« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

TAMRON AF28-300mmF/3.5-6.3 XR Di LD ASPHERICAL(IF)MACRO

 久しぶりにレンズの話です。

 最近、サンニッパを手に入れてから、撮影に行くのにバッグが重くて困っています。まあ、それはちゃんと写真を撮るときだからいいのですが、じゃあ、ちょっとお出かけついでに写真でもと思ったとき、かつPowerShotG9のようなコンパクトタイプじゃちょっと物足りないとき、もって行くレンズに困るんです。
 大体、そういう時は、24-105mmの出番になります。また、カメラが40Dであれば、前に買ったシグマの17-70mmもありなのですが、ちょっと望遠が寂しい。まして、5Dを持ち出したいとか思うとLレンズを持ち出すしかないのです。
 いわゆる、便利レンズの28-200とか28-300とか、APS-C用なら、18-200とか18-250ってのが、カメラ屋さんでも売れ筋です。フルサイズ対応だと28-300mmになるのですが、タムロンの有名なA06も少し物足りない気がします。
 しかし、ここに来て、タムロンから28-300mmの手振れ補正VCを採用したレンズが出てきました。雑誌の評価も良いようです。これはちょっと気になると思ってお店で手にとって使ってみました。
 使ってすぐびっくりするのが、そのVCという手振れ補正の効果です。キヤノンの標準的なものは勿論、最近のニコンの4段階相当補正のものより、ずっと像が落ち着きます。最初、望遠で店内を見たとき、あれ、レンズがどこかに引っかかって固定されてるのかなと思ったほどビタッと止まります。感覚的にシャッター速度5段階分はあると思います。
 ということで、これは使ってみようと思って速攻で購入。

 レンズを5Dに付けるとこんな感じです。

00

 このレンズ正式品名にはVCとか入らないんですが、レンズにはVCのロゴが、、、

01

簡単に歪曲を見てみました。

ワイド端

02

テレ端

03

ワイド端ではこの手の高倍率レンズの常で樽型歪が出ています。まあ、こんなものでしょう。
テレ端での糸巻き歪が少し気になります。もう少し抑えてもらえたらなぁと思います。

5Dで使ってみたので、周辺光量落ちが使い物になるかどうか?

ワイド端で曇り空。

04

それなりに四隅の光量落ちがありますが、フルサイズでこの程度なら優秀だと思います。

次にテレ端

05

ほとんど気にしなくてよいレベルでしょう。

何枚か以前D70を使って撮ったA061(タムロン28-300mm)と同じ画角で撮り比べましたが、解像度はかなり向上しています。特にワイド端の四隅の像の流れが少なく好感が持てます。
ただ、サンニッパとか70-200F2.8とかのLレンズと比べると、なんか乱視が入ったように像がボケますが、等倍で見ない分には充分使えると思います。

何枚か貼っておきます。名前の通り、結構近くでも焦点があうので、マクロ的な使い方もできます。

(下3枚の写真はクリックすると大きくなります)

06


07


08

| | コメント (4)

旭山のペンギン(散歩以外)

 旭山のペンギンは勿論冬の散歩だけではなく、種類も多いし、トンネルも有名です。
 
室内にいたフンボルトペンギン(やっぱり寒いのは苦手みたいです)

1

ジェンツーペンギンはころころしていて、可愛いです。

2

ちょっとワルの感じのイワトビペンギン

3

散歩が好きなのはキングペンギン(王様ペンギン)

4

キングペンギンの赤ちゃんは9ヶ月間もこの産毛だそうです。大きさは親と同じくらいなのに、、、

5

有名な行動展示。ペンギンの水槽をくぐる水中トンネルはこんな感じ。

6

7

8

| | コメント (2)

旭山のホッキョクグマ

 ホッキョクグマの放飼場は二つあります。一つは水中が見えるプールがある放飼場。ホッキョクグマのダイビングを見ることができます。

01

02

03

 これを室内展示のプールの中から見ると、こんな感じ。
 見事なターン。

04_2

05_2

 後姿を追いかけると、大きな足の裏も見ることできます。

06

07

 もう一つの放飼場は外にあり、アクリルのドームから人が覗き込むことができますが、それは混んでいたのでパス。この放飼場にいたホッキョクグマ、すごく美形だと思うんですけど、、、、どうでしょうか?

