« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ONKYO ND-S1 VS Wadia 170 iTransport

Wadia 170 iTransportを買って快適なiPodライフを送っていた。ちょっとリモコンの操作性などは悪いけど、iPodからデジタル音声を取りだせるのはありがたいことです。

調子に乗って、電源もオーディオ用のテーブルタップを買ってみたら、これまた思いのほか音が良くなります。商用AC3相電源から、マイ柱(自分専用電信柱)で電源を取り入れる人の気持ちもわからないではありません。

音は良くなって来たのですが、やっぱりWadia 170 iTransportの操作性が良くないのと、USBも含めた接続が煩雑なので、ONKYO ND-S1を買ってみた。随分と安い15000円です。Wadiaと同じ機能+αが15000円です。

Img_0174


接続は、ND-S1にPCのUSB出力を入れて、iPodとPCのデジタル音源をND-S1経由で光でDAC1に送ることにして、DAC-1 HD53NへのPC系の汚い電源系やアースが繋がらないようにしました。(ND-S1の電源はPC系のタップから、DAC1とHD53Nの電源はオーディオ用のテーブルタップから取る)

しかし、なんか音が良くないんです。分離が悪く、ドサッとまとまって音が出てくる。色々試してみて、ND-S1の電源もオーディオ用のタップから取ったら、随分よくなりました。ND-S1自信が電源に出すノイズの影響より、PCなどからのノイズをND-S1が受ける影響の方が大きいということのようです。

さて、ここで、Wadia 170 iTransport と ONKYO ND-S1の音はどう違うんだろうとネットで調べ出しましたが、あまり記事がない。
ND-S1は光出力よりRCA同軸の出力の方が音がいいくらいしか記事がありません。

じゃあ、と色々繋ぎ換えて、ブラインドで聞き比べてみたのですが、どうもWadia 170 iTransportの方が、音の分離がよく、メリハリがあり、元気な音がします。低音のスッキリ感、高音の音の濁りの少なさでWadia 170 iTransportの方がよく聞こえます。

でもほんとにわずかな差です。ACアダプターを交換すればND-S1も良くなるかもしれません。

次は、ND-S1経由のUSBデジタルの音と、USBを直接DAC1 USBに入れた時の音の差が気になります。

| | コメント (2)

意外と良いぞ!Panasonic RP-THX9

 本当に久しぶりにヘッドホンを買ってみた。

 ヘッドホンはUltrasone Edition9 と DENON AH-D700、イヤホンはultimate ears ue11proで満足しているので、もうよほどでないと新しいものを買おうとは思わなくなっています。

 一方で、ヘッドホンとかの改造も面白いのでやっているのですが、PanasonicのPR-THX7のハウジングにSONYのMDR-CD900STのドライバーを入れた改造をやっています。ちょっとレトロなTHX7のハウジングに端正な900STの音を目指したのですが、低音が全然出ずに困ってしまい、結局ネットワーク回路(中音低減フィルター)を入れてなんとかそれなりの音になってきました。
 でも、問題はTHX7のイヤーパッドで、少し硬いビニール素材のイヤーパッドは低音を抑えてしまいます。仕方なく900STのイヤーパッドを無理やり付けていました。

 ところが、お店でTHX9を見たら、イヤーパッドが柔らかい素材になっています。昔からなのか、最近変わったのか不明です。Panasonicは同じ品番で黙って改良するから太刀悪いです。

 で、このTHX9のイヤーパッドをカスタムヘッドホンに付けようと買ってみたのですが、、、
これって、単体で結構良い音します。
 音の分離は少し悪いものの、周波数特性的には、好みの音のストライクゾーンです。

ということで、Edition9 D7000 HTX9 HTX7改の周波数特性を取ってみました。

ダミーヘッドは自分の頭+耳。ソニーの小型コンデンサーマイクを耳に突っ込み特性を取っています。高音の暴れは耳の中の反射音の影響ですので、均してみていただければと思いますが、強調したいのは、1kHz以下の特性です。

Headphon_2


すべて、1kHz辺りから下で300Hz~500Hzで数dB~5dBダウンし、
更に低音に向かって持ち上がり、1kHz比5dBくらいのピークを持っています。

editon9 D7000は50Hz辺りまで伸びていますが、他のふたつは100Hzくらいかから低音は減衰しています。

editon9とD7000だとD7000の方が低音が伸びると言われていますが、これはおそらく、D7000の300Hzあたりの落ち込みがそのように聞こえる原因だと思います。
Edition9は500Hzで少し落ち込んでいるものの、200~300HzではD7000より5dBほほど音圧があるので、中低域の割に低域が伸びてないように聞こえるのだと思います。

しかし、今回、ue11prを含めて、自分の好みの音が非常に似通った周波数特背を持っていることを改めて実感しました。

1KHz辺りから上の音圧が高く、それより下は5~10dB落ちているヘッドホンやイヤホンを見かけますが、そういう繊細な、大人しい音はどうも好みではないようです。
(例えばって、例を上げるのはやめておきます)

| | コメント (5)

moumoonライブ FULL MOON LIVE SPECIAL IN YAON ~中秋の名月~

moumoonの日比谷野音のライブに行ってきました。

仲秋の名月に行うFULL MOON LIVEなのに、雨か???と前日まで思っていたら、
まさかの満月を眺めながらの(雲に隠れたりしていたけど)ライブでした。

開場前

Img_0105

指定席でも並ぶ並ぶ

Img_0109

mixiのコミュで呼びかけていた段幕

Img_0107

mixiのこういうところがあまり好きではないのだけど、
昔のNIFTYのフォーラムもそうだったし、
自分もG4の応援で同じようなことをしてるよなぁ、、、、と考えると、

素直に寄せ書きしてきてしまいました(どこでしょう?)

***********************************
セットリスト

2009年10月3日
FULL MOON LIVE SPECIAL IN YAON ~中秋の名月~

don't wanna be
フィリア
HEAVEN
Do you remember?
get real
ハレルヤ
Cinderella
PINKY RING
一期一会
more than love
Flowers
Myself
EVERGREEN
my darling
Stars are bright
On the right
新曲
looking for myself
good night

-ENCORE-
青い月とアンビバレンスな愛
フォーエヴァー

| | コメント (0)

カメラの下買い取り査定

 カメラは割と資産価値があるし、道楽品なので、下取りや買い取りが活発で中古の流通も多いようです。
 でも以前は中古買い取りの専門店でないと高い買い取りをしてもらえなかったように思います。フジヤとかマップカメラで以外だと流通経路も確立してないので、安かったのでしょう。
 でも最近は、下取り価格表みたいなものがあるようで、さらに流通ルートも開けたようで、ヨドバシカメラとかでも買い取りしてくれます。それに買い取りの値段もどこに行ってもほぼ同じ。下取りだと10%アップというのも横並びのようです。中古車市場と似てきてますね。

 そんな状況で、G9を買い取りにだしました。

 新宿にある有名中古買い取り店A店で見てもらったら、3000円と言われました。なんでも撮像素子にゴミが付いていてぼんやり黒い影が写るというのですが、そんなもの感じたことがありません。どうも普通に取ってもレンズをそんなに絞らないので、ほとんど見えないぐらいのゴミでした。修理に出すと8000円くらいかかるからその分引いて3000円だそうです。

 そんな値段じゃ売りたくないな、、、と思って、A店の近くのB店というカメラ屋に持って行って、見てもらうと、今度は1000円!!!
 今度は液晶にドット欠けが2か所ある、、、、そうです。気付いたことないなぁ、、、そもそも、2か所の黒傷くらい良品で出荷してるだろうに。

 もちろん1000円で売るわけはありません。

 でも、このA店,B店のお店も、多分売るときは黙って売るか、良品よりホンのわずかに安いだけの値段で売っていると思います。(レンズなんかでよくありますよね。写りに影響はないけど少しカビがあるとか、曇りがあるとか)

 で、見方を変えれば、A店は液晶のドット欠けを見落としているわけで、B店は撮像素子のゴミを見落としているわけです。
 ふ~~ん、そうか、、、、

 今度は家の近くのC店に持って行きました。着いた買い取り価格は11700円。ほぼAB品の買い取り価格です。1年9カ月使った2代落ちのコンパクトデジカメとしては上等です。勿論買い取ってもらいましたよ。

 ちょっと面倒ですけど、傷とかカビとかで買い取り査定が悪かったら、今度から他のお店に持っていくことにしようと思った次第です。 

| | コメント (0)

Power Shot G11 結構高感度強いです。

PowerShotG11を買いました。G9を持っていたのですが、G10は画素数アップくらいしか変化がないので、パス。今回、画素数が1000万画素と下がったものの、高感度に強くなっということで購入。バリアングルの液晶も欲しかったし、2年間は使うぞ。

さっそく、ノイズの比較。

Snsn

マクベスチャートを写して右下の2番目に暗いグレーで輝度の分散だけをPhotoshopで測定しました。

Sn

G9と比べて2dBくらいいいのですが、ISO800を超えると5dB近くノイズが減ります。
しかも明らかにISO800からノイズ低減に別の方式を使っている。

これは、、、、

シャッターを切ると、ISO400と比べてISO800以上の時に、メカシャッターの開いている時間が延びます。(当然Tvモードで同じシャッター速度で撮影しています)

さらに、液晶に画面が出るまでの間の「処理中」の文字が出る時間が延びます。

明らかに、2回あるいは4回くらい読みだして、加算していますね。SONYが同じ方式をコンデジで使っています。原理的には動きのある被写体があると処理が大変なのですが、ちゃんと動ベクトル求めているのか、使ってないのかに興味があります。

