« 山手線命名100周年記念電車 | トップページ | ズーラシア生まれの赤ちゃんたち 切手 »

ガングリオン

注意!!一部グロ有

「ガングリオン」ってなんのことか分からない人も多いと思います。というか、多分ほとんどの人が知らないですよね。

「ガングリオン」=「ガンダム」+「エヴァンリオン

みたいで格好いいようのも思えますが、全然違います。

僕も自分がこの病気になるまで名前を聞いたことがありませんでした。

手や足、指の関節にゼリー状の良性腫瘍が出来る病気ですが、これを「ガングリオン」といいます。

僕の場合は左手の人差し指の第1関節です。

今の状況はこんな感じ。

写真だと分かりづらいですけど、縦横1cmくらいの範囲で皮膚が盛り上がって、皮膚の下にはゼリー状のガングリオンが出来ています。本来は透明なんです。

3、4回治療したのですが、治療は注射針(しかも結構太いの)を刺して中のゼリー状のガングリオンを吸い出すというもので、その後にアルコールを入れてしばらく置いてからアルコールを抜くということをやりました。(アルコールを入れると痛いんですよ)

また違う年配の先生はガングリオンのでき物を押しつぶして「ほら消えた」って、、、、

でもネットで調べるとそういう治療もあるんですね。

今回は、再発を繰り返しているし、色が黒ずんでいるということで、MRIを撮り、16日に結果を聞くのですが、多分手術して取り除くことになると思います。

某サイトで同じような症状の手術前、手術後の写真がありましたので、貼っておきます。画像のだけの引用はさけたいのですが、そのサイトのページはもっと生々しい手術中の写真もあったので、この画像だけ引用させていただきました。(引用元http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5429/ganglion.html)

Mucous

ガングリオンは大きくなくても、皮膚の下に広がっていたり、皮膚と一緒に取り除くので、大きめに切って、皮膚の後を覆うように縫うようです。

(いかん、気持ち悪くなってきた、、、、)

ということで、16日は多分手術。日帰りですが、しばらく指の包帯は取れないと思います。

あ゛~~~、怖いよぉ~~~

Img_1174_2

|

« 山手線命名100周年記念電車 | トップページ | ズーラシア生まれの赤ちゃんたち 切手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

手術というだけで痛くなります(苦笑) 痛そうだと思われる写真は私のパソコンでは×になって見られないのはもしかして、ラッキーだったのかも…
手術後は手が使えなくなってしまって不便になりそうですね… うぅ、こわそうですけど、ここは我慢でスッキリしましょう。 早く良くなりますように。

投稿: かお | 2009.09.14 12:12

かおさん>
あれ痛そうな写真はこっちも×になった?????
調査します。

投稿: にけ@横浜 | 2009.09.14 12:32

写真出るように修正しました。直リンになっていた。。。。

投稿: にけ@横浜 | 2009.09.14 13:46

わわっ、ガングリオンって結構大変なんですね。手術かぁ…。きっと局部麻酔でしょうね。がんばってくださいね。
手術後しばらくは不便でしょうね。
あ~、それにしても痛そう・・・。お大事にしてください。

投稿: 極楽うさぎぃ | 2009.09.15 11:22

うさぎぃさん>
局部麻酔って、結構Sですよね。
全身麻酔で知らない間にやってくれって思います。
痛みはないけど、皮膚が引っ張られた感じが
麻酔の効いていない部分で感じられたり、
切っている音が聞こえたり、、、


うお~~~

明日行きたくないよう、、、、

投稿: にけ@横浜 | 2009.09.15 12:10

こんばんは^^
明日結果待ちなんですね。
プチっとつぶしてもだめなの??
芯が根っこにあるのかな??

投稿: ryonouske | 2009.09.16 00:33

ryonouskeさん>
つぶしたり、中身を注射で抜いても再発するんですよ。
一部でも残っていると良性とは言え腫瘍ですから、
すぐに再生するみたいです。
やっかいだなぁ。

投稿: にけ@横浜 | 2009.09.16 06:38

ガングリオンの手術はグロくてちょっと怖いですねー・・・
でも切り取る手術って意外と注射で抜き取る手術に比べるといたくないらしいですよ

投稿: がんじ | 2009.10.08 19:13

この記事へのコメントは終了しました。

« 山手線命名100周年記念電車 | トップページ | ズーラシア生まれの赤ちゃんたち 切手 »