08

09

10

| | コメント (2)

旭山のアザラシ

 旭山動物園の名物のひとつにアザラシがあります。行動展示とかで、アザラシの通る円筒状の水槽があるので有名です。
 もぐもぐタイムに合わせて見て来ました。ゴマフアザラシ君も餌を求めて水から出てきます。

1

 餌が貰えるものと思って口を開けて待ってます。

2

 芸もするんです。お姉さんの合図でゴロンところがります。

3

 この飼育員のお姉さん、すごく綺麗な人です。ミス旭山?

4

 もちろん、トンネルの水槽も見てきましたが、レンズがもっと広角が必用でした。(40D+24-105mmではかなり離れてようやくトンネル全体が写る程度でした。それに暗い!シャッタースピードが稼げなくて、通り過ぎるアザラシは全部ボケボケでした。

5

| | コメント (0)

旭山動物園のペンギン(その2)

 とにかく一番見たかったペンギン。たっぷり見れて満足です。

 遠くからズンズン

1

 もっと、ズンズン

21

 さらに、ズンズン

3

 可愛いかな?

4

 と思ったら、

5

 意外と怖い顔じゃん

6

 だんだん、去っていく

7

 ズ ン ズ ン ズン ズン ズンズン ズンズン

8

 去っていく・・・・

| | コメント (2)

旭山動物園のお土産

 旭山動物園で過ごした2日間が夢のようです。まだ、現実に戻れていません。

 さて、今回、パック旅行で行ったので、旭山動物園の入場券が一枚ついていました。

Ticket

 で初日にこれを使って半券になってしまったのですが、二日目にはパスポートを買いました。来年の3月までで1000円です。2回入場すれば、元がとれるのですが、来年3月までに行く予定は、さすがにないのですが、まあ、記念ということで。

Passport

 1000円で1年間無料というのは安いですね。

 さて、帰りに、旭川空港で旭山動物園のDVDを見つけたので買ってきました。

Dvd

 まだ、見ていないんですよ。今度の休みにでもゆっくり見ます。ご希望者には貸し出しもしますよ。メールください。

| | コメント (0)

Canon PowerShot G9

 今使っているサブのコンパクトデジカメはフジのFinePixZ100でした(過去形)。エビちゃんが宣伝している奴ですね。まだ買って1ヶ月ちょっとしか経っていません。

 もともと、次女のFinePix Z2が壊れたので、自分で使っていたFinePix Z5を次女に譲って、FinePix Z100にしたのですが、これが思いのほか使いにくい。
 液晶が大きくなった弊害でしょうが、コントロールジョグが1個しかない。機能を設定するためのダイレクトなボタンは大幅になくなり、全部回転するジョグと、センターのボタンで決めるようになっています。

 コンパクトデジカメに多くの機能は望まないのですが、ISOや露出制御はある程度自由に出来るようになっていて欲しい。今は知らないが、以前のカシオのEXILIMなんかは十字キーの左右に、ISOや露出補正をダイレクトに割り振ることが出来て重宝したのですが、最近の機種は出来るだけ触るところを減らそうとしているようです。まあ、それだけ、カメラに詳しくない人でも、写るんですの変わりに使えるようにしようとしているんでしょう。

 で、サブカメラは、屈曲レンズ系で、素早く取れるのが条件とか、沈胴式は壊れやすいし、スタートが遅いのでダメだとか言っていましたが、この、FinePixZ100はCanon IXY Digital 20を使っている長女に譲って、自分用に、Canon PowerShot G9を買ってしまいました。

Img_4173

 比較したのは、NikonのCoolix P5100とリコーのCaplio GX-100です。GRデジタルはちょっと高いので、パス。

 小型のCoolpixも良かったのですが、PowerShot G9のマニュアル設定のやりやすさにこれを選んでしまいました。さて、どんな画が出てくるか楽しみです。

| | コメント (0)

旭山動物園のネコ科達

 旭山動物園といえば、ペンギンだったり、アザラシだったりするのですが、寒い中、ネコ科の動物もいます。ユキヒョウもいるのですが、頭の上の金網に寝ていて、肉球しか見れませんでした。
(画像はすべて、クリックすると大きくなります)

 クロヒョウ

Mk3_4150

 アムールヒョウ

Mk3_4203

 アムールトラ

Mk3_4597

| | コメント (2)

旭山動物園のペンギン(多分、その1)

 旭川からの最終の飛行機で帰ってきたのも遅かったし、旭山はちょっと吹雪いて疲れました。
 とりあえず、ペンギンの散歩の写真を2枚と、3fpsの動画(カクカク動画)にしたものを貼っておきます。

キングペンギン2題(クリックすると大きくなります。)

Mk3_4251

Mk3_4285

動画(クリックすると再生します。wmv形式)

Mk3_4374

| | コメント (0)

旭山動物園速報

旭山動物園速報
旭山動物園速報
旭山動物園に1時前に到着しました。写メ用に携帯で撮った写真なので小さいですが、速報です。
ペンギン最高!

| | コメント (2)

P905i

 携帯電話を買い換えました。
 会社支給の社用携帯をP905iに、私用携帯をW54Tに変えました。今日はP905iのカメラの話です。

Dscf0102

 最近のドコモは一時のauのように機能豊富です。これで巻き返しを狙っているのでしょう。また特徴としてブラビア携帯とかアクオス携帯とかWOO携帯とかビエラ携帯とか、知名度の上がっているAV機器の冠を持つものが多いです。
 そんな中でauのカシオはエクシリム携帯でカメラ機能を歌っています。500万画素の画質で携帯最多画素数を誇りましたが、今度のP905iも500万画素です。
 しかも、カシオとパナソニックの携帯のCCDは同じもの。画像処理担当者としては腕がなるところです。

 まあ、評判は世間に任せるとして、こんな感じの画ですよいうことで何枚か貼っておきます。
 1枚目はマクベスチャート。
 照明が蛍光灯だったので、ホワイトバランスがちょっとずれていたのでフォトショップでホワイトバランスをいじりました。蛍光灯は色再現が難しいのですが、ホワイトバランスくらいはちゃんと取って欲しいなぁ。

P1000024
(クリックすると大きくなります)

 色再現はなかなかいい方だとおもいます。一番の自慢はノイズ低減回路に凝ったものを入れているところです。携帯のカメラで500万画素ということで、等倍での切れよりも、縮小表示やLサイズプリントでの綺麗さを狙って、ノイズを減らしています。いい狙いだと思っています。デジタル一眼とは違うんですからね。

 もう一枚フィギュアを撮ってみました。さすがにこの画だとホワイトバランスを取るための白色がないので、ホワイトバランスはかなりずれていました。でも背景がグレーなので、なんとかしたいですね。
 ホワイトバランスと、コントラストを調整(暗い感じにした)したものです。

P1000022_2
(クリックすると大きくなります)

 あとの2枚は、手に入れたその日に撮った、ららぽーと横浜のクリスマスイルミネーション。リサイズ以外いじっていません。携帯のカメラでこれだけ撮れたら、まあ、充分じゃないでしょうか?

P1000009
(クリックすると大きくなります)

P1000011
(クリックすると大きくなります)

 そうそう、この機種を買ってから初めてBluetoothでPCと連携させました。(ワイヤレスキーボードのBluetoothアダプターがPCに刺さっていたからということもありますが)
 ワイヤレスでPCからダイアルアップ出来るのは便利です。モバイル機器にBluetoothが付いていれば、携帯をポケットにいれたまま、通信ができます。まあ、料金のことがあるので、そんな使い方していたら大変ですが。
 安いPC通信での定額制が出たら、便利だと思います。スマートフォンのような中途半端なものを持つより、電話は電話として使えるのでいいような気がします。

| | コメント (14)

クリスマスのイルミネーション

 最近、個人宅でもクリスマスイルミネーションをするところが多くなってきました。数年前、横浜のたまプラーザ周辺の豪邸で流行ったのをテレビでやっていましたが、今は結構どこでも見れます。

 車で走っていて、娘と網で捕らえられたサンタクロースを見つけました。今日また通りかかったので、写真に撮ろうと車を停めて近寄ったら、ハンモックで寝ているという設定なんですね。そりゃ、なんでサンタを網で捕まえるのかということですね。

Img_3377x

| | コメント (3)

ズーラシア

 オランウータン
 両手に葉っぱとバナナ、足にコップを持ってご機嫌そうです。

Mk3_3346

 スマトラトラ
 朝ごはんの骨付き肉にかぶりつき

Mk3_3395

 フランソワルトン
 哲学的な表情。どこから食べるべきか?

