« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

上野動物園とズーラシア

 先々週の土曜日に上野動物園に行ってきました。写真を撮り始めてから初めての上野動物園です。記憶ではもっと大きかった覚えがあるのですが、意外とこじんまりしているんです。もう随分以前にパンダを見るのに行列した覚えもあるのですが、今はパンダも1匹だけですし、並ばずに見れます。時代の流れですかね。
 上野動物園の好きなところはゴリラが多くいるのと、カバがいるところ。ただ、ゴリラはいつの間にかアクリル越しにしか見れなくなってしまっていました。最近、アクリル越しに動物を見せるところが増えているようですが、写真を撮る身としてアクリル板の汚れや、表面での反射があって、綺麗にとれないので好きではないです。まあ、わがままでしょうけど。

 先週はズーラシア。普段はいつも水の中を泳いでいて写真にならなかったフンボルトペンギンが水から出て日向ぼっこしていました。これは珍しいです。もっと珍しいのはセスジキノボリカンガルーが地面に降りていた事。いつも木の上の小屋に入っていて暗くて上手く撮れなかったのですが、初めて全身をみました。またキンシコウも活発に動いていて、子供のキンシコウの姿もよく見えました。
 夏の暑い盛りや冬の凍える寒さと違って、今頃の季節は動物もすごしやすくて活発に動くみたいです。時間があれば一つの動物の前でもっとじっくり構えて撮影したいです。

 上野とズーラシアから何枚か貼っておきます。(写真はクリックすると大きくなります)

Img_2028 Img_2032

Img_2052 Img_2087

Img_2086 Img_2142

Img_2090 Img_2167

| | コメント (2) | トラックバック (1)

PS3にUSBワイヤレスキーボードを繋ぐ

 PS3でトロのソフトがダウンロードできると聞き、早速やってみることにしました。その前にPLAYSTATION Networkに登録しないといけないのですが、結構入力が面倒なのでUSBキーボードを繋ごうと思ってさがしていました。どうせ買うなら、無線で出来ないかとサポートに聞いてみると、ハードは対応しているので出来るはずだが、ソフトは順次公開するとのこと。でも口ぶりではなんか出来そうな雰囲気だったので、専用のドライバーをインストールしないと動かないようなクセのあるものではなく、Windows純正のドライバーで動くものならなんとかなるんではないかと人柱を買って出ました。
 しかし、どうせ買うなら小型で持ち運びのしやすいものがいいし、インターネットで遊ぶとき用にポインティングデバイスも欲しいので、ポインティングデバイス内蔵のキーボードを探してみました。
 見つかったのが、株式会社ミヨシのワイヤレストラックボールキーボード24G-TKB/01という機種。トラックボールだけど、小型で使い勝手が良さそうでした。ヨドバシに在庫があるのを確認して会社の帰りに買いにいきました。探してみると、もう1機種ジョイスティックの付いたワイヤレスキーボードもありましたが、ミヨシの製品はドライバーがなくてもプラグアンドプレイで動くとのことなので、思い切って買ってみました。
 ものは、これ。

Dscf0282w

 PS3のUSBポートに挿して、ブラウザを立ち上げて、URL入力画面にしてキーボードを叩いてみると、なんとすんなり動くじゃないですか。おそるおそるトラックボールを動かしてみると、これも動きます。

 なんか拍子抜けしてしまいましたが、実際には動かなかったら手のほどこしようがなかったので、ラッキーでした。
 PLAYSTATION Networkに登録してトロのソフトをダウンロードしてやってみました。懐かしい感じでしたが、トロが妙にリアルに立体なのと、部屋の畳の目が細かく書き込まれているのに感心しました。
 しばらく面白いソフトが出そうにないので、しばらくこれで遊んでみる事にします。

(ちなみに、子供の名前でサブアカウントを取り、トロのソフトをダウンロードすると、別の設定が保存されました。アカウント一つにソフト1本無料で落とせるみたいです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3来ました。

