« とりあえずレンズ購入報告 | トップページ | もやしもん4巻限定版 »

CAPAオリジナル自由雲台

 三脚、一脚もバッグと同じで、ついつい衝動買いしてしまうアイテムです。一脚は、カメラ直付けでなく、自由雲台を付けて使うほうで(プロは直接カメラやレンズを付けるようですが、カメラを水平に保って撮りやすい良いポジションが得られるからだと思います。素人はスポーツ撮るにも普通はスタンドや2階席から俯角を付けて撮らないといけないので雲台は必須です)、また三脚にも3ウェイ雲台より自由雲台の方が好きで付けているので、自由雲台の数は必然的に増えてしまいます。
 ちなみに、3ウェイ雲台はハスキーの3Dを好んで使っています。雲台の止まりの良さは抜群です。ただし、被写体を追いかける事が多い場合は自由雲台の方が使いやすいです。3ウェイを使うのはマクロでじっくりとる場合が多いですね。
 で今手元にある自由雲台を並べて見ました。

Dscf0101w

 手前の列の左側2個は、ベルボンのPH-353で小型の安い三脚と一脚に付いて来た物です。今黒い方はマンフロットの一脚に付けて使っています。金色?の方は、ベルボンULTRA LUXi SFについていたもので、そのまま使っています。この三脚は小型なので家族旅行とか、出張とかにカバンの中に入れてもって行く用途に使っていますが、標準ズームくらいにしか対応できません。

 前列一番右は、ベルボンのQHD-61という雲台でこれはSLIKの一脚に付けて使っています。普段持ち出す一脚はこれです。自由雲台としては小型ですが、一脚で使う分には、望遠ズームでも使えます。

 後列左は、ケンコーのFP90です。動きがスムーズなのがケンコーの自由雲台のいいところです。これはベルボンのエルカルマーニュ540につけて使っていて、比較的軽装備時に使っています。望遠ズームでしっかり止めようとするには少し辛いので、標準ズームとかマクロ用に使う事が多いです。

 後列中央が今回買った、CAPAオリジナルの自由雲台COG-60ZS。これはもう凄いの一言です。ボール部分の回転のスムーズさはケンコーやSLIKのものも上回ります。作りもしっかりしていて、雲台上部に金属が埋め込まれていて剛性を保ちます。望遠ズームでしっかりブレを押さえたい場合にはばっちりです。ベルボンのネオカルマーニュ740三脚との組み合わせは、普段一番良く使う組み合わせです。

 後列右は、SLIKSBH-550というSLIKの自由雲台で一番大きい?タイプです。三脚もベルボンネオカルマーニュ830という馬鹿でかい三脚につけていますが、これはほとんど持ち出す事はありません。まあ、そのうち使うだろうと売らずに取っています。近場で鳥を撮るときや月を撮るときに使ったくらいです。鳥を本格的にとるようになったら、この三脚も出番もあると思います。

 今欲しいのはビデオ雲台です。鳥撮り用の望遠レンズか、フィールドスコープを手に入れたら、是非購入したいと思います。

|

« とりあえずレンズ購入報告 | トップページ | もやしもん4巻限定版 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

いや~すごいラインナップですね~。

投稿: yama@muteki | 2007.01.01 02:43

でも実際に雲台だけかったのは4個だけです。望遠をつけようと思うと、どうしても大きな雲台が必要になりますよね。サンニッパなんか、大変そうですね。

投稿: にけ | 2007.01.07 20:09

にけさんのblog、とても勉強になるので、ちょくちょく拝見させていただいています。

CAPAの自由雲台、欲しくなってきました~(^^

投稿: naka | 2007.01.07 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえずレンズ購入報告 | トップページ | もやしもん4巻限定版 »