Mk3_3470

 ゴールデンターキン
 角の模様まで良く見えます。

Mk3_3528

 レッサーパンダ
 ズーラシアではなかなか会えません

Mk3_3559

 ユーラシアカワウソ
 何怒ってるんでしょう

Mk3_3589

 ニホンザル
 寒さに弱いのでしょうか、よく寄り添っています。

Mk3_3772

 キンシコウ
 もう、後3週間ほどしか見る時間がありません

Mk3_3685

 キンシコウが中国に帰るので、記念のピンバッチを配っていました。2個ゲットしました。

Kinnsikou

 キンシコウのお別れのポスター

Poster


| | コメント (0)

ズーラシアのオランウータン

 EOS-1D MarkIIIも直ってきたので、ズーラシアに試し撮りに行きました。動いているスマトラトラや、ユーラシアカワウソやヤブイヌをAI-Servoで撮ってみましたが、あんまり前と変わりない感じです。アメリカの方の最初の騒動では、気温が高くないと不具合が発生しないそうなので、今の季節では分からないのでしょうね。

 さて、ズーラシアの動物も、涼しくなってきて動きが活発です。特に夏の間、小屋の下や、室内との出入り口付近の日陰(お客からはよく見えない)で一日中寝ていたオランウータンが朝から活発に餌を食べていました。まるで、多摩のオランウータンのようでした。

 今日は少し遊んでみました。(クリックして大きくしてみてください)

Utann

| | コメント (0)

EOS-1D MarkIII修理から戻ってきました。

 例のAFの問題から修理に出していた1DMarkIIIが修理から戻ってきました。

Shuuri

 まあ、修理前からAI-Servoで連写時にAFが外れるという現象に出くわしたことがないと思うので、何なのですが、修理伝票見ると、症状が再現するようですね。
 ネットの噂では、問題ない個体は修理せずに送り返すといっていたのですが、どうなんでしょう。
 しかし、部品の交換とかではないのですが、それでいいのでしょうか?よくわかりません。

ま、ちょっと使って、変化があったか報告します。

| | コメント (2)

めずらしく京都へ2泊出張

 横浜、京都(大阪)の出張はかなりありますが、たいてい会議があるだけなので、日帰り出張です。新幹線も随分早くなったし便利なのですが、宿泊出張が減ったのは残念です。
 今回は4日、5日と一日催しがあるので、3日の夕方から2泊の出張でした。
 3日に京都に着き、やることがなかったのですが、京都タワーと駅ビルのクリスマスツリーを撮ってみました。京都タワーは駅ビルのガラスに反射しているところを撮ったのですが、フォトショップの「ガラス」の効果を付けてみました。

Img_3775


Img_3783

 翌日は10時から催しがあるので、朝6時に起きてまずは清水寺へ(TAXIで)。

 まだ6時半の清水の舞台。常連さんが何名かいるようです。空は明るくなってきているのですが、東山の西側に位置する清水寺はなかなか太陽があたりません。

Img_3788

 少し明るくなってきて、清水の舞台からの景色。

Img_3796

 逆に清水の舞台を望むとこんな感じです。

Img_3825

 紅葉を期待して行ったのですが、1週間遅かったようです(タクシーの運ちゃんいわく)。紅葉も赤というより、枯れて茶色のものが多かったですが、たまにまだ赤い紅葉に出会えます。

 Img_3859

 さて、清水寺をあとにして、東福寺へ。これまた京都の紅葉の名所です。でも、やはり1週間遅いといった感じです。落ち葉が赤でなく、茶色でちょっと汚い感じ。もちろん真っ赤な葉の木もあるのですが、そういう木を選ばないとダメです。
 東福寺の写真を貼っておきます。

Img_3868

Img_3870


Img_3874


Img_3877


Img_3878


Img_3886


Img_3888

(写真はどれもクリックすると大きくなります)

| | コメント (4)

DOMKEのバッグ

 2泊3日の出張で、行きはお気に入りのDAKSのボストンバッグだけで行ったのですが、帰りにはなぜか、DOMKEのカメラバッグF6が増えていました。
 行きはカメラ用のインナーを入れて、なんとかバッグに詰め込んだのですが、お土産の生八橋を初日の夜の買ったら、かばんにはいらなくなりました。幸い、京都駅前のホテルだったので、ビックカメラ京都店で安いカメラバッグ(40D+EF24-105mm+SIGMA12-24mmが入るもの)を探していました。まあ、安いといったら3000円くらいからあったのですが、それ以後使うかと言うと、なんか恥ずかしくて使えないようなものばかり。ちょっと高いものもいかにもカメラバッグといった形で(Loeproとかf64とか)そういうのは持っているし、と思ってみていると、ドンケのバッグがショーケースの中に(町田ヨドバシもそうだけど、ドンケとか高いバッグはなぜか、ショウケースの中に飾ってある)あるではないか。
 出してもらってみたのだけど、中の「田」の字型の仕切りが使い勝手悪そうで他のを探し出したのだけど、やっぱり一度はドンケ!ということで、ドンケF6買いました。勿論サンドカラーです。
 狭いと思った「田」の字型の仕切りも、太い12-24mmレンズもなんとか収まりました。70-200以上の望遠を持ち出さないときは(そしてボディが一個のときは)これもなかなか使いやすそうです。
 しかし、これでバッグは何個目だろうか?10個以上は確実で、使わないで捨てたものとか、ニコンのトートのように通勤にもつかって、使い古されたものもあります。でも最近はLoeproとf64が多くて、やっぱりいいものはいいんだなぁと思っていたところです。DONKE F6もきっと期待に応えてくれると思います。

Dscf0096


| | コメント (2)

11月30日ズーラシア

 先週金曜日にズーラシアに行ったときの写真の残りです。

 鳥は普段あまり撮らないで通り過ぎてしまうのですが、先日はちょっとだけ撮ってみました。

Img_3655_2

Img_3656_2

 この日は天気予報が外れて雨でした。折角休んだので無理して行きましたが、人が少ない。サル山のニホンザルも岩肌のくぼみに集まって、雨宿りしていました。

Img_3610_2

 久々のウンピョウ。動き回っていて、撮るのが大変です。木の上で休んでいてくれるといいのですけど。これはそんなに大きくないので、子供の方だと思います。随分大人っぽくなったものです。

Img_3517_2

 ズーラシアのレッサーパンダは、アクリルガラスところの寝床で寝ているか、奥の方に隠れていることが多いので、普段は食事中じゃないと見れないことも多いです。レッサー撮るなら多摩がいいなと思います。

Img_3667


| | コメント (2)

丸い謎の物体

 ズーラシアで不思議な丸い物体を発見。動物園好きな方にはすぐわかるでしょう。こんなに綺麗に丸になるなんて器用なものです。

Img_3632

 この日はすごく動きが活発で、やっぱりカンガルーの仲間なんだなと思わせる後足でのジャンプを見せてくれました。正解はセスジキノボリカンガルーです。

Img_3577


| | コメント (0)

オットセイの流し撮り

 ズーラシアでミナミアフリカオットセイを撮ろうと思ったら全然水から出てきません。しかたなく、アクリルの窓から水槽の中のオットセイを撮ってみました。
 結構凄い速さで泳いでいるので、どうしても流し撮り気味になります。

Img_3637

 どうせ流し撮りになるなら、もっと流してやれとシャッター速度を遅くして挑戦しますが、滅茶苦茶歩留まりが下がります。なんとか見れるのもこんなもんです。

Img_3646

モータースポーツとか、飛行機で流し撮りながら、ぴたりと止まってばっちり解像しているのを見ますが、難しいでしょうね。一度やってみたいのです。


| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »