« HARD OFFで掘り出し物 | トップページ | Linux(xubuntu)導入計画その2 EeePC 内蔵USB増設 »

Linux(xubuntu)導入計画その1 EeePCメモリー増設

 長女が使っていたPanasonic CF-R1というノートパソコンがデスクトップを買い与えたので、余っていました。どうしたものかと考えていましたが、PIIIの800MHzだし、RAMは256MBまでしか増設出来ないので持て余していました。

001

 古いPCを有効に使うならLinuxだろうということで、Linuxを入れてみることにしました。Linuxは一時流行った頃にデスクトップPCに入れてみましたが、当時は何に使っていいのか思いつかず、すぐにアンインストールしました。

 今回はちょっと興味があったSSD(トランセンドの16GBのシリコンディスク)を、20GBHDDと入れ替えてみることにしました。

002

 Linuxのディストリビューションは最近勢いのあるubuntuにしようと思いましたが、RAMがちょっと心細いので、デスクトップをgnomeからxfceに変えた(他にもアプリが軽いものになっているけど)xubuntuにしました。

 インストールはちょっとつまづきましたが、xubuntu7.10をインストールしてから、xubunntu8.04にアップグレードしてうまくいきました。

003

004

 ただし、、、滅茶苦茶動きがおかしいんです。マウスの動きがギクシャクすます。topで見るとxorgのcup使用率が50%を超えています。色々調べてみると、siliconmotionのドライバーのオプションでNoAccelにすると良いらしいのでやってみるとcpu使用率は数%に下がります。

005

 しかし、このオプションはビデオチップのアクセラレーターを切るもののようで、この状態では画面のスクロールなどがスムーズでなく使い物になりません。

 結局いくらググってもこの状況から回復した例を見つけられないので、このマシンCF-R1はゼロスピンドルWindowsXp専用マシンとすることにしました。

 で、代わりに手に入れたので、これ。

006

007

008


 ASUSのeeePCです。中古をYahoo!オークションで手に入れました。CF-R1と比べて一回り小さいです。

009

 WindowsXPを立ち上げた状態ですが、RAMは初期状態の512MBです。

010

011

 ところが、幸い日本のeeePCはメモリーを増設しても、保証が切れないので、A-DATAの2GBのメモリーを4300円くらいで買ってきて、入れ替えました。

014

015

 なんの問題もなく、2GBに増設できました。

016

 さて、Windowsの起動は初回とメモリー増設後の2回だけで、これからxubuntuを入れようと思います。なんでもeeePC用に作った、eeeXubuntuというディストリビューションがあるようで、これを入れてみようと思います。

 ただ、そのまま入れてもつまらないので、電机本舗の内蔵USBキットを組み入れて、USBフラッシュメモリーとBluetoothを本体に内蔵する予定です。

 そのあたりの記事はまた次回に。

|

« HARD OFFで掘り出し物 | トップページ | Linux(xubuntu)導入計画その2 EeePC 内蔵USB増設 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。