« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

パスファインダーのソフトキャリーバッグ

 まだ、予定ですが海外に出張の可能性があります。パスポートはこれに備えて取得したのですが、海外出張の準備は全然していませんでした。

 そこで、慌ててカバンを探していました。ハードのスーツケースは最近流行らないようだし、特に出張の場合はソフトなキャリーバッグが主流のようです。

 どういうのを買えばいいのか色々調べてみたのですが、一番出回っているのが、エース製のプロテカというシリーズ。これはどこでも置いてあります。エースは昨年までサムソナイトと契約していて、国内ではサムソナイトブランドで売っていたのですが、ブランドとサムソナイトのデザインが無いと、急に安っぽく見えてしまいます。アメリカ本国のサムソナイトはあまり流通していないようで、確実に手に入れるのは通販しかないようです。
 ご存知のTUMIはいいのですが、いかんせん高い。10万円以上します。高い分悪くはないのでしょうが、10万円の半分はブランド料だと思います。

 ネットで調べて、気になったのが、パスファインダーというブランド。値段もTUMIの半分くらいですが、旅行用に使うのに色々な工夫がされています。なにより丈夫な感じがいいです。ただ、その分ちょっと重いのが気になりましたが。

 でも、実物を見たことがないので、パスファインダーのホームページからどこに置いてあるか聞いて、今日は横浜まで出向いて見にいきました。
 やっと見つけたのですが、なかなか良いではないですか。重さは確かに重いです。でも重さと丈夫さは比例しますから、軽くてキャシャな感じよりはいいかもしれません。

 このハンドルにTUMIのブリーフケースを付ける予定です。機内持ち込みはTUMIだけしてパスファインダーは預ける予定です。だから、機内持ち込みサイズよりちょっと大き目の22インチのものにしました。というか、本当は20インチくらいの方が良かったかもと思っているのですが、22インチしかなかったんです。しかたないですね。お値段は51450円。満足度を考えると高くない買い物だと思います。

DSC_0183w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本丸総帆展帆撮り

 今日はみなとみらいの日本丸のところで、次女の中学の吹奏楽部の演奏があるということで、見にいきました。天気もよく、秋にしては暑い日でしたが、日本丸前の広場に行くと、日本丸の帆が張ってありました。総帆展帆(そうはんてんぱん)と言うらしいですが、帆を張った姿は滅多に見れないので撮ってきました。24-120mmしか無かったのですが、もっと広角も持っていけば良かったと後悔しています。

DSC_0135x

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋の名月撮り

 中秋の名月の日は、実は満月でなかったりするらしいです。今年は月齢15日の正真正銘の満月です。
 何度目かの月画像です。街明かりを入れて月を撮るというのもやったのですが、マンションしかないこの辺りでは大して面白い写真もとれませんでした。結局いつもと同じ月のアップですが、これまでより上手く撮れているかな?
 レンズはシグマ50-500mm+ケンコー1.4倍テレコンバーターでテレ端です。

DSC_0077x

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ヨドバシカメラ アキバに行ってきました。

 ヨドバシフリーク(笑)としては、今日のヨドバシカメラ秋葉原店の開店は見逃せません。早速行ってきました。

PICT0145x

 が、凄い人手でとてもじゃないけど、ゆっくり見ることができません。とりあえず、今日は初日に来たということに意義を見出すことにして、早々に退散してきました。
 とは言え、カメラ売り場だけはチェックしてきました。カメラ売り場の面積はそんなに広くありませんし、レンズなどの展示品が少ないのが残念でした。新宿カメラ館の方がよほど充実しています。
 で、安ければ、VR80-400mmでも買おうかと思っていたのですが、全然安くない。町田店とほとんど同じ値段です。開店セールで通販の価格くらいにしていてくれれば買ったのに、、、、

PICT0144x

| | コメント (3) | トラックバック (1)

夕焼け 撮り

 今日は夕焼けが綺麗でした。みんなそう思っていたようで、あちこちに解雇未があったり、写真が貼ってあったりしてます。
 しっかり準備して撮ったのではなく、帰り道に手持ちでちょちょっと撮ったのでブレたりもしてますが、まずは、コンパクトデジカメDiMAGEX60で

PICT0129x

 WBを太陽光にしたのですが、それでも夕焼けの見た目のオレンジ色が出ていません。

 じゃあということで、同じ場所で、D70で撮ったもの。WBはやはり太陽光。

DSC_0067x

 見た目に近い綺麗な夕焼けに写りました。こんなことでも、デジタル1眼レフは違うんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その手ブレは補正しない!(ルミックス手ブレ補正の嘘)

 前々から気になっていた、パナソニックのデジカメLUMIXの宣伝のことです。
 手ブレ補正の効果をうたうのに、浜崎あゆみが台の上にのって上下に揺れながらカメラで写真をとってもブレが補正されるというのもがあります。

lumixayu

 でもですね。手ブレ補正ってのは、カメラの上下方向の「回転」と左右方向の「回転」しか補正できないんですよ。上下方向の移動のブレは補正できないのは勿論、そもそもジャイロ(角速度センサ)では上下の揺れを検出できないんです。なんでこんな宣伝(特にテレビCM)を流すかなぁ。

 雑誌やカタログではもっとひどいですよ。

lumix

 シャッターを押したとき、カメラの片方が2.7mm下がるということで手ブレが発生するといってます。ホームページを見ると、カメラの片側を2.7mm下げて平面的に回転した画像を下げていないときの画像と同時に見せて、「ほら、こんなにブレるんですよ」って書き方しています。
 でもねぇ、こういうブレ方をするのは事実かもしれませんが、そういう画面のように時計方向や反時計方向の回転は、手ブレ補正では補正できないんですよ。

 振動台による上下のブレ、シャッターを押したときの回転。どちらもLUMIXの手ブレ補正では全く補正できません。このあたり、松下電器はどう考えているのでしょうか?JAROに訴えてやろうかな?

キーワード 松下電器 パナソニック Panasonic ルミックス LUMIX 手ブレ補正 手ぶれ補正 手振れ補正

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新デジカメDiMAGE X60

 新コンパクトデジカメを買いました。最近手ブレ補正だとか、高ISO感度だとかが売れていますが、そういうのは1眼持ち歩いてるので、そっちにまかせます。求めるものは小さいことと、機敏なこと。
 今回のチョイスはコニカミノルタのDiMAGE X60。クレジットカードサイズの小型なボディ、レンズ保護カバーをスライドするだけの高速起動、これがポイントです。
 過去を振り返って見ると、デジカメは、カシオのQV-10に始まって、
QV-10(カシオ)→QV-10A(カシオ)→QV-100(カシオ)→C-900Zoom(オリンパス)
→MZ3(マクセル)→EX-Z4(カシオ)→EX-Z40(カシオ)→COOLPIX5200(ニコン)
→COOLPIX4200(ニコン)→IXY 50(キヤノン)→DiMAGE X60(コニカミノルタ)
と11機種目になります。COOLPIX4200はとにかくCCDのピクセルの大きなものが欲しくて買ったもの。1/1.8インチ400万画素です。IXY50は家族用に買ったので、自分ではあまり使っていません。
 さて、このカメラ、小型で起動が早いのはいいのですが、SDカードへの書き込みに時間がかかります。しかも書き込みの間液晶が消えるので印象悪いです。安いバッファローのSDカードを買ったのが悪かったのかもしれません。
 まあ、しばらく使って様子をみたいと思いますが、、、、D70を持ち歩いているので、どう使い分けようか、ちょっと悩んでいます。

DSC_0063w

試し撮り。室内なのでストロボ焚いてます。ISO50だとノイズは少ない(当たり前?)。

PICT0012x

| | コメント (1) | トラックバック (0)

デジカメエキスパート検定

 フォトマスター検定1級に合格したのは既報ですが、今度はYahoo!のインターネット検定でデジカメエキスパート検定というのがあるそうで、インプレスの雑誌でも盛んに宣伝していました。
 なんか、フォトマスター検定1級にケチをつけられているようで、それならとこれも受けてみることにしました。8月にまず3級から。う~ん、簡単過ぎる、これはきっと有料の2級、1級を受けさせるための罠だと思うけど、それにしても簡単だ。10問で当然全問正解だったけど、こんなのでいいのか?
 9月になって1級を受けようと、一応「デジカメエキスパート合格虎の巻」というのを買って読み始めるが、これもちょっと、、、、。結局1級向け知識という部分だけ読んでインターネット検定に臨んだ。
 問題は、やはり基本的なことが多く、そんなに引っ掛け問題や、奇問はない。ピューリッツア賞とか、ロバート・キャパの問題も出るが、回答の選択肢に迷うようなものもなく、それっぽいものを選べばクリアできると思う。
 唯一最後まで迷ったのが、カラーマネジメントも出来るプリント方法ということで、答えはExifPrintなんだけど、そういう言葉を聞いたことなかった。ただ、DirectPrintは違う意味だし、消去法で選択肢を消していったら、ExifPrintが残ったということ。これで正解だったようだけど、ExifPrintをググってもよく理解できなかった。デジカメエキスパートの本にもそういう言葉は載ってなかった。この問題は難しい部類かも。
 で、結果ですが、

kenntei

kennteitokutenn

合格いたしました。得点も98点ということで、1問間違えたようです。撮影方法とかいう分野で1問間違えたようですが、自覚ありません。こうなると満点じゃなかったのが悔しいですが、また受けなおす気力もないし、これで終わりとします。
 フォトマスター検定との比較ですが、フォトエキスパート1級が、フォトマスター検定の3級と2級の間といった難易度です。ただし、問題の難易度であって、合格点数とか分かりませんので、合格の難易度はわかりません。
 まあ、こういうのは受かっても得になることはないので、受けるための勉強が大事だと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちょっと古いもの撮り

 会社の行き帰りの道中に停めてある古い車。ナンバーもないのだけれど、誰かがコレクション用に買ったものだと思う。いつもは車で通り過ぎるので、休みの今日、わざわざ見に行きました。格好いいですね。リストアして、動かしたいですね。
 VR24-120mmで側のお店にある看板も取ってみました。なんとなく、ちょっとレトロですね。白黒でラチチュード下げてみました。

DSC_0052x DSC_0058x DSC_0057x

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »