« B&W(Bowers & Wilkins)のヘッドホン P5 アップルストアーから発売 | トップページ | iTuneでコンピレーションアルバム、オムニバスアルバムを上手く表示する »

B&W P5の音質を周波数特性で見る

P&WのP5を入手して3日ほど経ちましたが、やはり印象は

「かまぼこ型で中域が元気がありでも高音も低音も出ていないわけではない。音楽をBGM的に流して聞いていても疲れない音作りは、iPodでの使用を意識した音作りのようだ。」

とあまり変わっていない。少し低音が出てきたかなという感じはします。

さて、お約束の周波数特性。今回はホワイトノイズを使って、マイクには、SONYとオーディオテクニカから出ている、イヤホン型マイク(受話器で音を聞きながら録音できるという用途に使うマイクを使用。このマイクの周波数特性は結構良さそうです。カタログスペックでも、20Hz~20kHzとなっています。

周波数特性一覧表

P5

グラフの上下は切り貼りして一度に見るようにしただけで、再生音圧は同じにしています。

edition9のドンシャリ傾向。

D7000の周波数特性はediton9に近いですが、300Hzを中心として、edition9より音圧が落ちているので、ドンとはならず、低音の伸びが目立つようになっている。

T1は本当に優等生で、1kHz以下、かなりフラットな特性を持っている。高音も無理に強調しているところもなく、これが新次元、次世代のヘッドホンの特性なのかなと思ってしまいます。

P5は上記3機種と比べると明らかに低音の落ち込みがきになるし、高域の特性もダラダラ下がっている。

結論としては、iPodに使うならすごくもったいないくらいにいい音がすると思うのですが、ヘッドホンが好きな人がわざわざ買う必要もないかと思います。

|

« B&W(Bowers & Wilkins)のヘッドホン P5 アップルストアーから発売 | トップページ | iTuneでコンピレーションアルバム、オムニバスアルバムを上手く表示する »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B&W(Bowers & Wilkins)のヘッドホン P5 アップルストアーから発売 | トップページ | iTuneでコンピレーションアルバム、オムニバスアルバムを上手く表示する »