« 2ちゃんねるの話題 | トップページ | 30Dピント調整から退院。結果は? »

プリンタ用紙比較Part2

 Canon Pixus iP7500のプリンターとプリンタ用紙の相性(色再現)の記事を書いたのが、9月23日。そのときに、電子マクベスチャート(マクベスチャートの色再現を忠実に電子化したチャートデータ)を、エプソン エクリプス、フジ画彩写真仕上げPro、キヤノンプロフェッショナルフォトペーパーの3種類で印刷し、2週間放置(特に照明にはあてていない。)して退色を含めた色再現をみることにしました。
 チャートの色が付いている部分はかなり彩度が高いためかそんなに色再現に差はなかったですが、グレースケールの部分は随分色合いが違ってきました。

Paper_1_1
(スキャナーの関係で明るい部分は飽和しています。また実際の見た目に合わせるために多少色補正しています)


 エプソンはかなり黄色から黄緑色に印刷されます。時間が経つほど変色が激しいようです。
 フジは印刷直後はニュートラルっぽいのですが、時間が経つと、若干緑色に変色します。
 キヤノンは印刷直後は若干赤っぽいものの、時間が経つとニュートラルな色合いになってきました。

 これだけみると、キヤノンの紙が一番相性がよく、次にフジ、エプソンはちょっと使うのがためらわれるほど着色するようです。
 ICCプロファイルで色再現を補正しているわけではないし、プリンタドライバーは当然キヤノンが純正の紙に合わせているだろうから良いのだろうと思います。
 
 前回印刷して比較したディズニーシーの写真も、時間が経つと、フジの紙も少し緑っぽくなって、赤みが強かったキヤノンは段々ニュートラルになってきたようです。

 やっぱりプリンターには純正用紙ということなのでしょうね。

|

« 2ちゃんねるの話題 | トップページ | 30Dピント調整から退院。結果は? »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
用紙の退色性等についての感触ですが
もうじき 色々な用紙について そのあたりの
結果を数値情報として公表する予定です。

用紙というより まずインク特性の方が、大きいようにも思うので、そのあたりをどのようにまとめようかと思案しています。

プリンタの色を評価する時には、
やはり固有のプロファイルを作成してからでないと、プリンタのばらつきもある為、客観的評価には、なりづらいと思います。

----
別件ですが
EOS30Dのピント調整の記事 拝見しました。
メーカにきちんと対応させたのは 良いことです。
但し ピントと言っても
画像中央は良くても 画像の左と右で
ピント精度が違っていたりもしますので
そのあたりも 評価対象にされた方が
良いのではないでしょうか。


投稿: フェッテ | 2006.10.12 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42319/12219633

この記事へのトラックバック一覧です: プリンタ用紙比較Part2:

« 2ちゃんねるの話題 | トップページ | 30Dピント調整から退院。結果は? »