« 京都市動物園  | トップページ | 「もやしもん」第6巻 »

広角標準ズームの比較

 この前EF16-35mmF2.8LIIUSMを買ったので、同じような焦点距離を持つズームレンズの比較をしてみました。
 比較したのは
 A:TAMRON 28-300mm VC
 B:SIGMA 17-70mm
 C:EF16-35mmF2.8LIIUSM
 D:EF24-70mmF2.8LUSM
 E:EF24-105mmF4LISUSM
の5本で、28mmでの描写の比較をしました。
まずは画像です。開放、F4、F56で比較しています。カメラは40D、ISOはぶれないことを最優先に、ISO640で撮影しています。

    F2.8         F3.5            F4.0                   F5.6

 A:TAMRON 28-300mm VC

Hoso_2A2830035 A2830040 A2830056

 B:SIGMA 17-70mm

Hoso_3B177035 B177040 B177056

 C:EF16-35mmF2.8LIIUSM

C163528Hoso_4 C163540 C163556

 D:EF24-70mmF2.8LUSM

D247028Hoso_5 D247040 D247056

 E:EF24-105mmF4LISUSM

Huto E2410540 E2410556


 サードパーティーの便利レンズ、タムロンとシグマの比較です。F3.5の画像の左上をトリミングしていますが、タムロンの28-300mmは結構周辺まで描写がいいです。フルサイズ対応のレンズですから、APS-Cでも余裕があるのかもしれません。一方シグマの17-70mmは周辺の流れがかなり大きいです。

左:タムロン  右:シグマ

A2830035trim B177035trim

純正Lレンズの比較です。16-35mmと24-70mmのF2.8の中央部分の比較。どちらも優秀なのですが、等倍で無理してあら捜しすると、24-70mmの方が若干解像度が甘い感じです。以前から24-70mmの開放は少し甘いと思っていたのですが、そういう傾向は多少あるようです。

左:16-35mm  右:24-70mm

C163528trim D247028trim

(写真はすべてクリックすると大きくなります)

|

« 京都市動物園  | トップページ | 「もやしもん」第6巻 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都市動物園  | トップページ | 「もやしもん」第6巻 »