« 謹賀新年 多摩動物園で初撮り | トップページ | ズーラシアのレッサーパンダ »

TAMRON AF28-300mm XR Di VCとCanonの相性

 タムロンの新しい手振れ補正付きの28-300mmはキヤノンの40Dと使うと、AI-Servo時に連写速度が落ちるというお詫び?エクスキューズがタムロンのホームページでも説明されています。
 では、どのくらい連写が落ちるのか、試してみました。

 40DをMモードにして、AI-Servo状態で連写します。シャッター速度は1/200。通常状態ではレンズをつけずに測定し、タムロンのレンズをつけたときはレンズキャップをして、絞りを一番開けた状態にします。シャッターを連写して、その音を録音し、1秒間でのシャッター数を測定します。

 下の図の上側が通常状態、下側がタムロンのレンズを付けた状態です。上ではカタログ通り6.5枚ですが、下は5枚に落ちています。ヨドバシで3枚程度に落ちると言われたし、その場で試したときは4枚程度だったが、この条件での測定では5枚まで連写できました。

D40

同様に、5Dで測ってみると、元々連写が遅いためか、タムロンのレンズをつけても3枚/秒は変わりません。

D5

ではもっと連写速度の速い1DMk3ではどうか?同様に測定してみました。
通常では9.5枚くらいですが、タムロンのレンズを付けると7枚まで落ちます。
なんで、1D3に付けた時のお詫びが出ていないのか疑問です。

D1

しかし、これはレンズのファームで直るんでしょうか?
まあ、そんなに気になりませんが、直るなら直して欲しいですね。

|

« 謹賀新年 多摩動物園で初撮り | トップページ | ズーラシアのレッサーパンダ »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 多摩動物園で初撮り | トップページ | ズーラシアのレッサーパンダ »