« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ボクが一番、ガンダムをうまく撮れるんだ

 などと、アムロの言葉をもじりながら、お台場に長男、次女と行ってきました。

我が家は僕、かみさん、長男、長女、次女の5人家族なんですが、僕と長男、次女がアニメが好きで、パソコンとかも好きでという理系理系人間なんですが、かみさん、長女は電気とかPCとか全く弱い文系。なんで、こんなにきっちり分かれるか不思議です。

昨日は次女がガンダムを見たいと言っていたので、ぼくと長男、次女でお台場に行ってきました。

写真を撮るのが目的だったので、昼より夜がいいだろうってことで、6時半ごろ出発。7時半ごろ現地について歩いていると、ガンダムの後ろ姿が!!!

Cam_0046

ぐるっと前に回り込もうと思っていたら、

Cam_0054

8時ちょうどに突然照明が消えて、ガンダムが光ります。

Cam_0057

胸から蒸気?を出したり、首が動いたりします。

Cam_0073_2

ただ、これが終わると、ライトアップも終わって、展示終了。

ギリギリ間に合ってよかったです。行く人は8時過ぎないように。

Cam_0088

Cam_0091

全部D700で撮ったのですが、ISO1600とか、中にはISO6400もあります。確かにノイズが多いけど、ISO6400でも使えないことないのが驚きです。

| | コメント (4)

MEG PREMIUM LIVE PARTY at Studio Coast

MEGのライブに行ってきました。

新木場STUDIO COASTでのMEG PREMIUM LIVE PARTY at Studio Coast。

実は直前までZeppTokyoだと思っていたので、場所とか駐車場とか調べてなくって、現地で駐車場探しでウロウロ。ほんと木材工場と木材倉庫とかしかなくって、駐車場なんか全然見当たりません。ようやく見つけたのが意外な穴場、「夢の島」公園の駐車場。空いていて安い。おそらく6時間停めたと思うんだけど駐車場代600円!!破格!

STUDIO COASTは初めてです。MEGのライブは女子率高くて、お洒落な子が多くて、ちょっと気がひけるのですが、周りの目もきにせず楽しんだもんが勝ちです。

Nec_0323

MEGのライブは去年渋谷AXであった、ファーストワンマンライブ以来ですけど、あいかわらず(というか前よりずっと)楽しいですね。前見たときはネコの「RIU」だけだったけど、BLACKツアーで登場したという「イカスミ」と、今回初登場の「バニラなんとか」みたいなキャラも楽しいですね。まあRIU君が一番ですけど、

追加情報:「ホイップシスターズ」というそうです

今回のセットリスト

DAYS
TELEPHONE
MAGIC
I'm in LOVE
dreamin dreamin
OK
PRECIOUS
STAR
LOVE LETTER
SKIN
SEARCHLIGHT
SUPERSONIC
ROMANTIKA
JOKER
HEART

アンコール
TOXIC
甘い贅沢
BEAUTIFUL

今回もオリジナルのサイリウムが配られました。腕輪になる緑色のサイリウム。

Nec_0328

これもお洒落ですね。 次回11月22日23日のZeppTokyo。 今回の参加者先行予約があったので、申し込んでおきました。

| | コメント (0)

DENON AH-D7000バランス化!ついでにULTRASONE Edition9もバランス化!

 ヘッドホンアンプをaudio-technicaAT-HA5000からC.E.C.のHD53Nに変えたのは、HA5000の低音が量は十分だけどちょっとクリアさに欠けていたこともあるけど、一番の理由は「いつかはバランス駆動」と思っていたからです。

 とはいえ、Edition9のバランス化をフジヤエービックでやると結構かかります。まあケーブルもいいのを使っているし、仕上がりもいいんでしょう。

 でも、バランス化するだけなら、XLRコネクタ(キヤノンコネクタとも言います。というか、普通キヤノンコネクターって言います。キヤノンって、Canonなんだと思っていたら、cannonってメーカーが作った規格だそうです)を買ってきて付けるだけでもなんとかなる。それなら、3ピンXLR2個で1500円くらいで済む。

 ということで、バランス化しようと思ったのですが、バランスしか出来ないのはちょっと困る。世の人は、バランス用のキヤノンコネクタ2個を指して、ステレオジャックに変換するケーブルを作っているようだけど、ステレオジャックを使いたいのは、主に外だ。そんなゴロゴロするのを付けて外で聴けるか!って思う。

 さて、ではというと、バランス化したヘッドホンケーブルの途中にミニXLR5ピンコネクタを付けて、この先を差し替えることでステレオミニジャックでも、XLRバランスでも使えるようにしようと思ったわけです。

 XLRを使ったのは、XLRの5ピンの仕様でステレオ平衡系のピンアサインが規格化されているから。さらにミニXLRを使ったのは、大きいフルサイズのXLRを首からぶら下げている不格好さを考えると、「あり得ない」から。

 ミニXLR5ピンのケーブル用コネクタがこれ。

Img_1019

大きさは一部のヘッドホン(AKG K-702とか)に使われている3ピンミニXLRと同じ大きさです。 ヘッドホンから50cmくらいのところにミニXLRのオスを付ける。ケーブルは5ピンミニXLRメスとミニピンジャックのケーブルと、5ピンミニXLRメスと3ピンXLR2個の2本を作る。 こんな感じ。

Img_1031

これで、中継の5ピンミニXLRから先を取換えれば、アンバランスのミニジャックにも、バランス用のXLRコネクタにもなるわけです。

Img_1034

バランス化D7000+バランス用中継ケーブル

Img_1032

調子の乗って作ったバランス化Edition9(ケーブルは純正のまま使用)

Img_1035

今回作った時に、備忘録として作ったファイル。配線の参考にしてください。できれば、5ピンミニXLRのステレオ平衡用のピンアサインが標準になれば、色々差し替えて楽しめるんですけどね。

Xlr

 バランス化による肝心の音の変化ですが、ここまで来るとそんなに差はないんだろうと思いましたが、いやどうして、低音の伸びと分解能が随分違います。  アンバランスだと低音のかなり低い部分がゴチャと固まりになって聞こえるのですが、バランス化すると、さらに低いところまでアンプが正確にドライブし、低音のゴチャっとした音が分離して聞こえます。高音もすっきりするような気がするのですが、これは低音の影響かもしれません。  次はポータブルのバランスアンプが欲しくなりますね。ヘッドホン祭でも参考出品されてたと思いますが、上流がアンバランスでどれだけ効果があるか?  iPodでもウォークマンでも良いですから、デジタルデータをDAして、平衡で出力するポータブルヘッドホンアンプができれば、絶対買いますけどね。

| | コメント (1)

SHURE SE115 とサウンドケージPCS500II

 久しぶりにイヤホンを買いました。SHUIREのSE115。 1万円以下と安い価格帯のイヤホンですが、結構低音が豊富という噂があったので、購入して試してみました。

Dsc_1244

一応エージングは、丸2日かんほど鳴らしたのですが、第一印象と変わらず、 「低音がブリブリだけど、高音が全然出ていない」 ということでした。低音が多いのはこもっていなければ好きなのですが、この高音はなんだろう。全然ハイハットの音も聞こえないし、そのせいで、せっかく低音が盛り上がっているのに、これでは、ブリブリではなく、モコモコだ。って、擬音で通じるだろうか、、、?  周波数特性を測ってみて、なるほど聞いた通りの特性だと思いました。

Se115

 赤色が素の特性です。で、とりあえず低音を減らそうと思って、低音ダラダラ落ちのヘッドホンアンプ IconMobileに接続してみたのが、青色の特性です。 アンプの特性の通り、20Hzで10dBダウンしています。でもこれでは、急激に落ちすぎて、何をしたいのかわかりません。  それにしても、高域が5kHzくらいから急激に落ちているのはなんでだろう。ハズレを掴んだ?う~ん違うだろうな。  まあ、これでは音の好みとか以前の問題だと思う。SHUREともあるものが、こんなの出すかなぁ?  

さて、久しぶりにイヤホンの特性を取っていたのですが、以前使ったセミカスタムのサウンドケージPCS500IIのイヤチップを汎用のもの(SHUREの弾丸タイプ)に変えて、普段使いできないかと思って、やってみました。

Dsc_1245

 低音は物足りないけど、結構フラットぎみ、、、だけど、高音の特にハイハット辺りの音がシャンシャンうるさい。これも周波数特性を取ると、こんな感じ。

Pcs500ii

 中域より低いところはフラット(ちょっと低域が下がり気味だけど)な特性。好みとして、これでは低音が足りなんですよね。で、持ち出したアンプが、FireStoneのFireye1です。 このアンプの低音ブーストの特性を強い方にして繋いでみると、青色の特性に。  う~~ん、1kHz以下の特性はなかなか好みなんだけど、高音のシャリシャリがなおらない。イヤチップを変えて高音が落ちないかと試してみるけど、あんまり変化なし。  この8kHzあたりのピークは、模擬音道の長さにより共振周波数で出ることがあるのだけど、今回はシリコンチューブを短めにしたので、共振周波数はその上のピークの13kHz辺りにあります。このピークは、イヤホン本体の特性として持っているピークのようで、これがシャリシャリ聞こえる原因でしょう。  さて、どうしたものかな、、音響抵抗を入れてみようと思っていますが、それはまた後日。

追加:

後日とか言ってられなくって、試しました。

音響抵抗をいれるために、弾丸チップから、グレーのソフトシリコンみたいなものに変えて、音響抵抗の白で高域のピーク(の一つ目)を取りました。

Pcs500

どうでしょうか? う~む、もうちょっと強い音響抵抗使ってもいいかな?ま、ちょっとしばらく聞いてみよう。

追加:2009年7月3日

昨晩は結局音響抵抗をBrownにして、なんとか落ち着いたかんじです。

これ、結構いい音かもしれない。

| | コメント (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »