« パ、パ、パ、パ、パ、パ、Perfume | トップページ | ユキヒョウの赤ちゃんたち »

iPodの低音の歪(音割れ)を治すには

iPodClassicでPerfumeを聞くときは、密閉型のヘッドフォンをつけてヴォリュームをMAXで聞いている。それでも、ライブ会場の音圧にはかなわない。

 さて、そういう聞き方をしていて、一部の曲で低音がバリバリと割れるように歪む状態が続いていた。昔のCDから録った曲はそんなことは無い。
 色々調べてみたが、どうもiPod全体にそういう傾向があるようで、特に最近のCDはレベルを上げて記録しているので、イコライザーがフラットならいいが、低音を持ち上げる設定にすると音が割れることがあるようです。

 さて、対策は、、、、

 iTuneのEQとレベルを設定して、iPodと同期すると、、、という書き込みがあったけど、これはEQの初期設定を決めることができるだけで、プリアンプの設定をいじってしまうと、プリセットのEQではなく、カスタムのEQになるので、iPodには反映されないようです。

 調べてみると、MP3Gainというソフトと、ACCGainというソフトを組み合わせて、ACCファイルの音圧を下げることが出来るということがわかりました。

 使いたいのはiTuneで使うACCファイルなので、ACCGainが必要なわけですが、実はこれはMP3Gainが必要というソフトです。具体的にはMP3GainのGUIを使って、ACCファイルのゲインを調整するACCGainを動かすようになっています。

 MP3GainはMP3GAINv1.2.5 から落とせます。インストール時にLanguageFileを有効にすることで日本語を使えるようになります。

 ACCGainはAACGain v1.7からダウンロードしてください。

 AACGainは解凍すると、AACGain.exeというのが出来るので、それをMP3GainがあるC:\Program Files\MP3Gainフォルダ(デフォルトでインストールしたとき)に入れます。
 そして、そのフォルダーにあった、MP3Gain.exeを削除するか、MP3Gain.ex_とかにリネームします。その後AACGain.exeをMP3Gain.exeにリネームします。

 さて、ソフトはMP3GainGUI.exeをダブルクリックして起動します。

Mp3gain


 このような画面になるので、音量をおとしたいAACファイルをアルバムのフォルダーごとドラッグアンドドロップします。

 「アルバム分析」「アルバムゲイン」を設定し、目標"標準"音量を設定します。デフォルトでは89dBになっていると思いますが、別の書き込みでは93dBくらいがいいと書いてあります。この値を下げるとiPodで低音をブーストしても歪みませんが、全体の音量が下がります。間を取って、91dBにしましたが、なんとか歪まずに再生できています。ただ、ちょっと苦しいところもあるので、デフォルトの89dBの方がいいかも知れません。

 「アルバム分析」をクリックして、アルバム分析を待ちます。分析が終了したら、「アルバムゲイン」をクリックして、ゲイン設定を書き込みます。なお、これは実は音楽のデジタルデータを変換するのではなく、それをPCMなりの形式に戻すときに音量を決めるファイルを書き換えているだけのようです。

 さて、Perfumeの音楽で再生が難しかった「エレクトロワールド」「コンピュータシティ」も、EQで低音を持ち上げても歪まず再生できます。

 ちなみにPerfumenのCDでは「R&B」か「HipHop」にEQを設定すると結構幸せな気分で音楽に浸れます。

|

« パ、パ、パ、パ、パ、パ、Perfume | トップページ | ユキヒョウの赤ちゃんたち »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。