 本日、PS3が届きました。早速セッティングして使ってみました。

4

 セッティングでネットワーク設定に苦労しました。まあ、ネットワークを使うゲームは今のところやる予定無いのでいいのですけど、気になりました。
 本体にリッジレーサーのソフトを入れると、まず最初にファームウェア1.02へのアップデートをやらされます。おいおい、新製品だろうと思ったのですが、まあ、指示されるままにアップデートしたわけです。
 で、ネットワークの設定で、どうしても外部に接続出来ない。しかたなく、サービスに電話したらお姉さんが、「アップデートしてもらえば直るという報告があるので、やってみてください」と来た。でもネットワークには繋がってないのにどうやってアップデートするの?と思ったら、メモリーカード(CF、SD、MSが使える)にPCからダウンロードして、本体に挿してアップデートできるとの事です。
 結論から言うと、それでインターネットに繋がるようになったのですが、同じ症状の人はどうしているんだろうということが気になりました。
 PCなどでダウンロードする環境がない子供たちはどうするんでしょう。それに、20GBモデルはカードスロットがありません。一体どうやってアップデートするんでしょうか?多分ディスクでの供給とかがあるのだと思いますが、なんか最初から味噌つけた感じです。

 で、ゲームは「リッジレーサー」と「GENJI」だけしか買っていません。実はそんなに欲しいソフトがあるわけではなかったのですが、これでFFXIIIとかが出る事が決まってから本体を入手しようと思っても絶対まだ品薄状態だと思うので買えるときに買っておこうということでした。
 
 PSは初代も「リッジレーサー」がキラーソフトの一つでしたし、PS2のときも、発売と一緒にリッジレーサーが出たと記憶しています。今回もリッジレーサーが同時発売ということで、まあ画の綺麗さを見るにはいいソフトだと思います。実際、動きとかコントロールの具合とかは初代からそんなに変わってないので、いかに細かい描写をリアルタイムに行えるかと言う、ベンチマークソフトみたいなもんですね。

 テレビREGZA 37Z2000(なんでAQUOSじゃないのというのはまた書きます)とはHDMIで1080pの解像度で繋がるので、実に綺麗です。今までのゲームとは雲泥の差があります。

2_1

3

 ただ、使い勝手がちょっとややこしいです。電源オンでソフトを入れればOKと言うわけではないようですし、設定も結構複雑でした。USBキーボードとマウスが繋がるので、居間用インターネットサーフィン環境を作ろうと思っています。

 Bluetoothのコントローラーは便利ですが、多分本体を電源OFFしているときには充電できないんだろうし、充電関係ではちょっと使いにくいかもしれません。

 Wiiとの争いが面白いところです。Wiiは今のところ買う予定はないんですけど、描画能力や処理能力の低さを任天堂の奇策で挽回してくるか楽しみなところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テレビとレコーダー修理にきました。

 液晶テレビと、HDレコーダーの両方で、BS-iとBS-ASAHIが入らないことを以前書きました。どちらも同じ症状で壊れるのはおかしいということで、アンテナや電波の具合を疑っていました。

 本日シャープから修理の人がきました。現象を確認して、アンテナからの電波の強度を測定して、問題ないことを確認したけど、BSの1チャンネルの電波のノイズが少し多いということで、屋内配線かもしれませんと言っていました。

 とりあえず、今度HDレコーダーを新品交換して、それで直ったらテレビも交換しましょうということになりかけたのですが、「さっき車にレコーダーが積んであるって言ってましたよね。それで、受信するか確認してもらえませんか?」とお願いしてみました。わたしも電波状況が悪いのではと思っていたので、他の機械でも同様の症状なら、屋内配線をチェックしないといけないと思っていたのです。
 その修理の人も、これは電波のせいだから、レコーダー持ってきても変わらないから面倒だと思っていたふしもありましたが、しぶしぶ、車にレコーダーを取りにいってくれました。
 早速セッティングし、アンテナをつないで、テレビの外部入力に入れると、、、、、なんとちゃんとBS-iもBS-ASAHIも綺麗にはいるし、電波強度のチェックでも問題無しでした。
 「でましたね、、、、」とわたし。修理の人もちょっと言葉に詰まったあと、「テレビもレコーダーも新品交換させてもらいます」だって。
 でも、原因は不明。修理の人も「まだ、故障だと納得できないところもあるんですけど」って言ってました。特定のチャンネルだけ壊れるのも滅多にないのに、それが、テレビと、レコーダーとなればねぇ。。。
 まあ、来週交換機が来たら全てわかります。

