« COOLPIX4200 | トップページ | COOLPIX 4200 買い替え »

Adobe Photoshop elements 3.0

pse30.jpg
デジカメのRAWファイルの現像が出来る低価格レタッチソフトAdobe Photoshop elements 3.0を購入しました。PhotoshopCSも持っているのですが、ホワイトバランスや色調の調整は低価格ソフトの方がスライドバー一つでやりやすいので、このソフトにも期待してました。
さて、使ってみてのファーストインプレッションですが、「これはお勧めできない」の一言につきます。
まず、そのGUIのまずさ。安物の年賀状ソフトのような融通の利かないGUIは使っていてストレスを感じます。
次に動作の遅さ。PhotoshopCSより動作が遅く感じるのはなんなのでしょうか?レバーを動かして、すぐに効果が反映しないのは解りますが、レバーがマウスに動きについてこないのはもどかしいです。
PhotoshopCSとは随分と違ったメニュー構成も使い勝手が悪いです。一番参ったのは、ズームインがCTRL+=に割り振られていて、ズームアウトがCTRL+-に割り振られていることです。自宅のノートパソコンは-のシフトで=になるのですが、そのせいで、キーボードショートカットでズームアウトは出来てもズームインが出来ないんです。致命的ともいえる不具合ですが、何か間違っているのでしょうか?
あと、一番期待していたRAWのバッチ処理ですが、これはなんとか動くものの、細かい設定を全ての写真に反映するのは面倒です。ただ、これはCSの頃から同じだったと思うのです仕方ないかもしれません。
総じて、RAW現像が出来るとはいっても、やはりレタッチソフトなんだなぁという感じです。一枚をじっくり処理するにはいいのかもしれませんが、大量に現像処理のみを高機能に行おうとすると無理があるようです。やはりこの用途にはNikonCaptureなどの現像専用ソフトがいいようです。

|

« COOLPIX4200 | トップページ | COOLPIX 4200 買い替え »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42319/2009995

この記事へのトラックバック一覧です: Adobe Photoshop elements 3.0:

« COOLPIX4200 | トップページ | COOLPIX 4200 買い替え »