« Perfumeのライブ前のお楽しみ | トップページ | Power Shot G11 結構高感度強いです。 »

カメラの話題はどうした!! んだろう。

 たまに、コメントに「前はカメラの記事で面白かったのに、、、」とか「もっとカメラのこと書いてください」とか、「くだらなくなった」とかいう書き込みをいただきます。

 

耳が痛いですね。

 隠しているわけではなく公開していますが、わたしはムービー、監視用カメラなどの動画系カメラ、更には放送局で使っているようなENGカメラ、ハイビジョンの放送用カメラなどの一部、最近では携帯電話用のカメラや、車載用のカメラの開発をしてきています。DSCにも自分が考案した方式が採用されたりもしています。逆もあります。

 でもね。最近カメラの記事が減って来たのとほぼ同じタイミングで、カメラとしての基本である画像を撮るという部分で、新規の要素が減ってきているように思います。

 裏面照射もねぇ、半導体プロセスがとても面倒で難しくなる割には効果が薄い。開口率は実はそんなに表面照射とかわらないし、配線による光学的なけられの問題も、携帯電話とかの特に薄く作る必要があるものならともかく、そうでない普通のデジカメなどでは大きな優位性にならない。(入射角が小さいとあまり効かない)

 また高画素化(なんで多画素と言わないのか謎?)競争も段々難しくなってくる。実は光を波動と考えて波動方程式を解くと、2μm□以下の微細なセルサイズのセンサーは、赤色からどんどん光がフォトダイオードまで届きにくくなるそうです。今高画素センサーで比較的多い1.4μm□のセルサイズより小さいのは余りにも苦しいのではないかと思います。

 では、自分の専門である信号処理はというと、これもなんか行きついた感じがするわけではす。FUJIのfinepix f10で信号処理によるノイズリダクションが注目されたけど、各社今では同じ程度のことはやってきている(勿論僕もやりまいたよ)。部分部分によってコントラストを変える階調補正も個人的にあまり好きではない(だから、携帯電話用の5Mカメラでは全く違う階調補正を入れている)

 なんだか、最近は顔検出だとか、顔認識、笑顔検出とかの顔認識系を使った「機能」だったり、フルHDで動画が撮れるとか、動画時にAFが効くとか(こんなのムービーでは基本中の基本なんですけどね)、果ては立体カメラまで出てきています。

 ようは、静止画像を綺麗に撮ると言う「性能」の競争ではなく、それ以外の「機能」で勝負しているわけです。

 

そんなカメラの性能を比較評価しても楽しくないわけですよ。

 それとNikonD700に買い替えてから、当分これでいいわと思っていることがもう一つの理由。
 色々なカメラの記事を書いて、かなりノイズにうるさいと思われた方も多いでしょうが、その通りです。でもD700であれば、まずはこれ以上は要らない(要らないわけではないですが、原因と限界を知っているので、ここがベストと思っている)というカメラであると思っています。
 ISO6400で撮っても十分使えるカメラなんか他社の1眼レフではないでしょ。

 それと、このカメラの信号処理で一番絶賛しているのは、色収差の補正を(レンズ毎のパラメーターを使わず、色収差を起こしている画像から収差量を計算して補正しているところ。

 さて、カメラの画素数競争ですが、もう終わると思っています。フルサイズで20M~24M辺りだと感度が苦しくなります。フルサイズ10M のD700は正解です。どうしても画素数が多いほどよい分野、商品写真や風景写真などの分野以外では、今度は画素数を少なくしても感度を取るカメラが出てきます。

 実際にキヤノンのG11は約1000万画素。G9の1200万画素、G10の1400万画素から画素数を下げたが、その分ISOでG9の4倍くらい感度を稼いでいる。

 携帯電話用カメラも12Mとか要りますか?多くの人が、写メ、ブログ用写真とか、携帯の液晶でしか見ないとか、そういう使い方をしているときに、14Mって必要ですか?

 これからは画素数を減らして感度を稼いで、それをどう綺麗に処理するかっていうのがカメラ信号処理の主流になると思います。

 明日G11に買い替える予定なので、本当にそういう変化をしているか楽しみです。

 それとヘッドホンとか、、、これもEdition9を買って、ue11proを作ってもらって、なんか一息ついた感じです。これ以上は求めなくていいし、スピーカーやアンプなどを含めて、所謂ピュアオーディオの世界には足を踏み入れないでおこうと思っています。

 となるとですね。あらたな「デジタルグッズ」を追い求めるというのも手ですが、今はしばらく時流の流れを様子見しようかなという時期だと思います。

 今はだから、好きなカメラと音楽が一緒に楽しめるということで、ライブの写真とかを撮ったりしているわけです。





眠くてもうダメだ。

また、考えがまとまったら、続きを書きます。

何か大きな変革点があれば、カメラもまた楽しくなってくるでしょうね。

|

« Perfumeのライブ前のお楽しみ | トップページ | Power Shot G11 結構高感度強いです。 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

おやおや、久しぶりにカメラの話題かと思ったらなんだか愚痴っぽい内容でしたね。
でも興味深く拝読させて頂きました。

にけさんのカメラ評価は専門知識をバックボーンにした内容なのでとても楽しみにしています。
これからもカメラの本質的な「性能評価」を楽しみにしてますよ!
見せ掛けだけの機能アップしたカメラをばっさりと斬り捨てるようなレビューも歓迎です(2ch攻撃に負けるな!)

ということで、早速G11の評価お待ちしてます。

キヤノンの新型(7D)などはどう感じていらっしゃいますか?

投稿: Moz | 2009.10.02 09:45

お久しぶりです。

人気ブログというか、一度あるジャンルに対しての定評がついてしまったブログですから大変ですね。
D700という、いったんの終着点に行き着いて満足してるから書くことなくなったんだろうな、と思ってました。
満足して安定してしまうと、特に書くこともなくなりますしね(笑)

当然のことを敢えて書きますが、気にせず書きたいことだけ書いてれば良いんじゃないですかね。
記事書いてお金をもらってるわけでもないでしょうし、興味の湧かないことを無理して書いても苦痛なだけで、
良い内容にならず、またそれでgdgdと言われるだけですからね。

私は文章書き散らすのがストレス解消になるので、チラ裏長文を場末で垂れ流してますが(笑)

ライブの記事とかは良く知らないアーティストですからコメントのしようもないですが、楽しく読んでます。
にけさん、若いなぁ…と(笑)

ま、私もD3Sに行けば満足して落ち着くような気がしますが、最近は逆・判官贔屓な気分なので
お金の無駄遣いをしに今から7Dを買ってきます。

あ、別に7Dの論評は要らないですよ。ニコンを持ってる人が語るようなカメラじゃないですしね :-)

投稿: だぶる☆えっち | 2009.10.02 11:57

Mozさん>
愚痴というか、一眼レフはライブビューだの、HD動画だのばかりじゃないですか?
それに、「デジタル一眼」ってなんでしょうね?名前にも違和感がありますが、
でもこういうのが増えてくるんですかね。
いっそ、ライブビューも取って、デジタルレンジファインダーカメラの方が売れそうですけどね。

まあ、また面白いものが出てきたら記事にでもします。

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.02 23:47

だぶるえっちさん>
お久しぶりです。
今日7D触ってきましたが、だぶるえっちさんの感想が楽しみです。
APS-Cで1800万画素の画ってどうなんでしょうね。
だってフルサイズなら4000万画素クラスですよ。

7D触って最初に、電源SWが分からなくてオロオロしましたよ。
あれって、kiss系ですよね。ボタンの位置も随分変わったし、
これは60Dとかがあるとしたら、Kiss系に統一されていくんですかね。

最近小さくて画質がいい、HDムービーが欲しいんですけど、SONYかCanonか迷っています。
画質はiVis?がいいですか?

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.02 23:55

キヤノンの方がスチルカメラ的な画質なので良いと思ってましたが、今年はSONYが頑張ってますからね。
去年まで程の差はないかと。手ぶれ補正はSONYの方が上ですし、特に今は差がある状態でしょう。
キヤノンとソニーのHDVを連続して買ったのも良い思い出?ですわ…orz

7D は購入前の記事にダラダラと書きましたが、キヤノンとしてはあくまで Kiss の上位機の上位機ですね。
1D 以外はそうなのでしょう。そこが D300 との大きな差です。私も不満も半分はそこです。

が、良く出来てますよ。飛ぶように売れてたのも頷けます。今までが今まででしたしね。
キヤノンも変わろうとしているのかな?と実機を使ってみても思います。
全然満足とは言えませんが、求めるレベルが10万円台のカメラでないのも判ってますし。
自分の腕は1万5千円くらいですけどね(笑)

ただ、APS-C なのに高感度は頑張ってます。というか、考え方を大きく変えたみたいです。
自分で撮った画像を等倍で見て、この変化に関しては、にけさんの意見が欲しいと思いましたね。
低感度での画質を見てる限り、からくりはあるようですが…

投稿: だぶる☆えっち | 2009.10.03 00:16

やっぱりSONYですか、、小ささもいいんですよね。

7Dは、どう感度を頑張っているんでしょうね。
買ってみたい気もしますが、ここは我慢。
レンタルでもしてみるかな?

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.03 00:58

こんばんわ。
自分も7Dを今日触ってきました。
ファインダーのキレは良い感じでしたね。
液晶がはさんでであってもD700とは違う感じでよかったです。
まあ、ニコンのあの黄色みがかった感じも好きなんですがw

ただ、APSとしては重すぎな感じがしたというか、5Dとほとんど変わらない印象を
受けたもんで。。。
データをちょっと持ち帰ってみましたが、やっぱりここまで多画素だと厳しい部分もありますね。
まあ頑張ってるとは思うのですが。。。

実は5DからD700に乗り換えたのに、またキャノンに戻ってしまいました。。。
D700はホントに良いカメラなんですが、一度EFの色というかボケ味を知ってしまったら、
どうにもニコンが硬く感じられて。。。
ペンタックスもよかったんですが、やっぱりキャノンが僅差ですが自分に合っているように思えました。
まあ、早速5Dmk2とレンズを調整に出すという儀式は済ませましたけどw

G11も触ってきましたけど、むしろ7Dよりもこっちに関心しましたw
あのサイズで1400万画素とかやってたおかげか、今回のCCDはかなり良いですね。
GRDよりもさらにしゃきっとした絵になるというか。
普段持ちにはE-P1だとちょっとでかいなあ、と思っていたので、こちらにはかなり心が揺れましたw

投稿: けんたろ | 2009.10.03 03:15

>それとNikonD700に買い替えてから、当分これでいいわと思っていることがもう一つの理由。
そんなこと言わないで下さいw
D3sの噂出てますけど、にけさんの言う「撮る性能」も上がっているらしいですよ。
画素数は変わらないみたいだけど、素子が改良され常用感度は6400→12800、増感で25500→102400になるらしいです。噂ですけど。
他には連写14コマ/秒なんてありますけど、デマだと思っています。

どうでしょうか?D3s。
にけさんに感度別の検証してもらいたいなー。

投稿: ロザリオ | 2009.10.03 07:53

けんたろうさん>
G11いいですよ。G9も毎日持ち歩いて1年9か月使いましたが、
G11はもう隙がない感じですね。
勿論ペンもいいのですけど、僕も実際に見るとちょっと大きいと思いました。

7Dもメカ面で随分進歩した感じがします。これでAFが問題なければいいんですけど。
まあ、もうNikonで走ります。小学校の時から憧れでしたしね。

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.03 21:49

ロザリオさん>
D3sってどんなのになるんですか?D3の後継機?
ISO感度上がるとしたらいいですね。
でもD3系は高すぎるから、同じセンサーを使った、D700sが出たら買います(笑)

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.03 21:52

にけさんに、わざわざ言うことでもないでしょうが、映像とか放送まわりは SONY 基準なところもありますし、
迷ったら SONY で良いんじゃないでしょうかね。
敢えて GH1 + 14-140mm という方向に進出してもらうと、世間?は喜ぶでしょうが(笑)

別記事のG11は早速お気に入りのようですね。
高感度も頑張ってますが、レンズも含めたベースの画質の良さが戻ってきてますよね。
実写画像を見て凄く気になりましたが、2マウント目がマイクロですから我慢します。
E-P1を売っぱらってG11ってのは、だいぶ考えたんですが…

自分のブログにダラダラと書いてますが、7DのAFは確実に進化途中です。まだ途中ですけど。

投稿: だぶる☆えっち | 2009.10.03 23:39

にけさん

> 愚痴というか、一眼レフはライブビューだの、HD動画だのばかりじゃないですか?
> それに、「デジタル一眼」ってなんでしょうね?名前にも違和感がありますが、
> でもこういうのが増えてくるんですかね。

よそ様がやってる新機能は、うちでも出さなきゃマズイですよね。どうしても
新興勢力が老舗に勝つために出してきた新機能を老舗が真似るとそれが「トレンド」になっちゃうんだからおかしな風潮です。
私的には動画もLVも要らないんですが、付いてないのを売ってくれと言っても無理だからねぇ。

もっと基本的なカメラの能力を底上げして欲しいですが、そこは一朝一夕には進まないのであれば、
デジタル時代だからこその付加機能もあると思うのでもっと工夫して欲しいですね。

個人的に実現して欲しい機能は、
AFマイクロアジャストメントの機能拡充として、前ピン後ピンの調整を各レンズの絞り値ごとに設定できるようにして欲しいです。
そうすりゃ、EF50mm/f1.2Lみたいな絞るとピン位置が移動するレンズでも使い物になります。
また、AWBのアジャストメント機能も欲しいなぁ!

運動会で自分の子供を見つける機能があったら(笑)良いかも!

投稿: Moz | 2009.10.04 13:13


いいかんじ、このブログはこうでなくっちゃ、、、、さもないと、ブックマーク消しちゃうぞ!

投稿: サンダーバーズは浜松で | 2009.10.04 21:42

サンダーバーズは浜松でさん>
匿名っぽいハンドルと、メールアカウントでありがとうございます。
いやね。話題があればカメラのことは一番に書きたいんですけど、
D700行ってから他のカメラにあまり興味なくなったんですよ。
それに「デジタル一眼」なんてのは、「レンズ交換式コンパクトデジカメ」でしょ?
なんかそんなのに振り回されている業界が嘆かわしいですよ。
次騒ぐとしたら、D700S(そんなの出るのか??)とかが出た時と、
大口径望遠でも買ったときだと思います。

まあ、つまらなかったら、ブックマーク消してくださっても結構ですよ。
しかたないですもんね。

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.04 23:01

失礼しました。
ブックマークは消しませんよ。 隠れファンですから。

「レンズ交換式コンパクトデジカメ」ですけど、小人が巨人に戦いを挑んで
いるのがいいじゃないですか。キャノンもニコンもなめてかかると、痛い目
にあうんじゃないでしょうか? 軽いってやはり武器ですよ。

投稿: サンダーバーズは浜松で | 2009.10.05 22:41

ISO6400で撮っても十分使えるカメラなんか他社の1眼レフではないでしょ。

と書かれてありますが、5D2の時も、ISO6400は使えそうだし、ISO12800の緊急用に使えそう。
と書かれてましたよね?

実際のところどうなんでしょうか?高感度はD700の方が良かったのでしょうか?
フルサイズの5D2でも2100万画素は厳しい画質だったと思いますか?
ニケさんには5D2とD700の比較をして貰いたかったですね。

投稿: 通行人 | 2009.10.05 23:27

サンダーバーズは浜松でさん>
いや、レンズ交換式は大歓迎なんですよ。
もう少し小型にして、レンズが暗くてもいいと思います。

レンズ交換式が悪いのではなく、それを「デジタル一眼」って呼ぶことに違和感があります。
どう考えても「デジタル一眼レフ」に近いような感じを受けそうですが、
実はレンズを交換出来る以外は、コンパクトデジカメに近い(AF方式とか、光学ファインダーが無いとか、
その他もろもろ)と思うんですよ。間違えそうなネーミングを付けたことに多少怒りはあります。
方向性は大歓迎です。

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.06 00:42

通行人さん>
そうですね。
実際のところは、5D2では屋内ライブで使うのがかなり厳しかったので、D700に行きました。

5D2のISO6400はノイズが多いけど使える。
D700のISO6400は躊躇なくISO6400まで上げれる。

って感じで実際には違った意味で「使える」って言ってしまいましたね。

そっか、感度比較でもしておけば良かったですね。
今度5D借りてみようかな?

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.06 00:46

久しぶりに覗いたらコメントがいっぱいついてるトピが。

D700が気に入られているようですが、このブログの一視聴者としてはにけさんの写真の変化を良い方向とだけには感じない感じです(^^;
WEB掲載レベルまで縮小するとノイズの差は分からないしニコンの肌色と黒の表現に違和感を感じます(^^;
ホワイトバランスの考え方の違いなんでしょうけどね。

投稿: らんせ | 2009.10.10 13:15

らんせさん>
WEBだけなら縮小でいいでしょうけど、それだけじゃない時もあるので、
感度至上主義としては、感度向上は素直に嬉しいです。

ホワイトバランス、露出、黒レベル。

ま、はっきり言って、ある程度であれば十分です。

このWEBに載せている写真も、ほとんどは、
トリミング+RGBゲイン調整(ホワイトバランス)+黒レベル調整+白レベル調整
をやっています。

デジカメやムービーの開発をやっていると、
「そんなの合うわけないじゃん」ってのが本音です。

ただ、黒レベルだけは、ムービー、放送用カメラでは、
シビアに、光量「0」=黒に合わせているのですが、
一部のメーカーのデジカメは違います。
カメラメーカーを中心に、黒は潰れても良いという銀塩の頃の画作りをしているようです。
ビデオカメラをやっていた家電系メーカーは、光量「0」=輝度「0」として、絶対的黒レベルを
基準にしています。

キヤノンもパナソニックから回路を教わっているので、光量「0」=輝度「0」です。

ニコンは黒が沈む時がありますし、逆に黒が浮く時もあります。

ニコンはニューコアを使っていて、そこから技術を導入しています。
ニューコアを開発した渡辺誠一郎さんは、元々医療用信号処理をやっていたので、
ダイナミックレンジを広くとるために信号を指数的に扱ってきた(絶対的0はなく、
相対的な信号量の比が重要)。このために信号量0に関する考え方が、
銀塩的になってきたのだと思します。

まあ、信号は飽和しなければ、何とでも使えるけど、
その尊号を拡大したりするのには、低ノイズが条件になります。

逆に黒が沈んでしまっては持ち上げようがないので、
ニコンには黒の基準だけは見直してもらいたいです。

投稿: にけ@横浜 | 2009.10.10 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Perfumeのライブ前のお楽しみ | トップページ | Power Shot G11 結構高感度強いです。 »