 これで、わたしの「不運伝説」にまたひとつあらたな伝説が加わるのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キヤノン大撮影会in東京

 キヤノン主催の撮影会イベントに参加してきました。今までコンパニオンとかは撮ったことがあるのですが、こういう撮影会で女性ポートレイトを撮るのは初めてです。会場がこどもの国と自宅から近いことも参加する気になった要員だと思いますし、こじんまりとした撮影会にいきなり参加するのは敷居が高いので、こういう大きなイベントで慣れようと思った次第です。

 会場について(駐車場が心配だったので、受付1時間も前に付きました。)受付をすると、こんなシールを服にはってくれました。0
でも、実際には、シールがなくても撮れるような状況でした。
参加者も非常に多くて、開園前には一般客より多くの人が並んでいる状況でした。開会式直前に撮った参加者の人たちですが、この倍くらいの人が画面外にいます。

1_1

 さて、撮影会ってどんな感じで撮るのか、全くの未知数でした。レンズはどのくらいのがいるのかとか全然わかりませんでした。実際には女性をこんな感じで囲んで勝手にバシャバシャやるだけです。

2

 参加者の半分くらいは、定年を迎えたご老体の方たちなのですが、これがまたモデルに注文つけるのが上手いんです。ポーズの注文もつけるし、目線を要求するし。こちらはそのおこぼれで写真を撮っている感じです。

 まあ、でもなんとか無事に午前の部1時間15分、午後の部1時間45分を終える事ができました。30D、5D両方で、750枚撮りました。午前の部で、4GBCFも半分以上使う状況だったので(RAW+JPEGで撮ったのでメモリーを喰いました)、早速P-5000が役に立ちました。

 初めての撮影会だったのですが、750枚も撮れば、なんとか様になる写真もあるのですが、それでも「ただ画面を切り取った」だけにしかなりません。ここから、ただ切り取っただけではない「何か」を表現するのは、かなり勉強がいりそうです。

 何枚か写真を貼りたかったのですが、「モデルの肖像権の関係」でホームページへの掲載が禁止らしいので、肖像権の問題のないおふざけの写真を貼っておきます。

3_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NATIONAL GEOGRAPHICのカメラバッグ

 カメラバッグを買いました。以前から通勤時にデジ一を入れて使っていた、ニコン製のトートバッグがヨレヨレになってきたのと、キヤノンにシステム変更したのに、ニコンのバッグを使っているのも気がひけたということもあります。でも、このニコンのバッグは大きさがちょうどお気に入りで、本体に標準ズームを付けて縦に入れる事ができるし、望遠ズームも縦にいれることができます。
 これに近い大きさのバッグを探していたのですが、なかなか見つからずにいたのですが、そんなときネットで見つけたのがNATIONAL GEOGRAPHIC製のショルダーバッグです。大きさがニコンのバッグに似ているので買ってみることにしました。
写真はニコンのバッグ(左)とナショナルジオグラフィックのバッグ(右)の比較。2枚目、3枚目は商品タグ。

03

01

02

 外には大きめのポケットがついています。ペットボトルを入れる場所がないので、ここに入れてもいいかもしれません。

04

 そこを開くと、しきりがあります。カメラを入れる事を考えると、埃防止にはいいかもしれません。

05

 前面を開けたところには大きめのジッパー付ポケットがあります。小物を入れるのに便利です。通勤時には、iPodや携帯ラジオや電子辞書など入れるのに使えそうです。

06

 中しきりを開けると、カメラ用のクッションや仕切り板が見えます。

07

 カメラを色々入れてみたところ。大口径標準ズームを付けたボディは、カメラ用クッションに縦に入ります。標準ズーム付ボディと望遠ズーム2本(三脚座+フード逆付け)も入ります。ズームレンズ付ボディ2台入れる事も出来ますし、70-200F2.8を付けたボディも縦に入れる事ができます。収納力はニコンのバッグと同等ですが、全体の作りの丈夫さはこちらの方があります。
 欠点は、バッグのふた部分を止めないで握り手を持てない事。ふたをきちんと止めてからでないと、口がガバッと開いてしまいます。ニコンはトートだったので、口をあけた状態でも握り手部分で持ち運べたので、そこが少し残念です。
 でも全体的にとても気に入っているので、早速明日の出社から使おうと思っています。

08

09

10

11

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »