« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

D200画像リーク!!

 ニコンD200の画像がインターネットに流れ出したのが26日です。これまでも中国サイトなどで怪しい画像が流れていたのですが、コラージュじゃないかとの疑いが持たれていたのですが、今回は画像が置いてあったサイトがイギリスニコンの公式サイトということで、ただ事ではありません。
 D50、D70sの時も海外ニコンサイトからのマニュアルのリークがあったわけですが、ニコンの商法なんでしょうかね?今はニコンukから画像は消えていますが、残っていた画像を貼っておきます。

img20051026171743x

img20051026171810x

img20051026171836x

img20051026171857x

img20051026171710x

 縦グリップもあるようです。詳しいスペックはわかりませんが、無条件で買います。
 また、レンズが18-200mmのVRレンズが付いています。これも凄いですね。でも写りがどんなものでしょうね。あんまり高倍率ズームはニコンの得意とするところではないでしょうから。しかし、買って人柱になりそうです。
 一部では11月1日発表、12月1日発売とも言われています。今年の冬のボーナスの行方は決まりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国初日

 韓国出張の初日です。朝8時15分の羽田発のフライトということで、公共機関ではたどり着けないところに住んでいる者は車で行くしかありません。4時半起きの5時半出発で羽田を目指し保土ヶ谷バイパス、湾岸道路と順調に進んで約40分で羽田国際線ターミナルに着きました。しかし、この国際線ターミナルはいったいなんなんだ。地方空港の方がよっぽどきれいだ。
 まあ、それはよいとして、2時間弱のフライトでキンポ空港について、初の韓国の第一歩となった次第です。
 しかし、空港と会社とお客様の間をタクシーで移動する以外ビルの中で日本語で会話。ほとんど国内出張と変わりません。唯一、タクシーで移動中、外に見える日本に似た景色の中にハングルの看板があることと、昼と夜に食べた食事が辛かったことが韓国を感じさせます。今ホテルにいるんですが、テレビをつけたら日本語の放送が流れているし、ホテル内のあらゆる表示が日本語でも書かれています。
 その上、今日も12時まで仕事で、D70とレンズ2本持ってきたのですが、撮る暇がありません。夜夜景でもと思って三脚まで苦労して持ってきたのに、、、、、

 会社の一室で日本人と日本語が出来る現地の社員で仕事しながら、韓国を感じたのが、写真の缶コーヒー。片面は英語だけで書いてあり、日本かアメリカにいるようですが、裏返すとハングルが、、、、

PICT0181  PICT0182

 さて、悔しいから明日はタクシーの中からでも写真を撮るぞぉ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超大型三脚

 今使っている三脚はベルボンのカルマーニュ540です。これはこれでバランスの取れたいい三脚ですが、500mmとかで撮るとやはりブレが気になります。200mm×1.7倍テレコンバーターでも苦しい時があります。
 この際、持ち運びとかそういうことは無視して(車で近くまで持っていくという前提で)、とにかくしっかりした三脚を手に入れようとヨドバシに行って色々触ってきました。
 ジッツオが比較的安くてもしっかりしているものの、在庫が無いということで、スリックとベルボンで探し出しましたが、段々と足の太いものに惹かれてきます。ベルボンのエルカルマーニュ640とか、スリックのカーボンマスター813でもいいのですが、500mmには少し苦しいかもしれない。ここは弱くて後悔するよりも、とにかくしっかりしたものを買おうと決心して、予算はオーバーしたものの、ベルボンのエルカルマーニュ830に落ち着きました。

DSC_0576w

 しかし、これはやはり大きい!スリックのSBH-550自由雲台を付けたら、縮めた状態でも95cmあります。でも、4段の840を買っても後悔しそうだし、730とかでも後悔しそうなのでこれでいいんです。
 大きいだけあって、3段ある足の2段まで伸ばせば、ちょっと腰を曲げるくらいで使えます。この状態だと、三脚はほとんどたわみません。今度これで、月に再挑戦したいし、50-500mmで動物園にも行ってみたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ペチットワン

 万年筆風サインペンというのが、売れているそうです。万年筆の書き味を手軽に楽しめるし、ボールペンでは気がひける正式な文書にも使える、万年筆には無いカラフルなインクといったあたりが、人気なんだろうと思います。
 写真はPILOTのペチットワン(Petit1)というもの。1本315円と手軽だし、ちょっとデブだけど短くて可愛い感じで、女子高生とかに受けそうです。
 おじさんは、これで会社で使うノートをカラフルにしようと思います。

DSC_0532x

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シグマ24-60mmF2.8

 シグマの24-60mmF2.8を買いました。

PICT0177x

 ニコン17-55mmF2.8を売ってしまったので、大口径F2.8通しの標準レンズがなくなったので、少し暗い室内では辛くなってしまったのと、VR24-120mmはVRがあるので、シャッタースピード遅くても手ブレしないのですが、ネコを撮ろうとすると被写体ブレが気になったということがあります。
 ま、そんなのは17-55mmを売る前に分かっていることなのですが、「神レンズ」17-55mmを売ったのは、大きい、重いということもあるので、悔やまないことにします。
 
 で、F2.8通しの標準レンズですが、今までタムロンの28-75mmという大変評判の良いレンズと、シグマの18-50mmという、これも評判の良いレンズを持っていたのですが、どちらも売ってしまっています。タムロンのレンズは、片ボケで2回交換して、なんとか見られるようになったのですが、それでも少し片ボケが残っていて、もう何回交換しても変わらないんじゃないかと呆れて売ってしまったのでした。シグマのレンズはニコンの17-55mm神レンズを買ったのでお役御免で売り払ったのでした。

 で、今回売ってしまったレンズをまた新品で買うのはいやなので、18-50mmの中古をオークションで探していたのですが、なかなかいいものが見つからなかったので、じゃあなんか違うレンズ買っちゃおうということになったのでした。

 候補はシグマ24-60,24-70,28-70,トキナー28-80の4本。
 このうち、トキナーは値段が高いのでドロップ。シグマの3本で悩んでいたのですが、とりあえずお店に行くことにしました。お店で見たら24-70も結構大きい。28-70は安くて良いのですが、広角側28mmというのは少し物足りない感じがしたので、結局24-60mmに落ち着きました。ちょっと中途半端なレンズのようですが、ズーム率を無理していないし、レンズ構成が合成なので、写りは期待できそうです。

 今日は買って帰ったらもう夜だったので、家の中で本棚を撮ってみました。上がF2.8、下がF5.6。F2.8だとさすがに周辺が苦しいですが、F5.6まで絞れば充分な周辺解像度。また中心はF2.8での良い解像度を見せています。これなら、17-55mmにも勝らぬとも劣らずというところでしょうか?

DSC_0523x

DSC_0514x

 ところで、17-55mmという、高価な、写りの素晴らしい神レンズを売ったのは重い、大きいというだけではないのです。キヤノン5Dの発売で、そのうちニコンもフルサイズのセンサーを載せた機種を出さざるを得ないだろうと思っているのですが、DX専用の17-55mmはフルサイズでは使えないし、そうなったとき、オークションで売るにも安くなるだろうなと思って、可能なところからフルサイズレンズに移行しようと思っているのです。
 ま、キットレンズとか安いレンズはいいのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60mmマクロ

 一昨日、タムロン90mmマクロで花を撮りにいったのですが、人工的に植えられている状態では、90mmだと長すぎる感じです。150mmマクロになると本当に木に止まった虫とか、柵で保護されている植物園くらいしか出番がないかもしれません。ということで、今日は60mmマクロ(Nikonだからマイクロ)を持って花を撮ってきました。とはいえ、買い物のついでに撮っただけなんですけど。

DSC_0376x

DSC_0369x

DSC_0389x

被写界深度が浅い! 感で被写界深度がわかるほど使い込んでないので、
プレビューを忘れないようにしないと、、、、

DSC_0394x

DSC_0407x

DSC_0437x

DSC_0443x

DSC_0464x

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »