« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

秋葉原、アメ横散策

DSCN0233_web.jpg
天気が良かったので、秋葉原、アメ横に行ってきました。
秋葉原は街がアニメ化してから行ったことがなかったので変貌振りが楽しみでした。でも、ぱっと見には、昔からの秋葉原だったような気がします。もっと電気店が減っているのかと思ったのですが、そんなことはないようです。ただ、いくつかあるアニメ関係のお店が違和感があるのと、何故かティッシュを配っているお姉さんがセーラー服だったり、電気屋の店頭販売のお姉さんがサンタのコスプレだったりしたのが、アニオタの心をくすぐるようになっているみたいでした。
次は山手線に乗って上野に移動してアメ横の散策です。辛子明太子が安かったので買ったり、長女のスニーカー、ジャージの上下を格安で買ったりしてきました。そうそう、ルイヴィトンのパチ物を売っている屋店がありました。でもオークションで見るより高いです。イスラエル系みたいなお兄ちゃんはどのくらい稼ぐんでしょう。
下の写真は「アメ横焼」だそうです。いつの間にこんなのが出来たんでしょうか?型に入れて焼くお好み焼きみたいなもので、中の半熟の卵が美味しいです。200円なりですから、アメ横行ったら是非食べてみてください。
DSCN0234_web.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MP3プレーヤー

DSC_2345.jpg
MP3レコーダを買いました。
MDが便利でいいとか言っていましたが、食わず嫌いもなんなので、安い機種を買ってみました。
買ったのは、ADTECのAD-FL300です。メモリーが128MBしかないので、あまり曲数は入りませんが、とりあえず一度使って見る分には充分でしょう。
128MBだと、128bpsで録音すると、CD2枚ちょっとぐらいしか入りません。音質を我慢して56bpsで録音して、ようやく5枚くらい入りました。音質はとにかく音楽が聴ければいいやというのであれば、これで充分です。
このFL300は写真のように非常に小さくて、出張などのとき荷物にならないのがいいとは思うのですが、やはりCD5枚では物足りないです。それにやはりいちいち曲をPCで入れ替えないといけないのは面倒な気がします。
となるとやはりiPodのようなHDDレコーダーということになるのでしょうか?それもちょっと求めているものと違うような気がします。
ウォークマン、MDに継ぐポータブルオーディオプレーヤーの本命とはどういうものになるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COOLPIX 4200 買い替え

DSC_2330.jpg
COOLPIX5200を買ったのが1週間前。でもその直後、同じCCDサイズで400万画素のCOOLPIX4200があることを知ってしまいました。デジカメは画素数より感度命の自分としてはこの選択ミスに落ち込んでいましたが、やっぱりというか、4200に買い換えてしまいました。
感度、ノイズとも5200より少しいいです。ただボディのカラーがシルバーしかないのが残念です。5200のブルーのボディはなかなか気に入っていたのですけど。
で、日曜日に買ったのですが、液晶に白のドット落ちがあるのを見つけてしまいました。お店に電話したら交換してくれるとのことで、月曜日に交換に行きました。
ニコンのCOOLPIX5200/4200は作りがしっかりしていていいのですが、レンズのせり出しやAF動作の時のモーターのガタガタ動く感じがいまいち質感がありません。それにズームも9段階くらいにしか動かないし、それも動きが早すぎて最適な焦点距離に合わせるのにコツがいります。
AFも結構怠慢で、一度全領域スキャンしてからピント位置にもどるのでのろいです。
またレンズの設計のせいなのですが、フォーカスによる像の大きさの変化が大きいのも気になります。1割くらい大きさが変わるので、構図が上手く決まらないときがあります。

