« NTT docomo XperiaのUSBケーブル、AC電源を改造する | トップページ | B&W P5の音質を周波数特性で見る »

B&W(Bowers & Wilkins)のヘッドホン P5 アップルストアーから発売

B&W(Bowers&Wilkins)のヘッドホンが出るということで期待していましたが、アップルストアーからiPodのアクセサリーという形で販売されています。B&Wとしてはこの方が数が掃けると思ったのでしょうか?

今朝ヘッドホンP5が届きました。箱はアップル製品らしく、黒くて丈夫な箱。iPodなどの箱と似た印象です。

ヘッドホンはこれ。

Dsc_0015_edit0_3

つくりは凄く上質です。アルミのハウジング部分には Bowers & Wilkinsの文字が彫られています。

Dsc_0019_edit0_3

イヤーパッドは耳乗せタイプなのですが、やわらかくて、側圧も適度で頭や耳が痛くなるということはありません。ヘッドバンド部分も丸みを帯びて柔らかく作ってあります。

サイズ調整をすると、ケーブルが一緒に伸びてくるのですが、戻すと、ケーブルも戻ります?ヘッドバンド部分に巻き取り装置があるのでしょうか?

またイヤーパッドは磁石でハウジング部分にくっついています。B&Wのスピーカーのネットみたいです。

Dsc_0016_edit0_3

ケーブルは、ミニミニステレオプラグで取り外し可能となっています。

Dsc_0017_edit0_3

元のケーブルはかなり細いので、ミニミニプラグを使ってケーブルを自作することも出来ますが、いかんせん、細い部分を通さなくてはいけないので、工作が大変そうです。

肝心の音は、まだ2時間も聞いていませんが、、、、

ぱっと聞いたところ、かまぼこ型の柔らかい音に聞こえました。

が、これは普段低音ブリブリのEdition9とかue18proとかを聞いているからで、低音が出ないわけではありません。重低音は出ないものの、ヘッドホンで音楽を聞くには充分満足できる低音です。

高域も最初出てないかなと思ったのですが、意外とハイハットなどの音もきれいに鳴っています。しかも、高域が強くてうるさい感じとか、サ行の音が耳につくということもありません。

きわめて、綺麗にまろやかに鳴るけど、低域、高域とも充分伸びている。ただ、ドンシャリではないので、大人しいかまぼこ型の周波数特性のように思えてしまう。

この音は、、、今自分ではB&WのCM5を使って、サブウーファーで低域を強調して聞いていますが、このCM5の素の音に似ています。そういう意味ではクラシックなどが得意なのかもしれません。

時間があれば、周波数特性を取ってみたいと思います。

あと、リケーブルすれば、低域がまるで違ってくるように思います。

細い部分を通すから、オーグラインを使うかなぁ、、、、

TAG:B&W Bowers & Wilkins ヘッドホン P5 Apple iPod

|

« NTT docomo XperiaのUSBケーブル、AC電源を改造する | トップページ | B&W P5の音質を周波数特性で見る »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NTT docomo XperiaのUSBケーブル、AC電源を改造する | トップページ | B&W P5の音質を周波数特性で見る »