« A09で猫を撮る | トップページ | HDD臨終目前 »

A09の周辺ボケ

TAMRONの28-75mmF2.8(A09)の試し撮りをしてみました。
DSC_1645_res.jpg
屋外で、ワイド端開放の写真を撮って家に帰ってよく見てみたら、周辺特に左下で画が流れてボケています。右上とかはボケていないので、レンズの性能というより、組立て精度に問題があるのでしょう。ただし、F5.6くらいに絞ればそんなにボケは目立たないし、そもそも開放でのボケが不良と呼べる程度のものなのか判断が出来ません。まあ、中央付近の8割方は問題なく使えるので実用的には問題ないと思うのですが、一度気にするとどうしても目が左下にいってしまいます。おそらくフィルムで撮っていたころにはこんな事に気が付かなかったと思うのですが、パソコンで容易に等倍で見れると、細かいアラまで見えてしまいます。困ったものです。

|

« A09で猫を撮る | トップページ | HDD臨終目前 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42319/1705188

この記事へのトラックバック一覧です: A09の周辺ボケ:

« A09で猫を撮る | トップページ | HDD臨終目前 »