« 遠近両用コンタクトレンズ | トップページ | 四季の森公園 »

グローバル・アジア

最近、仕事の関係で、アジアの繋がりが広がっています。
半年ほど前までは台湾の部品メーカー2社と部品開発をしていたし、日本の大学の先輩が台湾で教授と企業の社長をしていて、それでお付き合いがあったりしてました。ここしばらくは、韓国のメーカーの人とお話する機会が何度かありました。
みなさん、日本まで商売にくるだけあって、中々日本語がお上手です。こっちは中国語といえば、「ニーハオ」「ツァイチェン」「ウォーアイニー」しかしらないし、韓国語にいたっては「アンニョンハセヨ」しか話せないというのにえらい違いです。それに、さらに皆さん英語もしゃべるんだから驚きです。
でも、そう思うば、英語は学校教育だけでも、多少は意思疎通が図れるます。散々ダメだと叩かれている学校での英語教育ですが、全く無駄ではないようです。
となると、今の自分の英語力程度に中国語や韓国語を話せるようになろうと思ったら何年かかることでしょう。中国に工場もあるし、中国語習いたいんですけど、それよりもっと英語を話せるようになった方がいいのでしょうかね?

|

« 遠近両用コンタクトレンズ | トップページ | 四季の森公園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グローバル・アジア:

« 遠近両用コンタクトレンズ | トップページ | 四季の森公園 »