« Linux(xubuntu)導入計画その6 EeePCの画面高解像化 | トップページ | SONY デジタルフォトフレーム S-Frame DPF-V900 »

Linux(xubuntu)導入計画その6 EeePCの内蔵USBメモリーのHDD化 & RAMの仮想ディスク化

 EeePCの改造もWindowsXPでは最終段階に近くなりました。

 まずは増設した内蔵USB端子に接続したUSBメモリーのHDD化です。ソフトは電机本舗のf2dというソフトを使いました。USBメモリー増設キットを買ったので付いてきたのですが、普通は有料のソフトです。
 他にフリーでいいソフトがあるかも知れませんが調べていません。(EeePCのSDHCメモリーをHDD化するソフトはあるようですが、USBメモリーに使えるか不明です)

 いたって簡単に、HDDとして認識されるようになりました。

Img_0091

 中身としてはMy Documentsを置いたり、ProgramFilesを置いたりしています。My DocumentsはCドライブのMy Documentsの完全な置き換えになりますが、ProgramFilesはMicrosoftのソフトを中心にCドライブにインストールしないと動かないものもあるようなので、フリーソフトなどを中心にUSBメモリーに置くようにします。

Img_0092

 次は仮想ディスクの作成。

 詳しい説明は4Gamer.netを見てください。とても丁寧にかいてあります。ただし、ERAMの設定は、

Img_0095

としたほうが素直だと思います(問題があるかも知れませんが、通常この設定でみなさん使っているようです)なお、この例は仮想ディスクの要領が256MBの設定の場合です。

 結果、Zドライブとして、仮想ディスクが作られました。

Img_0093

 仮想ディスクには、Windowsのテンポラリーファイルや、ブラウザのキャッシュを置くために使います。少しは早くなるのかな?

Img_0094

 さて、これでソースネクストのウィルス対策ソフトをいれて、ひとまずEeePCのWindowsXPの設定は終わりです。

 次はeeexubuntuで立ち上げたときに、Windowsと同じようにメモリーを設定するのと、まだ鬼門で成功していないUSBのBluetoothアダプタの動作です。

 さて、こちらの方はかなり時間がかかると思いますので、ボチボチやっていきます。

|

« Linux(xubuntu)導入計画その6 EeePCの画面高解像化 | トップページ | SONY デジタルフォトフレーム S-Frame DPF-V900 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。