まあ、多少不満もありますが、現状一番感度の良いコンパクトデジカメということで、画質も満足できるので、しばらく使っていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Adobe Photoshop elements 3.0

pse30.jpg
デジカメのRAWファイルの現像が出来る低価格レタッチソフトAdobe Photoshop elements 3.0を購入しました。PhotoshopCSも持っているのですが、ホワイトバランスや色調の調整は低価格ソフトの方がスライドバー一つでやりやすいので、このソフトにも期待してました。
さて、使ってみてのファーストインプレッションですが、「これはお勧めできない」の一言につきます。
まず、そのGUIのまずさ。安物の年賀状ソフトのような融通の利かないGUIは使っていてストレスを感じます。
次に動作の遅さ。PhotoshopCSより動作が遅く感じるのはなんなのでしょうか?レバーを動かして、すぐに効果が反映しないのは解りますが、レバーがマウスに動きについてこないのはもどかしいです。
PhotoshopCSとは随分と違ったメニュー構成も使い勝手が悪いです。一番参ったのは、ズームインがCTRL+=に割り振られていて、ズームアウトがCTRL+-に割り振られていることです。自宅のノートパソコンは-のシフトで=になるのですが、そのせいで、キーボードショートカットでズームアウトは出来てもズームインが出来ないんです。致命的ともいえる不具合ですが、何か間違っているのでしょうか?
あと、一番期待していたRAWのバッチ処理ですが、これはなんとか動くものの、細かい設定を全ての写真に反映するのは面倒です。ただ、これはCSの頃から同じだったと思うのです仕方ないかもしれません。
総じて、RAW現像が出来るとはいっても、やはりレタッチソフトなんだなぁという感じです。一枚をじっくり処理するにはいいのかもしれませんが、大量に現像処理のみを高機能に行おうとすると無理があるようです。やはりこの用途にはNikonCaptureなどの現像専用ソフトがいいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COOLPIX4200

今少し悔やんでいます。ちょっと落ち込んでいます。
COOLPIX5200は撮像素子も大きいので満足して買ったのですが、COOLPIX4200は同じ1/1.8インチの撮像素子で画素が400万画素と少なめなのです。ノイズ命、感度一番でコンパクトデジカメを探していたのに、思わぬ落とし穴でした。
COOLPIX4200はすでに生産終了していて、400万画素のカメラは1/2.5インチCCDを使ったCOOLPIX4100に移行していたんです。だからお店にもほとんど4200は置いてなかったし、そういう1/1.8インチ400万画素CCDを用いた機種があるのを知らなかったのです。
なんとか4200を安く手に入れられないかとヤフーのオークションで頑張ったのですが、2万円を超えてまでオークションで購入する気になれなかったです。お店で下取りしてもらおうかと思ったのですが、4200が入荷困難ということで頓挫しています。
それに、同じボディを使っている、5200と4200ですが、ブルーのボディは5200にしかないんです。このブルーのボディが結構お気に入りで、4200のシルバーのボディに戻るのもちょっと抵抗があります。
ということで、5200を使っていこうと思っていますが、どこかで安い4200を見つけたら乗り換えるかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

IXY40初お出かけ

お約束通り、お台場に行く長女にIXY40を持たせました。IXY40は買ってから室内と近所を撮っただけで遠出は初めてです。天気もまあまあだったのでどんな写真がとれているか楽しみでしたが。
1枚目はいかにも女子高生という写真です。まあ楽しそうでよかったです。ピントがちょっと甘いのは屋外でも変わりませんが、奥の建物でもそれなりに写っていると思います。こういう被写界深度の深い写真はコンパクトデジカメならではです。
2枚目は観覧車からの景色。これもまあまあそれなりに撮れていると思います。Canonのデジカメは本当に色合いがいいです。NikonやCASIOはもっと青っぽくなるのですが、さすがこの辺りはDVCを作っていた強みです。
ただ、2,3枚逆光で人物が暗く写っている写真がありました。慣れていれば、人物をアップ目にして露光を合わせるとか出来るのですが、そこまで女子高生に使いこなせというのは無理でしょう。今回設定をスポット測光にして渡したのですが、マルチ測光の方が良かったかもしれません。なにもかもカメラ任せに出来るほど、今のカメラはまだ賢くはないようです。
IMG_0091_web.jpg
IMG_0096_web.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメデビュー

長女(高2)が明日お台場に行くというので、Canon IXY DIGITAL 40を持っていかすことにしました。家族用にという名目で買って、初めてその用途に使います。
で、今日使い方を教えていてんですが、やっぱりEXILIMのモードメモリーが優れていたなぁと思うのです。間違って操作したりして、変なモードに入ってしまっても、電源を切り入りすれば、初期状態にもどるというのは優れものです。今も手元にあるミノルタの銀塩一眼も、Pボタンを押すと立ち上げの初期状態のプログラムモードに戻ります。なにかおかしくなったらこれを押せばよいと教えると簡単です。
IXY40は電源を切ってもモードが記憶されています。初心者には不親切な設計だと思います。
ちゃんと写真が撮れるでしょうか?どんな写真を撮ってくるでしょうか?楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COLLPIX 5200試し撮り

久しぶりに晴れています。
買ったばかりのCOOLPIX5200の試写がてら、近所をブラブラしてきました。
まずは室内でキルティング。
DSCN0054_web.jpg
横浜でも秋の気配。
DSCN0079_web.jpg
落ち葉の散歩道。
DSCN0080_web.jpg
電話ボックスと柳の木。
DSCN0089_web.jpgDSCN0095_web.jpg
マクロ2題。
DSCN0083_web.jpg
DSCN0088_web.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Nikon COOLPIX 5200

DSC_2253_web.jpg
突然衝動買いしてしまいました。
Nicon COOLPIX 5200。ニコンの500万画素コンパクトデジカメです。
CASIO EXILIM EX-Z40の周辺着色とホワイトバランスの悪さ、それにノイズっぽさに嫌気がさしてきました。小型でデザインは気に入っていたのですが、画質に我慢して使い続けることができませんでした。
COOLPIX 5200はそれほどコンパクトではないのですが、一応ニコンでは小さい機種だし、CCDが1/1.8インチと大きく、レンズがスライディング方式や高屈折率の素材を使ってないので、素直で綺麗に写ります。
色も渋い青色で、シルバーとは違ったおしゃれな感じがします。
夜、会社の帰りに買ったので、まだ室内を少し撮っただけですが、フラッシュを焚かずに結構粘るし、ISO400でも結構ノイズが少ないんです。
これは意外といい買い物だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の携帯電話

携帯電話を買い換えようかと思って携帯ショップに行ってみました。
でも、最近の携帯ってなんか大きいですね。今使っているA5503SAが薄くて小型なので、厚みが25mmもある機種だとゴロゴロして見えます。
WINに興味があったのですが、どれもぶ厚いです。一時携帯は小型、軽量化の流れがあったのですが、今ではすっかり影を潜めています。カメラが付きだして、薄くできなくなったんでしょうか?
それにしても、大きさもさることながら、WINの初期の機種がまだ1万円以上します。もっとやすくなっていると思ったのにこれでは買えません。
そして、なにより買い替えしなかった理由は、機種変更で値段が下がるのが13ヶ月以上使ってからなんだそうです。まだ11ヶ月なので、あと2ヶ月我慢するしかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EXLILIM EX-Z40修理から帰る

EXILIM EX-Z40が不具合の修理から戻ってきたのだけど、修理はされてきませんでした。「お客様へ」と書かれた紙が入っていて、
「(略)レンズの明るさは中心部が一番明るく、周辺になるに従い暗くなるという特性がございます。(略)このため、周辺部と比較すると明るさが暗くなったり、色合いの差が生じるこ事がございます。まことに申し訳ございませんがお客様のデジタルカメラは、本製品の実力と判断いたします。(略)」
だ、そうです。写真を添えたわけではないので、不具合の症状をきちんと確認してくれたか疑問が残ります。レンズの色シェーディングではなく、明らかに角ばった形に着色しています。四角く着色していることから、水晶フィルターか、IRカットフィルターの周辺部からの反射光だと思われるのですが、認識してくれているのでしょうか?
結構愛着を持使っていたデジカメですが、急に熱が冷めてしまいました。500万画素デジカメにでも買い換えも考えています。でも「これぞ!」って機種がないのが悩みの種です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAMRON 28-75mmF2.8(A09)交換

DSC_1645_res.jpg
上の写真は前に貼ったTAMRON 28-75mm F2.8ことA09の写真です。左下の画の流れが気になって落ち込んでいたのですが、昨日お店でレンズを交換してもらいました。TAMRON 28-300mm XR Di(A061)も解像度が低くて交換してもらって、なんとか良い物にあたったのですが、どうもカメラやレンズに関しては運が悪いようです。
上の写真のようなものを、A4の光沢紙に印刷して店長さんに見せたら、交換してくれることになりましたが、「最近デジカメになって、等倍で見るようになってから、こういう苦情が多いんですよね」って言われました。これって、皮肉だったのでしょうか?
ともかく、今度はどうかと、心配しながら写してみたのですが、特に大きな流れによるボケなどはなく、四隅均等に映っています。(下の写真参照)
ボケを見つけてから、使う気が失せていたレンズですが、早速今日D70に付けて持ち歩きました。画角的には使いやすいレンズなので、普段常用するのではないかと思います。
DSC_2026_res.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格安コンパクトフラッシュ

最近、PhotoshopCSでのRAW現像のバッチ処理を使い始めてから、RAWで撮影することが多くなってきました。そうなると、一気にコンパクトフラッシュの容量が足りなくなってきました。
2ちゃんねるの掲示板で、格安のCF通信販売のことが書いてありました。調べてみると、サンウルトラIIの1GBが輸入品で1万3000円、ADATAというメーカーの1GB品が9700円と非常に安いです。ADATAのものも使ってみようと思って、早速、両方注文しました。
本日配達されたので使ってみましたが、どちらのCFもD70では問題なく使えました。ウルトラIIは実績あるのですが、ADATAのものも通常撮影する分には不具合はありません。もっとも、連射したり、PCへファイルを転送するときには差が出るのだろうと思いますが、国内だと下手すれば1GBで2万円近くするのでこれはお勧めです。
これで、今までのCFとあわせて、2.5GBの容量になりました。心置きなくRAWで撮れます。
CF.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EXILIM EX-Z40修理行き

CIMG1031_web.jpg
上の写真はカシオ EXILIM EX-Z40で白い紙を写したものです。彩度をPhotoshopで上げてありますが、画面の周辺が額縁のように緑色に着色しているのがわかるでしょうか?
もう半年以上使っていて、購入当時から気がついていたのですが、手元にカメラが無いのも嫌なので、そのまま使っていました。でも日曜日にCanon IXY DIGITA 40を購入したので、この際修理に出すことにしました。
お店に持っていって、症状をみてもらって、運がよければ新品交換と思ったのですが、さすがに6ヶ月も使っていると無理でした。しかし、保障期間ということもあり、(おそらく)無償修理に出すことになりました。
修理には2~4週間かかるということで、なんで4週間もかかるのか不思議なのですが、預けてきました。メーカーで修理もしくは交換となればいいのですが、「仕様」「正常範囲」で済まされないか心配です。
しかし、これはいったいなんなのでしょうか?IRカットレンズがずれて変な反射光が映っているようにも思えるのですが、どうなるんでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TUMIのバッグ

26060.jpgもともとブランド物にはあまり興味がなく、ブランド物より実用的なものが好きです。ブランドという価値にお金をかけるのは無駄だとまで思っています。
でも、TUMIのバッグには惹かれてしまいました。もっともブランドに惹かれたというより、その機能性に惹かれたんだと思います。
バッグは結構買い換えますが、いつも不満をかかえています。自分で内ポケットを増やしたり工夫して使っていますが、どうもしっくりきません。今回TUMIの大き目のバッグが欲しくなったのも、出張などでパソコンを持っていくときに、きっちり収納できるのが便利だし、1泊の出張でも、着替えなどが充分入るからです。
ということで、実は昨日、Yahoo!のオークションで26060と26061を競り落とそうと思ったいたのですが、どちらも失敗してしまいました。検索しても、もう欲しいタイプはオークションに出ていないので、通販の専門店で購入することにしました。
意外と安く、オークションの落札価格+諭吉さん一人くらいで買えます。
明日にはパソコンブリーフが、明後日には大きめのブリーフバッグが届きます。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »