« プリンタ用紙比較Part2 | トップページ | やっと買った薄型テレビ »

30Dピント調整から退院。結果は?

 先週幕張のキヤノン東日本修理センターに預けた30D。後ピンでの修理はなんと5度目です。今回はいくら調整してもらっても直らないので、思い切って「前ピン気味に調整」をお願いしてきました。
 本日修理から戻ってきて、さて、どんなものだろうかと、わくわくどきどきで試し撮りしてみました。まずは晴天の屋外で試し撮り。花を狙ったら、花にきちんとピントが来ています。解像感も以前よりよい。木を取ってみると、中央の中央AFポイントにある葉っぱにピントがきていて、前後の葉っぱは綺麗にボケています。意地悪テストともいえるアスファルトの路面を斜めから撮った写真を見ても、中央位置にピントが来て手前と奥が同じようにボケます。こういう路面を撮ると、中央がピントの合っている被写界深度の端っこで、それから奥行き方向でピントが合っていました。それが狙った位置でジャスピンになるのは気持ちいいです。

 しかし、屋外の自然被写体では確実なことはわからない。特に、色温度の高い室内蛍光灯でこれまでも散々な結果であったから、家に帰ってからチャートで調整前後の比較をしてみました。

 左の写真は調整前。チャートの中央から上が手前側、下が奥側になる(写真を回転してます)。中央では少しボケていて、線を見てみると奥側でジャスピンになっています。蛍光灯だからというキヤノンの言い分だが、こういう風に写ると、屋外太陽光でも後ピン気味になります。

 右の写真は調整後。チャートの中心部分より、手前でも奥でもピントがあっているように見えます。また中央部のチャートの解像度が随分良くなったように見えるが、これはピントが来たからだと思われます。

 
Img_0924t Img_1049t


 明らかな差は写真でもわかるけど、データーで確認しようと、以前やった中央の線を手前から奥行き方向に抜き取って振幅をグラフにしたもので比較してみました。

 上が調整前。振幅のピークは数字の1あたりにあり、ジャスピン位置が奥にずれていることがわかります。これはピントのずれとして、約7mmくらい後ピントいうことになります。この写真は70-200mmの200mmF2.8で約2m離れたところから撮った写真です。2mで7mmの後ピンということです。

 下は調整後。振幅のピークは中央チャートをはさんでその前後にあり、ほぼジャスピン、あるいはほんのわずか後ピンかもしれない程度に見えます。被写界深度は手前と奥で1:2になるので、奥の方が振幅の落ち具合が少ないのは理論どおりです。

Img_0924w

Img_1049w

 今まで鬼門だった屋内蛍光灯照明下でのチャート撮影もクリアできるほどピントが合っている。屋外でも問題なし。ということで、ほぼ満足いく調整になりました。ただ、ピントのばらつきというのが、5Dより少し大きいようにも思いますが、ばらつきの中心値がジャスピンなのと、ばらつきのもっとも寄ったところでピントが合うのとは全然安心感が違います。

 気になるのは、前ピンにして欲しい、と言う要望に対して、やっとジャスピンになったということです。どうもハロゲン照明の3000ケルビンくらいでしか調整できないので、色温度によるピントのズレが解消できなかったのでしょうか?

 しかし、これで当分ピントを気にせず写真を撮れそうです。
 今回直ってこなかったら、1DMarkIINを買おうと思っていたのですが、どうやらしばらく30Dで行けそうです。1D系の後継機の噂もあるので、出来ればそれまで様子をみたかったので助かります。

 
 

|

« プリンタ用紙比較Part2 | トップページ | やっと買った薄型テレビ »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

いろいろノウハウがたまってますね^^。すごい。

投稿: yama@muteki | 2006.10.11 22:53

にけログさんよかったですね^^

投稿: ごんべい | 2006.10.12 00:09

しかし、前ピンに調整してジャスピンのAFってどうなんですかね(笑)
欠陥を相殺し合ったのでしょうか・・・?

投稿: ジュン | 2006.10.12 11:18

YAMAさん>
こんなことでノウハウ貯めたくないですよね。AFはNikonが圧倒的に優れてますね。今考えをまとめているのですが、おそらく、AFの合焦アルゴリズムが違うのだと思います。

ごんべいさん>
やっとという感じです。
今度は個々のレンズの粗が気になりそうです。

ジュンさん>
相殺したのでしょうかね?30Dは色温度によるAFのズレがあるというのが持論で、低い色温度で調整されると、太陽光とかで後ピンになるのは仕方ないのかと思っています。2800度A光源で前ピンになるかどうかは、また時間があるときに確かめてみます。

投稿: にけ | 2006.10.12 12:34

おめでとうございます。これで安心して使えますね。
今回、調整はレンズをいじらずにボディ側だけなさったのですよね? 私もレンズがたくさんあり持って行くのが大変なのでボディだけでもやってもらおうかしら。
ちなみに私の30Dは前ピン傾向です。個体によって違うのでしょうか。

投稿: taka | 2006.10.12 22:52

いつも参考になる情報をありがとうございます。根気よくメーカーに出せばきちんと直ることがよく分かりました。
私もEF50mm F1.4 USMで外れレンズを引いて困っています。3ヶ月近く修理センターを行ったり来たりしています。今回はこのレンズを5Dに付けて撮った写真を送り修理に出しています。
実際の画像は、http://www.imagegateway.net/a?i=w7wgNayCLq
です。絶対レンズがおかしいと思っています。
私も、納得いくまで直してもらいます。

投稿: ピノ | 2006.10.13 09:48

takaさん>
前ピンの個体もあるでしょうね。どうしても納得できないなら修理に出すのも手だと思います。

ピノさん>
写真拝見しました。といっても最初の新聞の写真2枚だけですが。
これを見る限り、充分な性能に思えますが、どういう点がご不満なのでしょうか?画面中心付近にピントは来ていますし、解像感も充分だと思います。もっと他のところでしょうか?

投稿: にけ | 2006.10.15 21:04

説明不足でもうしわけありません。
新聞を撮影したように、近い距離での撮影は問題ありません。
建物などの遠い被写体と撮ると、私のレンズは解像しません。このことに不満を感じています。

投稿: ピノ | 2006.10.16 07:24

僕の30Dも購入するレンズがことごとく後ピンなので、ニケさんみたいにボディーを前ピン気味にしようと工場まで持っていったんですが、
スタッフに、ボディーは基準にしてレンズ側で調整する方がいいと言われたので、断念してしまいました・・・
ボディーを前ピンにしても、結局レンズでそのボディーに合わせてピントを合わせるので、あまり意味がないように言われました。
また1mで1cm、前ピンにするような細かい調整も難しいと言われました。

基本的にはこれがボディーの性能のようです。ピントでもバラつきが出てしまし、的が小さかったりコントラストが低いと
ジャスピンにするのは困難みたいですね。ここのブログと同じ的を使ってテストしたのですが。
前ピンにした方が調子良くなったらしいと言ったら、それはたまたまうまくいったのだろうと言ってましたね。
やはり悩む所です。サードパーティ製を使うことを考慮するなら、ボディーを前ピン気味にした方がいいんでしょうけど。

純正レンズを調整して貰う時は、自分の前ピン気味にしたボディーではなく、基準0のボディーで調整して貰った方がいいのかとか
いろいろ考えちゃいますよね。前ピン気味のボディーを基準にジャスピンに持っていくなら、結局同じことになりそうな気がするので・・・

投稿: バラッド | 2006.11.01 19:14

バラッドさん>
う~ん、やってもらえませんでしたか?一つおかいいのは、ボディを前ピンにして、それにレンズを合わせるということ。先方のかん違いなんでしょうね。前ピンに調整してもらったら、そのままでレンズはいじらないでいいんですけどね。
確かにボディを前ピンにしても、それでレンズをジャスピンに合わせたらもとに戻ってしまいますよね。今キヤノンの言うジャスピンに調整されているだろうから、そこからボディだけ前ピンに調整してもらえばいいわけです。

投稿: にけ | 2006.11.01 22:19

やって貰えない事もなかったんですが、お薦めしないと言われたので。
既にレンズをジャスピンに調整して貰っていれば、ボディーを前ピン気味にするだけでいいんでしょうが、
これから新しいレンズを購入した時が、面倒になりそうで。
その場合、自分のボディーで新レンズを合わせない様にし、基準のボディーでレンズだけは
調整して貰うような方法になるのでしょうか。
ボディーを2台持っている方は、5Dでジャスピンにして貰い、30Dは前ピンに調整という方法がいいのかもしれないですね。

光源によってAFもやはり変化するようで、それがボディー性能の限界みたいに言われました。
前ピンにボディーを調整すると、室内での電球なので光源下ではより前ピンになりそうな気もします。
難しいところですが、とりあえずレンズ全部セットで再調整に出しました。少しでもよくなるといいのですが。

投稿: バラッド | 2006.11.02 00:13

にけさん、はじめまして。
私はEOS-1Ds2ですが、にけさんのブログの抜粋を印刷添付して、幕張にAF調整に出しました。
以前購入時にもレンズと共に出してましたが、全般的ににけさんの悩み通り、前側にピンの余裕が無く、蛍光灯下とかでは、いまいちピンが来ない症状でした。
今回、ボディで前ピン気味に調整すること、程度は前後の被写界深度が同等になる程度、ってことで出しましたが、結果は予想通り、というかにけさんの30Dと同じく、これまで調整済みだった全レンズで以前よりばっちりピンが来るようになりました。私はD200も所持しますが、D200というかNikonのデジタル機(処分したD100やD70含め)のAF調整はあきらかに前ピン気味で、今回のEOSの前ピン調整と同じような感じです。
これで、Nikon的なピンが得られるようになりました。おっしゃるように安心して撮影に臨めます。これから調整に出される方も、調整の趣旨と前ピン程度をきちんと書類で説明し、幕張に出すのが肝要と思います。すでに調整済みの場合も、ボディとリファレンスレンズ1本をセットでだせば問題ないと思います。私は確認用に24-70とセットで出しました。

投稿: porco | 2006.11.19 09:59

porcoさん>
こんにちは。
1DsMk2でもピントが来ないんですか?高いカメラだから諦めがつきませんよね。今回少しでも参考になったようで嬉しいです。ピントが合うと、写真を撮る事に集中できるし、無駄なカットも減るしせ、精神衛生上もいいですよね。
ただ、1DsMk2だから、親切に相談に乗ってもらえたというのはあるかもしれません。30DやKissでは相手にしてもらえないような気がします。

投稿: にけ | 2006.11.19 10:54

早速コメント恐れ入ります。これまで10Dでも20Dでも常に同じ悩みを抱えてました。つまり、入門機からハイエンドまで、Canonは一貫してこういう調整ポリシーってことです。機種により調整条件は変わりません。公式調整条件はf値の30倍の距離でタングステン光だそうです。
いずれにせよ、Nikonライクに前ピン気味調整とすることで、個人的にはCanonもNikonもピント精度で差は感じなくなりました。これで正解ってことで、全体的に調整条件見直してもらいたいところです。
10D/20Dクラスと1Dsの差は、AFの再現性のよさでしょうか。ばらつきが小さい気がします。一度調整がきまると、あまり条件に振られないように見えます。
前ピン気味調整によって、これまで新しいレンズで、ボディとセットでレンズの調整に出してたのは、ほとんどの場合必要なくなると思います。
理論的には合焦面の前1/3、後ろ2/3が被写界深度と言いますが、AF調整では1/2、1/2が正解と思いますね。
これまでもにけさんと同様、やや前ピン気味にとかお願いしていましたが、はっきり被写界深度均等という「程度」を指示したのは今回初めてです。
にけさんのブログが非常に参考になりました。ありがとうございます。
また、この調整でボディを決めた後は、万一レンズ側に問題がある場合も、レンズ側はCanonの基準のボディによるリファレンス調整でよいはずですね。

投稿: porco | 2006.11.19 11:13

にけさん、一点質問なのですが、ここのブログと同じ斜めチャートはどこかで手にはいるのでしょうか?

投稿: porco | 2006.11.19 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42319/12246767

この記事へのトラックバック一覧です: 30Dピント調整から退院。結果は?:

« プリンタ用紙比較Part2 | トップページ | やっと買った薄型テレビ »