« 新ヘッドフォン | トップページ | CANON EOS 5D MarkII 凄いカメラじゃないですか!!!! »

マイヤーヒアリングヘルスケアのサウンドケージPCS500II その後

 昨日マイヤーヘルスケアのPCS500IIを高音シャリシャリのイヤホンと書きましたが、こんな音で、みんな納得しているわけがないし、★ビジュアルオーディオグランプリ2008 SummerでPCS500がインナー/カナル型イヤフォン部門一位なんてことはないだろうと思って、少し改造してみました。
 どうも自分の耳穴は人より大きく、マイヤーの人によると曲がり方が一回少ないとのこと。
 で、どうもシリコンに開いた音道が横の方から出ている。
 マイヤーの型を取ってくれた人は、耳穴が音道をふさがなければOKみたいに言っていたけど、通常のカナル型イヤホンをグリグリすると音が変わるように、音が通っていればいいというものではない。

 そこで、下図のように、音道を広く確保するように、シリコンの型をカットしてみた。カットしすぎると耳穴からすっぽり落ちてしまうので、注意が必要です。

Photo


 結果、グッといい音になりました。

 まだ多少、低音が少ないのと、高音がシャリつくのですが、これはこのBAドライバーの特長かなと思います。少しし長時間を長くして、少しずつカットしていくのもいいかもしれません。

 でも、これは型の取り方が難しいですね。やっぱり別に型を取って、音道を耳穴の中心になるように調整したほうがいいのかなと思います。

 良いか悪いか、今回PCS500IIがそれでもいまいちだったので、ますます、須山やUltimate Earsに行きたくなってしまいました。

|

« 新ヘッドフォン | トップページ | CANON EOS 5D MarkII 凄いカメラじゃないですか!!!! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。