D700も参考にグラフにとってみましたが、1段ちょっとしか差がないので、G11極めて優秀だと思います。

久しぶりにいい買い物をしたって感じです。

| | コメント (1)

カメラの話題はどうした!! んだろう。

 たまに、コメントに「前はカメラの記事で面白かったのに、、、」とか「もっとカメラのこと書いてください」とか、「くだらなくなった」とかいう書き込みをいただきます。

 

耳が痛いですね。

 隠しているわけではなく公開していますが、わたしはムービー、監視用カメラなどの動画系カメラ、更には放送局で使っているようなENGカメラ、ハイビジョンの放送用カメラなどの一部、最近では携帯電話用のカメラや、車載用のカメラの開発をしてきています。DSCにも自分が考案した方式が採用されたりもしています。逆もあります。

 でもね。最近カメラの記事が減って来たのとほぼ同じタイミングで、カメラとしての基本である画像を撮るという部分で、新規の要素が減ってきているように思います。

 裏面照射もねぇ、半導体プロセスがとても面倒で難しくなる割には効果が薄い。開口率は実はそんなに表面照射とかわらないし、配線による光学的なけられの問題も、携帯電話とかの特に薄く作る必要があるものならともかく、そうでない普通のデジカメなどでは大きな優位性にならない。(入射角が小さいとあまり効かない)

 また高画素化(なんで多画素と言わないのか謎?)競争も段々難しくなってくる。実は光を波動と考えて波動方程式を解くと、2μm□以下の微細なセルサイズのセンサーは、赤色からどんどん光がフォトダイオードまで届きにくくなるそうです。今高画素センサーで比較的多い1.4μm□のセルサイズより小さいのは余りにも苦しいのではないかと思います。

 では、自分の専門である信号処理はというと、これもなんか行きついた感じがするわけではす。FUJIのfinepix f10で信号処理によるノイズリダクションが注目されたけど、各社今では同じ程度のことはやってきている(勿論僕もやりまいたよ)。部分部分によってコントラストを変える階調補正も個人的にあまり好きではない(だから、携帯電話用の5Mカメラでは全く違う階調補正を入れている)

 なんだか、最近は顔検出だとか、顔認識、笑顔検出とかの顔認識系を使った「機能」だったり、フルHDで動画が撮れるとか、動画時にAFが効くとか(こんなのムービーでは基本中の基本なんですけどね)、果ては立体カメラまで出てきています。

 ようは、静止画像を綺麗に撮ると言う「性能」の競争ではなく、それ以外の「機能」で勝負しているわけです。

 

そんなカメラの性能を比較評価しても楽しくないわけですよ。

 それとNikonD700に買い替えてから、当分これでいいわと思っていることがもう一つの理由。
 色々なカメラの記事を書いて、かなりノイズにうるさいと思われた方も多いでしょうが、その通りです。でもD700であれば、まずはこれ以上は要らない(要らないわけではないですが、原因と限界を知っているので、ここがベストと思っている)というカメラであると思っています。
 ISO6400で撮っても十分使えるカメラなんか他社の1眼レフではないでしょ。

 それと、このカメラの信号処理で一番絶賛しているのは、色収差の補正を(レンズ毎のパラメーターを使わず、色収差を起こしている画像から収差量を計算して補正しているところ。

 さて、カメラの画素数競争ですが、もう終わると思っています。フルサイズで20M~24M辺りだと感度が苦しくなります。フルサイズ10M のD700は正解です。どうしても画素数が多いほどよい分野、商品写真や風景写真などの分野以外では、今度は画素数を少なくしても感度を取るカメラが出てきます。

 実際にキヤノンのG11は約1000万画素。G9の1200万画素、G10の1400万画素から画素数を下げたが、その分ISOでG9の4倍くらい感度を稼いでいる。

 携帯電話用カメラも12Mとか要りますか?多くの人が、写メ、ブログ用写真とか、携帯の液晶でしか見ないとか、そういう使い方をしているときに、14Mって必要ですか?

 これからは画素数を減らして感度を稼いで、それをどう綺麗に処理するかっていうのがカメラ信号処理の主流になると思います。

 明日G11に買い替える予定なので、本当にそういう変化をしているか楽しみです。

 それとヘッドホンとか、、、これもEdition9を買って、ue11proを作ってもらって、なんか一息ついた感じです。これ以上は求めなくていいし、スピーカーやアンプなどを含めて、所謂ピュアオーディオの世界には足を踏み入れないでおこうと思っています。

 となるとですね。あらたな「デジタルグッズ」を追い求めるというのも手ですが、今はしばらく時流の流れを様子見しようかなという時期だと思います。

 今はだから、好きなカメラと音楽が一緒に楽しめるということで、ライブの写真とかを撮ったりしているわけです。





眠くてもうダメだ。

また、考えがまとまったら、続きを書きます。

何か大きな変革点があれば、カメラもまた楽しくなってくるでしょうね。

| | コメント (20)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »