ、15cm四方くらいの大きさ。

Img_0539

電波が干渉しないように、隣の部屋までケーブルで伸ばして、リピーター本体に接続。

Img_0538

これで、今まで良く途切れて、アンテナピクトも3本から圏外をふらついていたのですが、ほぼ3本、たまに2本くらいに改善されました。

しかも、これを設置したのは調査に来たその場での設置です。このレピーターは微弱電波ではないので、設置に許可が要りますし、設置するにも資格がいります。

でもその場で設置して、一応移動してはいけないので、両面テープなどで止めてすぐに動作確認をしてくれます。

元々親方日の丸の電電公社が母体のドコモですが、今は携帯キャリアで一番サービスがいいように思います。

| | コメント (2)

京都の桜(東寺のしだれ桜)

土日で京都に行ってきました。

桜の季節と、祇園祭宵山、紅葉の季節は京都に行くものじゃありません。

しかたなく、駅から歩ける東寺で写真を。

D3s_1952

D3s_1957

D3s_1971

D3s_1980

D3s_2016

| | コメント (0)

SAMSUNG(サムスン、サムソン、三星)のレンズ交換式デジタルカメラ NX10のレビュー

SAMSUNG サムスンのNX10の記事は下にあります。

SAMSUNG(サムスン、サムソン) デジタルカメラ NX10 を韓国で買ってきました。

http://nike.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/samsungnx10-744.html

SAMSUNG サムソン NX10の写真

http://nike.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/sumsong-nx10-5f.html

| | コメント (0)

SAMSUNG サムソン NX10の写真

 昨日のブログで、感度比較のために撮った写真しかなかったので、少し貼っておきます。いつもどおり、写真はクリックすると大きくなります。大きくなった状態で、等倍の50%縮小です。

Sam_0032

Sam_0033

Sam_0036

Sam_0046

ISO400までは十分使えますし。IS800でも我慢できます。

ただ、レンズはプラスティック多用で安っぽいし、解像度も今一だと思います。

シャッター音もチャチだし、AFの精度というか動作も不安定。

液晶ファインダーは画素数が少なくて荒いのは構図確認としては我慢できるのですが、なぜかコントラストが変化して見辛い。黒がつぶれ気味で、ファインダーでは実際にどう写るか確認できない。それと、写真を撮ったあと、背面の液晶で数秒再生画像が映るのはいいのですが、ファインダーの画像まで再生画像を出すので、うっとうしいです(続けて撮ろうとしても再生画像が邪魔)。

まあ、免税店でもCanon,Nikonばかり前面に押し出して売り出していて、サムスンは片隅に追いやられていることからも、まだまだ実力がないんだと思います。

追加情報:30mmのレンズのみをもうすぐ売り出すそうです。

| | コメント (4)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »