« 多摩動物園チーター続報 | トップページ | HARD OFFで掘り出し物 »

CANON EOS-1D MarkIII ファームアップVer 1.2.3

昨日(4月30日)キヤノンからメールが来て、EOS-1DMarkIIIのファームのバージョンアップのお知らせがありました。
内容は

=========キヤノンホームページより引用)====================

1.マルチコントローラーによるAFフレームのダイレクト選択[C.Fn III-9 に追加]
 a.Fn. III-9 の設定 3, 4, 5 により、マルチコントローラーによるAFフレームの
  ダイレクト選択(クイックコントロールダイヤルやメインダイヤルではなく)が可能になります。

  ・設定 3 では、マルチコントローラーで19点すべてのAFフレームの選択が可能です。
  ・設定 4 では、マルチコントローラーで内側9点のAFフレームの選択が可能です。
  ・設定 5 では、マルチコントローラーで外側9点のAFフレームの選択が可能です。

 b.〈露出補正/手動絞り数値設定〉ボタンと、〈AFフレーム〉ボタンあるいは〈ISO感度設定〉ボタンの
  機能入れ替  え[C.Fn IV-3 に追加]
  
  ・設定 3 では、AFポイントの選択が測光タイマー作動中にクイックコントロールダイヤルで
   できることに加え、<  露出補正/手動絞り数値設定>ボタンと、<AFフレーム>ボタンの
   機能入れ替えができ、メインダイヤルで簡単に露出補正の変更が可能になります。
  ・設定 4 では、ISO感度の設定が測光タイマー作動中にクイックコントロールダイヤルで
   できることに加え、<露出補正/手動絞り数値設定>ボタンと
   <ISO感度>ボタンの機能入れ替えができ、
   カメラをホールドしながら露出補正の設定ができます。

 c.メニューの外部ストロボ制御のストロボ機能設定で、
  〈ワイヤレス設定〉、〈ズーム〉の設定を行える*。

    * EOS-1D Mark III のみ、EOS-1Ds Mark III では既に搭載済みです。


2.極端な低コントラストの被写体におけるAIサーボAFのAF精度の安定性を向上しました。

  極端な低コントラストの被写体を連続撮影したときの、
  AIサーボAFのAF精度の安定性を向上しました。

======================================================

なかなか良い変更です。懸案だったマルチコントローラーでの
AFポイント変更がボタンを押さずにできるようになったし、
これに伴って、背面サブ電子ダイヤルでの露出補正も効かなくなっています。
背面サブ電子ダイヤルで、AFポイントも動かしていたので、
AFポイントを動かそうとして、露出を動かしてしまい、そのまま撮ってしまうことが
これまでも何度もありました。

1.a.の変更で、Fn. III-9を設定3にしておけば、今まで通り19点のAFポイントに設定可能ですし、
1.b.の変更で、Fn. IV-3を設定3にしておけば、露出補正をしたいときは、親指でAFフレーム
選択ボタンを押しながら人差し指で、メイン電子ダイヤルを回すと露出補正ができます。

昨日設定して、今日試してみましたが、マルチコントローラーでのAFポイントを動かすのが、
非常に直感的で、とても使い易くなっています。

でも、この状態でも、背面のサブ電子ダイヤルでもAFポイントが動くので、少し違和感があります。
もう、サブ電子ダイヤルに機能を割り振らなくても良かったように思います。
電源スイッチを1段階目の[ON]の位置でとめておけば、サブ電子ダイヤルが効かないので
それもありかと思います。

2のAFに関しては、まだ実感できていません。
というか、そういう不都合を感じたことがなかったので、、、
いや、あったかもしれないけど、前の機種との比較ができないので、
こんなものかと思って使っているのかもしれません。

出来れば、今度は40DにAFマイクロアジャストメント採用のファームアップをお願いしたいものです。
 

|

« 多摩動物園チーター続報 | トップページ | HARD OFFで掘り出し物 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

自分のブログでも少し書きましたが、Fn. III-9を設定3にした時にサブ電子ダイヤルでのフォーカスポイント設定を無効にしてしまうと、縦位置撮影の時に困るんですよ。使ってから気づいたのですが、マルチコントローラーでのフォーカスポイント選択は事実上横位置専用なんですよねぇ。

投稿: だぶる☆えっち | 2008.05.01 23:18

だぶるえっちさん>
それは思いましたね。立て位置では親指が届かない、、、
Fn.III-9は設定3にしておいて、
Fn.IV-3の設定を2にするのもありかな?
でもISOをご操作で動かしてしまうのも困るし。
思うに、縦位置と横位置で設定が変えられるのも良いかもしれません。

投稿: にけ | 2008.05.01 23:35

私も昨日、アップデートしてみました。
5Dの時は使えた機能だったのに?(使えましたよね?)、mk3には付いてないの?とか思いましたが今回のアップデートで使える様になり便利になりましたね。
欲を言えば45点が良かったのかなぁ。
AFについては、連休中にでも確認したいと思います。

投稿: のん | 2008.05.02 07:38

はじめまして。
いつも楽しみに拝見させて頂いていました。
愛犬(ラブラドール)をMKⅢで撮っています。
今回のファームアップは、新しいカメラを手にいれたようで、僕も喜んでいます。
さて、測光タイマー中のサブ電子ダイヤルの設定を、0の露出補正に戻せば、解決するかな?
と思って、コメントさせていただきました。
これからも、動物たちの写心楽しみにしています。

投稿: まぁ蔵 | 2008.05.02 09:39

のんさん>
AFで背景に引かれてしまうって、言ってましたよね。今回のファームアップで良くなるのでしょうか?
僕はあまりそういうシチュエーションで撮らないので、のんさんの報告を楽しみにしています。

投稿: にけ | 2008.05.02 09:40

まぁ蔵さん>
はじめまして、いつも見ていただいているようで
ありがとうございます。
サブ電子ダイアルを0にすると、露出補正が
出来るようになりますよね。
サブ電子ダイアルでAFを動かさないのでそれもありかな?
でも、露出補正とか、ISO変更とかは、なるべく誤操作を防ぎたいので、ボタン押しながらの方がいいですね。
だから、設定は3と思ったのですが、
そうすると、縦位置では使いにくい。

縦位置と横位置のセッティングが別々に出来るようにして欲しいですね。

投稿: にけ | 2008.05.02 09:46

今大阪でたこ焼き食べてま~す^^
明日は戻れるかなぁ??

投稿: ryonouske | 2008.05.05 20:12

今日、子供と自転車で遊びに行きAF試してみました。
ファーム前はワンショットでの撮影で芝生の上ではAFは人物にあせても、何故か芝生に引張られてたのですが、ファームの後からは人物にピタピタAFが気持ち良くあいました。マルチであわせても良い感じでしたね。
AIサーボはどうかなって試してみましたが、こちらも良い感じでした。
やれば出来るじゃん、キヤノンって感じです。

投稿: のん | 2008.05.05 20:53

ryounouskeさん>
いやぁ、雪猫さんから聞いたのかな?
「see you!」なんて書いてあったから、
写真の本の話が忙しくて、ブログをやめるのかと
思ってしまいました。
つい1ヶ月ほど前に、12年ほどのお付き合いの
ネッ友(女性)と音信不通になったので、
ちょっと臆病に、ビクビクになっています(笑)

大阪でたこ焼きですか、いいですね。道頓堀のくいだおれ太郎の前で売っている屋台のたこ焼きが好きですね。
昔から食べていたたこ焼きの味がします。
明日はUターンで混むようなので、気をつけて
帰ってきてください。

投稿: にけ | 2008.05.05 21:31

のんさん>
AF随分良くなったようですね。明日は天気が良いので、自動車でも撮って試してみましょうかね。
ただ、AIサーボの追従感度を変化させると今までと違って、取説通りの動きをします。
具体的には被写体追従敏感度を遅いにすると、
動物を追っていて、瞬間的に木が手前に入ったり、動物をAFポイントで追いきれなかったときも、ちょっとの間AFを維持してくれるので、またすぐに追従してくれます。
やっぱり良くなっているんだと思います。

投稿: にけ | 2008.05.05 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩動物園チーター続報 | トップページ | HARD OFFで掘り出し物 »