« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

SAMSUNG(サムスン、サムソン) デジタルカメラ NX10 を韓国で買ってきました。

韓国に行ってきたので、SAMSUNGのレンズ交換式デジタルカメラNX10を買ってきました。免税店ではレンズキットのみの発売で、レンズが18mm-55mmのいタイプと、パンケーキレンズのタイプがありました。

レンズだけの販売はしていなかったので、18-55mmとのセットを買ってきました。

とにかく写真です。

Dsc_6065

レンズキットの中身

Dsc_6066

ズームレンズ 18-55mm

Dsc_6067 マウントのレンズ部分はプラ。ちょっとチープです。

Dsc_6068

ボディにつけた状態。

Dsc_6069

メニューの言語で日本語が選べません。注意が必要ですが、まずは英語にしておけば、取りあえず読めるので大丈夫。

Dsc_6070

さて写真も撮ったのですが、お気に入りのコンパクトデジカメキヤノン Powershot G11と比較してみたくなりました。

G11は1/1.7インチサイズ。APS-CのNX10よりも更に、1/3倍の大きさ、1画素のセルの面積では1/9しかありません。NX10はさぞ感度が良かろうと思ってISO感度を振って撮影してみました。

Nx10_4 

G11_4

サイズの小さいはずのG11のほうが、ノイズだけを見ると感度が2段回~3段階近く良く見えます。キヤノンの信号処理が優秀なのでしょうが、NA10のこのノイズは結構昔風のノイズです。ノイズリダクション処理が現在のレベルに全然おいついていません。もうしばらく様子を見たほうがいいと思います。

| | コメント (2)

Luxman P-1uを改造してしまう

家のオーディオを、音源として、

【A】iPod、PCなどのデジタル音源 

【B】CD,SACDの音源

の2ソースと考えて、出力系を 

【1】ヘッドホン

【2】スピーカー

として、それぞれ、自由に組み合わせられるようにしたいと思って書いた配線図がこれ。

Block

でもこれをやるのに、2つの問題が。

何気なく分岐しているライン信号が2箇所あります。ここに切り替え器を入れるか、分配器を入れるかと悩んだのですが、結局短い(25cm)ステレオ-モノ変換のケーブルを入れて分岐するという簡単な方法にしました。

もうひとつはLuxman P-1uの入力をバランス、ラインと振り分けたのですが、Luxman P-1uはライン入力しか出力に行かない。これをバランス入力も出力に出るようにしないと目的を達成しない。

P-1uのブロック図を見るとバランス入力アンプの出力とライン入力の切り替え後の信号を出力持ってくればいいように思えます。

P1u_2

そこでP-1uの内部を改造することに。中はこんな感じです。

P1u1

出力部分のカットは抵抗の足をはずして線材を接続します。

P1u2

VRの前の部分は、33KΩの抵抗の足につけます。

P1u3

線材でつなげば、パターンのカットなど不要で改造成功。

線材はオーグラインを使ってみました。

P1u4

予定通り動いて大満足。

なお、当然のごとく、改造を行うと保証が受けられない上に、不慮の事故の可能性があります。改造をされる方は自己責任でお願いします。

タグ: Luxman P-1u ヘッドホンアンプ 改造 バランス入力がスルーアウトに出ない

| | コメント (1)

銀ぶら

 銀座の病院に行ったついでに、ちょっと写真を撮ってきました。

秋葉原の歩行者天国の再開が議論されているけど、銀座のホコ天はずっと続いてるんですよね。早く秋葉原もホコ天復活しないかな?そのときは勿論路上パフォーマンス有りでお願いしたいです。まず無理でしょうけど。

銀座四丁目でホコ天が始まるのを待っていました。3分前からおまわりさんフライングで策を置きに行きます。

D3s_1789

ホコ天が始まると同時くらいにタクシーが止まって、男女3人が降りてきたと思ったら、何か撮影を始めました。

D3s_1796

これは何だったのでしょうか?タクシーの前席に乗ってお金を払っていたのは写真撮られている男性だったと思うのですよ。おじさんはカメラマンでしょうね。女性は事務所の関係者か何か?よくわかりません。

しかし、土日の銀座ホコ天は観光客の天国ですから、多くの人がカメラを持って写真を撮っています。日本人がデカイカメラ構えて写真撮っていても目立ちません。

そうそう、銀座四丁目でこんなの見つけたんです。

D3s_1797

「ユビキタス」とか書いてあるので、数年前にドコモあたりが実験でもしたのかなと思ったら、

Toukyou

こんなことやっているんですね。ありふれた技術を使って、なんとか国のお金を使おうというのが見え見えです。UCODEっての調べてみると面白いですよ。

街並みの写真としては、望遠を使って、

D3s_1802

D3s_1819

こんな写真がなぜかミニチュア写真っぽくて面白いです。下からあおっても楽しい。ほんとは地べたに這いつくばりたかったのですけど、おまわりさんに通報されても困るし。。。

D3s_1845

でもこれだけ人がいると人間ウォッチングが楽しい。

例えば、

D3s_1848これなんかは、右から二人目の女性が東京に出てきて結婚して子供もいるお母さんで、この人の歳を取ったご両親とまだ地元で独身で頑張っている歳の少し離れた妹を銀座案内してるんですよ、きっと。

これは、

D3s_1846

可愛いですよね。お父さんと小さい女の子ですが、トレンチ風のコートがおしゃまです。でもずっと二人きりだったので、お母さんは?と思ってしまいます。きっとお母さんは看護師で今日は出勤なんですよ。とか想像してみる。

方や男の子とお母さん。

D3s_1813

なんか強そうなお母さんです。髪の毛そこまで赤く染めるか!って気もします。何しに来たのでしょうか?別の写真では

D3s_1815

手つないじゃってますからねぇ。きっと子供のサッカーとか野球とかなんかそんなものを買いに来たのかな?修学旅行に持っていくバッグかもしれませんねぇ。

そうそう、こういう家族をはじめ、子供をムービーでとる人も多かったですね。これは携帯だけど、ムービーだと思いますよ。

D3s_1844

自分の服装も秋葉原ならいいけど、銀座に来る服じゃないような感じでしたが、このお父さんのジャンパーも見事です。これは草野球用でしょうかね?

おまけ。かばんが黒なら間違いなく就職活動お疲れ様って感じだったのですが、、、

D3s_1840

あっ、こんな隠し撮りみたいなことが目的ではなかったんです。

ニコンの

24mmF1.4

16-35mmF4

24-70mmF2.8

それと、フォクトレンダー20mmF3.5

フォクトレンダーだけは仕方ないけど、画角24mmF4で統一して写真とって見ました。

24mmF1.4

24_1_4

16-35mmF4

16_35_4

24-70mmF2.8

24_70_28

20mmF3.5

20_3_5

上3枚は甲乙つけれません。こうなると1000万画素くらいでは見分けられないかも。

さすがですね。

| | コメント (1)

Nikon AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED

ニコンから広角大口径のレンズが発売されました。

Img_0484

AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED

Img_0485

この手の広角大口径はキヤノンが随分先行していましたが(ニコンにもないことはないのですが)、ようやく実力的にもためを張れる商品が出てきたように思います。

発売前に銀座のショールームでカメラとレンズを借りて撮ってみたときも、周辺まで十分に明るく、歪やボケが良くコントロールされているのが、すぐにわかりました。キヤノンの広角大口径は周辺のボケ、色収差が余りよくないものもあるのですが、ズームも含めて最近のニコンのレンズはどれも素晴らしい出来です。

本当は明日19日発売なのですが、本日入荷したとのことで、急遽お店に取りに行きました。が、すでに夕方だったし、用事があったのでその合間に少しだけ新レンズを使ってみました。フルサイズで24mmっていうと思ったより広角なことに改めて気がつきます。24-70mmのを使っていても広角端はあまり使わないので、新鮮な感じがします。

とりあえず写りだけでも少し参考になれば(ほんと、「カメラ屋」ですが「写真家」じゃないので写真の中身は無視して見て下さい)

D3s_1736

D3s_1739

D3s_1743

D3s_1767

D3s_1775

D3s_1776

| | コメント (4)

CP+に行ったけど。

12日にCP+に行ってきました。

D3s_1635

昨年のPIE(Photo Imaging Expo)がCIPA主体に変わった展示会。参加企業もPIEから随分減ったし、出展社も様子見といった感じ。

CIPAは入り口すぐのところに構えていて、コンパニオンの女の子が写真を撮られるのに急がしそうでした。展示会でのコンパニオンの写真撮影。これが出来ないブースが増えてきたこともPIEを止めてCIPA中心でCP+を開催した裏の実情ではないかと思っています。

今回はどのブースも全員写真撮影OK。絶対CIPAが統制していると思います。

ということを良く知らなかったので、今回はストロボ持って行きませんでした。D3Sを持っていったので、高ISOで勝負できるだろうと思ったからなんですが、感度は足りても、ストロボで顔への光を起こしてやらないと、天井からの照明だけでは、バランスが悪かったです。

しかし、展示会でコンパニオンを撮影できるのは、モーターショーなどの自動車バイク系とこのCP+だけになりそうです。

D3s_1669

D3s_1681

D3s_1682

D3s_1688

D3s_1690

D3s_1691

D3s_1692

D3s_1713

D3s_1714

D3s_1717

| | コメント (0)

ultimate ears ue18pro を音響抵抗(ダンパー)で調整してみる

ue18proのかまぼこ型っぽい音にも慣れてきました。

エージングが進んで、低音が伸びたこともあって、前ほどかまぼこかまぼこした感じではなくなったと思いますが、耳が慣れただけかも。

と思ったので、音響抵抗(ダンパ)で調整できるかやってみました。

ue18proは2つのポートがありますが、シリコンのチューブがある方が低域のユニットに繋がっているようなので、こちらに音響抵抗を入れて調整してみます。

まずは元々の特性がこれ

Ue18pro

前回取ったue18pro(赤)、ue11pro1(紫)、Westone ES3Xカスタム化(緑)の特性ですが、ue11proに比べて500Hzを中心にする盛り上がりが見えます。

Earphones

これに音響抵抗(Brown,Green,Red)を低音側(シリコンチューブ側)入れて測定してみます。

Ue18probrown

Ue18progreen

Ue18prored

Ue18proii      4枚重ねてみました。

どれも500kHz~2kHzを中心になめらかに下がっています。

500Hzの持ち上がりを抑えようとするとredでもいいのですが、これだと、ボーカルが引っ込みすぎます。greenとbrownは特性上は似ています。中域の誇張が減り、バランス的には好みの音に近づいてきましたが、あえて、ue11proとの違いの中域の勢いは残っていると思います。

もう少し聞き込んでから、またご報告できればと思います。

なお、音響抵抗(ダンパー)は、通常では市販されていないかもしれませんが、須山補聴器さんで以前にマニア用に発売(配布)されていたことがあるので、入手できるかもしれません。

| | コメント (0)

ultimate ears ue18pro 到着

 注文していたultimate earsのue18proが着ました。部品の納期遅れがあったようで、少し待たされましたが、2月10日に最初のメールを送って3月8日到着なら上出来かな?

こんな箱の中に

Img_0475

こんな風に入っている。

Img_0479

今回は赤色にしてみましたが、ちゃんとPerfumeのBetterflyマークは入っています。

Img_0482

まず、他と比べずにエージング無しでのパッと聴きの印象は、

■中域が随分元気に出ていて、楽器も人の声も生々しいのだけど、下手すると安物のイヤホンみたいな特性かも知れない。低音は出ているんだけど、風圧を感じるような低域ではなく、重低音より少し上の音圧を感じる。ベースやバスドラムも、高域よりのアタック音ではなく、しかも重低音でもなく、本来楽器が持っている低域の周波数をきちんと再生させているが、帯域の狭さみたいなものを感じてしまう。

ようは中域を今までより充実させて、リアリティのある音を求めたのだろうと思いますが、中域が充実し過ぎ、、、というか、も少し抑えて欲しい。

エージングで高域と低域(特に低域)が充実することを期待しています。

さて、一通り聞いてから周波数特性を取りました。

Earphones

紫がue18pro 赤がue11pro 緑がWestone ES3Xを須山さんでリモールドしてもらったカスタムイヤホン。

500Hzあたりでue18proの特性が5,6dB持ち上がっているけど、多分これが今回の視聴の結果の全てだと思います。

1kHzから200Hz位までのところはなだらかなディップであって欲しいんだけど、真逆に近い特性となっています。

やっぱりもう少しいじってみるかなぁ、、

そうそう、今回Tシャツがおまけで付いてきました。

Img_0476

| | コメント (0)

大好きな「岩合光昭」さんのネコ写真展

 一番好きな写真家といっていいくらい動物写真家の「岩合光昭」さんの写真、特にネコの写真が好きです。

 壁のカレンダーもカメラ雑誌のおまけとはいえ、岩合さんのネコのカレンダーだし、家内と娘に父の日だったか、誕生日だったかに買ってもらった写真集もとても大事にしています。

 子供たちにも、「おとん(もうパパとは呼んでくれないww)の好きなものが分からないからプレゼントに困る」と言われていたのですが、かみさんが「ネコグッズなら何でも喜ぶ」という教えで、ネコのストラップとか色々ネコグッズを買って来てくれます。

 この前の北海道旭山動物園に行ったときのお土産もこれ。

Neko9

さて、日本橋三越で行われている岩合さんの写真展のちらし。

Neko1

Neko2

チケットも可愛いネコ型。

Neko3_3

岩合さんの新しい写真集「ねこ」の販売プロモーションのサイン会も兼ねているようです。

写真集「ねこ」(岩合さんが猫を「ネコ」とカタカナで書かないのは珍しいかも。)

写真集「ねこ」

Neko6

サイン会でもらったサイン

Neko7

その他持っているネコ写真集。

Neko4

Neko5

Neko8

勿論動物写真家ですから、ネコ以外にも写真を撮られます。

パンダの写真もいいですね。臥龍のパンダはいつかは見に行きたいです。

Panda

ということで、金曜日、土曜日の連荘で行ってきました。

はっきり言って土日は混みます。行くなら平日がお薦めです。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »