« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

大映テレビ DVD化

大映テレビのドラマがDVD化されます。
大映ドラマといえばわざとらしい台詞と、たどたどしい演技が特徴で「スチュワーデス物語」の「ドジでのろまなカメ」とかの台詞が有名です。
でもなんと言っても杉浦幸の「ヤヌスの鏡」が最高です。二重人格の一方の不良のユキの台詞をたどたどしく話すのが面白くて毎週見ていました。
DVDは来年の正月に発売のようです。毎年恒例でつまらない正月の特別番組のテレビを消して、お年玉で買った「ヤヌスの鏡」を子供たちと見ましょうかね。
B0002IJPFQ.09.LZZZZZZZ.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Photokina2004 ポラロイドx530

pola102.gifPhotokina 2004からポラロイドのデジカメのニュースが流れてきました。Foveon素子を用いたx530です。Foveon素子というのは、一画素でRGBの3原色を出すことのできる撮像素子で、普通に使われているCCDやCMOSのように1画素にRGBのどれかのフィルターが作られている素子とは違います。
画で見てどう違うかというと、普通の素子だと、細かい繰り返し模様(例えば布の繊維の筋など)を写すと、赤と青の擬似着色がモアレのように見えます。Foveon素子は、これが全く見えません。また1画素でRGB全てが揃うので、画素数が少なくても、充分に高解像度の画像を得ることができます。
今回のポラロイドx530はこの素子を使ったはじめてのコンパクトタイプのデジカメです。日本での価格は6万円台と450万画素の素子を使ったものとしては高いですが、先ほども述べたように、450万画素だと、1000万画素CCDなみの解像度がありますから、お買い得かもしれません。
日本で発売されるのかわかりませんが、是非手にとってみたいカメラです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP SP2の罠

Windows XP Home EditionにService Pack 2をインストールしたら、調子が悪くなって、毎晩あれこれいじっていたので、二日間書き込みが出来ませんでした。
今回の不調の現象は、

1、立ち上げると、「コンピュータ保護のため、このプログラムはWindowsにより終了されました。 Generic Host Process for WIN32 Services」と出てしまう。
2、マイコンピュータを開くと、ドライブなどが表示されるまでに時間がかかってしまう。
というものでした。2に関してはSP2を当てる前からだったかもしれません。

色々調べた結果、HPのプリンタのドライバが悪さしているようで、HPのサポートに電話して、なんとか解決することが出来ました。
同じ症状で、困っている人がいるかもしれません。今回の対策を記録しておくことにします。

キーワード:Generic Host Process for WIN32 Services HP プリンタ PSC2500 PSC2550 マイコンピュータ ダブルクリック Windows XP Home Edition Service Pack 2 SP2

1に関して、
マイクロソフトの情報ではHPのプリンタドライバが古いことが原因と書かれていますが、今回は最新のドライバだったので、原因は別。どうやら、インストールしたドライバの一部がSP2により上書きされてしまうのが原因のようです。
HPのドライバーのアンインストール、再インストールで直ると思います。
しかし、強制的にGeneric Host Process for WIN32 Sevicesをセキュリティ対象から除くことでも直るとHPのサービスに言われました。一応方法を書いておきます。
マイコンピュータ→プロパティ→詳細設定→パフォーマンスの設定→データ実行防止で下の図のように設定します。
mudai.jpg
今回はこれでは直らなかったのですが、参考まで。

2に関して、
これはHPのドライバそのものが悪さしているようです。
マイコンピュータ(右クリック)→管理→サービスとアプリケーション→サービスのWindpws Image Acquisition(WIA)のプロパティを開いて、サービスを無効にします。下図参照。
mudai3.jpg
これで直るはずです。

WinXPのSP2は色々問題が出ると評判が悪いです。今回も何かセキュリティ関係の仕様が悪さしているようです。
でも、なんとか直ってよかったです。

さて、ではまたのんびりとパソコンを楽しむとします。

| | コメント (9) | トラックバック (6)

運動会を撮る

今日の関東地方は朝方小雨が残ったものの、昼ごろから天気が良くなり、運動会日和でした。
ニコンD70とレンズはタムロンの28-300mm(A06)を持って撮影に行きました。
最近は一眼でもデジタルを持っている人が増えましたね。というか、去年はいなかったような気がします。やっぱりEOSKissとD70の普及は大きいですね。写真係の奥さんがD70とキヤノンの銀塩の2本持ちで格好よかったです。思わずパチリ。
DSC_0919web.jpg
運動会の写真はAFをコンティニュアスモードにしてシャッターを連続にし、バシバシ撮ってきました。300mmあると寄れますね。出来れば、明るい望遠ズームが欲しくなりました。
今日の作品「闘志満々」
DSC_0944web.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチロー凄い

ichiro_count.gifイチローが大記録に大きく近づきました。しばらくヒットが少なく年間安打の新記録も難しいかと思われたのですが、連日の5安打、4安打で、新記録まであと10安打となりました。残るは10試合ですから、計算上は新記録達成ということになるのですが、さて、これからが正念場というところでしょうね。しかし、イチローはそんじょそこいらの日本人アスリートと違って、精神的にも非常に強いし、ここ一番でも力を出し切れるだけの潜在能力の高さは率い出ています。日本人アスリートによくありがちな、「ここ一番で期待に添えない」という心配をしないで応援できます。
とはいえ、相手があっての野球ですから、相手ピッチャーが勝負を避けてきたらどうしようもありません。かつて、王選手の年間55本のホームランの記録を外人選手に抜かれそうになったとき、あからさまに敬遠したことが思い出されます。アメリカの威信にかけて、日本人には記録を作らせないというような雰囲気にだけはならないで欲しいです。
  (写真はアサヒコムのイチローカウンター。数字が0になることを期待してます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コニカミノルタDIMAGE Z3

DSC_0894mini.jpg
会社で実験用にコニカミノルタのDIMAGE Z3を購入しました。早速使ってみようと思ったのですが、あれっ、凄い、思っていたよりずっと小さい。電気屋やカメラ屋などで見ているはずなんだけど、こんなに小さいとか思わなかったです。こういう高倍率ズームつきのデジカメはもっとがっしりしていると思ったのだけど意外でした。
さて、小型とはいえ、手ぶれ補正つきの12倍ズームモデル。まずは感度ですが、意外といいんです。同じISO400でもEXILIM Z40より半分から一段感度がいいです。これはちょっとショックでした。EXILIMはノイズっぽいとは思っていましたが、どのカメラもISO400にすればこんなものだろうと思っていたのですが、Z3はISO400でも実用域です。
さて、手ぶれはというと、実はじっくり手ぶれ補正つきのカメラを触ったのは初めてだったのですが、これもいいものですね。特に望遠だと、手ぶれ補正なしだと常時小刻みに震えていて、これではブレないのは無理という感じですが、手ブレ補正がONになっていると、細かい手ブレが吸収されて、ゆっくりとした動きになります。ちょっと息を整えれば、結構シャッター速度が遅くても使えそうです。
下の写真はシャッター速度1/6秒の超スローシャッターですが、なんとか見ることができます。実はこのくらい遅くなると猫だと被写体ブレの方が大きいくらいです。それがなんとか撮れるのですから驚きです。
コンパクトな高倍率ズーム機DIMAGE Z3。女性が持ち歩いても違和感無いカメラだと思います。
PICT0009.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチモニター

PICT0003mini.jpg
会社に机の液晶モニターをUXGAのものに変えました。画面が大きくて、広いのでとても使いやすいです。で、調子にのって、ビデオカードを買い換えて、マルチモニターの環境を作ってしまいました。
なんか、壁に囲まれているようで圧迫感がありますが、片方でシミュレーションをして、片方で処理画像を見るとかいうのが出来て、とても便利です。
こんな贅沢ができるのも会社のお金だからこそです。しかし、このUXGAのモニターは使いやすいです。感動します。IEの画面をモニターいっぱいにしなくても充分に使えるんですから、バックグラウンドのアプリもすぐに切り替えられます。ちょっと高いですけど、これからはオーバーサイズのモニターがいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安岡正篤底が見えたり!

安岡正篤とかの「活眼活学」を読まされているが、ある一文を読んで、安岡某の底の浅さが見えた次第です。
その一文とは
「人間が大人になってくると、だいたい甘い物は好まなくなる。甘い物が好きなんていうのは、これはあまりできておらぬ。」
こういう、安っぽい自分だけの思い込みを、世の中の常識のように声高に唱える輩がいるが、人間としての底の浅さを露呈しているというのがわからないのでしょうか?もっと他の意見も尊重するという、控えめなスタンスをとるのが大人の対応というものだと思うのですがいかがなものでしょうか?
社長からのありがたいプレゼントであったわけですが、残念ながら、この安岡某の考えには賛同することができないです。安っぽい人間というのはすぐに尻尾を出すものです。実生活でも同じですね。
自分の目標としては、深みのある、どっしりとした人間になりたいですね。難しいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社長からのプレゼント

4569563775.09.MZZZZZZZ.jpg新しく社長秘書になった女性が文庫本を配っていました。安岡正篤の「活眼活学」という本です。申し訳ないですが、「安岡正篤」という人も知らないし、ましてや著書を知るわけもありません。
秘書の女性は、「いつ、社長が感想文を出せというかもしれませんから、早めに配っておきます」と言っていたが、そんな学生の宿題みたいなことをして欲しくないです。それよりもなによりも、いい大人を相手に、自分が感銘を受けたからといって、それを押し付けないで欲しいです。ましてや社長ですよ。自分の行動の影響の大きさというのを考えて欲しいです。
いくら本社から分割子会社化したとは言え、社長まで中小企業のオヤジさんみたいなことをしなくてもいいのにと思うっているのは自分だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーチェリー神奈川高校新人戦

長女のアーチェリーの試合を見てきました。富岡総合公園は思ったより自宅から近く、車で30分ちょっとで着いてしまいます。これは長女に内緒にしておかないと、休日の送り迎えを頼まれそうです。
どこかの高校の指導者と思われる人が、「後ろ5mまでは近づいてもらっても結構ですから」と言っていたのだけど、一般人の観戦は0だし、そんなことして長女に見つかったら口きいてもらえなくなるので、こっそりと応援してました。
しかし、見ていて地味なスポーツですね。オリンピックなどでは、あまりに地味なので、1対1の対戦方式を採用しているのですが、シングルラウンドとかだと、ひたすら矢を射るのみですから、見ていても退屈です。
写真はD70にタムロン28-300mmをつけて、ほとんどテレ端で撮りました。ぶれないように、ISO800まで上げましたが、それでもぶれますね。途中で三脚使いましたが、顕著な効果はありませんでした。
マイフォトに少し写真を貼っておきます。
DSC_0867x.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンから3機種発表

また、デジカメの話になってしまいます。フォトキナが近いので仕方ないかも。
今回はニコンから、デジタル一眼のD2Xと、手ぶれ補正つき高倍率ズームCOOLPIX8800、広角ズームのCOOLPIX8400が発表されました。D2Xはなんと60万円、COOLPIX8800、8400ともに10万円を超える高級機の位置づけになります。COOLPIX8800は、コニカミノルタのA2やパナソニックのFZ20の対抗機で高倍率ズーム、手ぶれ補正、一眼タイプのフォルムと似通っています。こういう機種を見ると、もうちょっと張り込んでデジタル一眼を買った方が楽しいだろうにと思うのですが、どんなもんでしょう。
D2Xは1260万画素CMOS採用ということで、プロ仕様です。CMOSで、なおかつ一画素が小さいので、感度はD70より下がっているようです。ISOの設定が100から800となっています。まあ、プロは照明をちゃんと焚いたり、しっかりと三脚を使って撮ったりするので、多少の感度の低下より、高精細な画を選ぶんでしょうね。
しかし、今回の3機種とも、グリップ部にはD70でおなじみの赤いマークが入っています。あんまり趣味の良くないデザインだと思うのですが、一目で「ニコンのカメラ」と分からせるにはいい作戦じゃないでしょうか?
ニコンはデジタル一眼ではシェアトップだそうですが、コンパクト高級機ではどうなるでしょうね。楽しみです。
nikon1_2.gifう~ん、60万円あったら、レンズ買います。
nikon201.gifニコンマークが他社を切り崩すか?
nikon3_2.gifちょっとデザインがださくないですか?
nikon02.gifD2Hから赤いマークが始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コニカミノルタα-7DIGITAL

km1_01.gifいよいよ、満を持して真打のお出ましです。コニカミノルタの「α-7DIGITAL」。実は銀塩ではミノルタを使い続けていた自分としては、これの発売までデジタル一眼は待ちたかったのです。しかし、発表は春頃だったものの、発売がいつか分からない状態で、我慢が出来ずにニコンのD70に走ったわけです。
発表されてみると、予想通りのボディで20万円という高価な機種でした。コニカミノルタの初のデジタル一眼ですから、メーカーも普及機を出すわけにはいかなかったのでしょう。でも、高いけど、これはごつくていい感じですね。ボディ上部の大きなダイヤルが二つ。男のメカって感じのスイッチ。写真を撮る「ギア」って感じがいいです。
それに、なによりも手ぶれ補正の「Anti Shake」。他メーカーの普及機との10万円の差を埋めるだけの価値はあります。ニコンやキヤノンの手ぶれ補正つきのレンズを2本ほど買うことを思えば、元が取れます。
う~ん、やっぱり待つべきだったかなぁとも思わないこともないけど、半年も早くデジタル一眼を楽しめたのはD70のおかげですし、レンズを5本も買って(手元に残っているのは3本だけど)しまったので、マウントの違うカメラを買うのはちょっと躊躇します。
多分、他メーカーのように10万円辺りで普及機を出すだろうから、それまでレンズにカビを生やさないようにして、待つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンタックス *ist Ds

pentax101.gifペンタックスから低価格のデジタル一眼レフカメラ「*ist Ds」が発表されました。ボディ実売9万円台、600万画素APS-CサイズCCD、とニコンD70の対抗機種となるカメラです。
おそらく同じCCDを使っていると思われるので、画質ではタメ、*ist Dsの方が小型、更にはペンタプリズム採用となると、内容的には後発な分、*ist Dsの方がスペックで勝っているように思えます。
D70ユーザーとしては複雑な思いですが、唯一、レンズのラインナップ(純正にせよ、レンズメーカーにせよ)が豊富というのが優越感に浸れるところでしょうか?
この前買ってお気に入りのシグマ18-50mmF2.8(このレンズ、随分評価が高いです。解像度も単焦点なみに良いし、歪も少なく、綺麗に写ります)もペンタックス用はまだ出てないし、そういう点ではニコンは安心して使えます。
とは言うものの、コンパクトでなかなかしっかりした作りのようで、これで画像処理が良ければ、買っても損したと思わなくて済む新製品ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオはニッポン放送

車通勤をしているのですけど、ほとんどラジオをつけっぱなしです。放送局はニッポン放送。一番感度が良いというのが理由だったりします。学生時代は「オールナイトニッポン」より「パックインミュージック」ファンだったのですが。
で、朝はエコノミスト森永拓郎の番組を聞いています。
今朝の番組の中で「(男性の)人生の三大不良債権」として、「女房」「子供」「住宅ローン」って言っているのを聞いて笑ってしまいました。不良債権というと「女房、子供」に失礼というものですが、男は「女房、子供、住宅ローン」で自由をなくしているというのは当たっているような気がします。
まあ、逆の立場なら「夫」も立派な「不良債権」なんでしょうが…
ここは、「お互い様」ということで丸く収めるのが一番ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パルナスのピロシキ

今日かみさんが近くのパン屋さんでピロシキを買ってきてくれました。「おおっ、ピロシキ。大好物!」と思ってかぶりついたけど、なんか思っていた味と違うんです。
そうなんです、関西人にとって「ピロシキ」といえば、「パルナスのピロシキ」を指しているんです。
小さい頃、デパートの地下のパルナスのお店でピロシキをお土産に買って帰って、家で食べるのが好きでした。あの味は、多分化学調味料で味付けしたくどい味のような記憶があるのですが(違うかもしれませんが)、一度味わうと忘れられない味でした。
で、今でも食べられるのかなと思ってちょっと調べたら、もう「パルナス」は潰れてしまったようです。
「♪パルナス ピロシキ パルナス ピロシキ パルピロ パルピロ パルピロ パルピロ モスクワの味♪」みたいなCMソングだったように覚えているのですが、「パルピロ」ってなんなんでしょうね?
ああっ、もう一度「パルナスのピロシキ」食べたいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

今日も町田ヨドバシでお買い物

今日は家族で、また、町田に行ってきました。コンタクトレンズ屋さんに行ったあと、ルミネの9Fのお好み焼き屋で広島焼きともんじゃをお昼に。その後、女性陣と別行動を取りましたが、当然のごとく、足はヨドバシカメラへ。今日の獲物は三脚とカメラバッグとテレコンバーターです。
三脚はバルボンのアルミ性のがっしりしたのがあるのですが、いかんせん重いし大きいし、持ち運び用のケースもなかったので扱いに困っていたんです。カーボンの軽くてしっかりしたのを探したのですが、みんな3万円以上します。もっと小型で安いのと思って結局エツミのDV-2ってやつにしました。SLIKのが良いかなと思ったのですが、今回は携帯性と、雲台のところがカメラがワンタッチで取れるようになっているタイプを選びました。
カメラバッグは普段から持ち歩けるようにと思って、普通のカバンの中に入れるカメラ用インナーバッグを狙っていったのですけど、これも小さいカメラだけが入るようなのがなく、結局エツミの小型のカメラバッグを買ってきました。単独でも持ち歩けるし、そのまま、バッグに放り込んでも大丈夫な感じです。
一番欲しかった、1.4倍くらいのテレコンバーターですが、これはニコン純正、タムロン純正が無く、ケンコーのしか見つからなかったので、今回はパス。
今日の買い物、ポイントカードのポイントを使って、507円でした。安い!
今日の獲物を貼っておきます。
CIMG0979web.jpg
CIMG0983web.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四季の森公園

今日は年休を取って、シグマ18-50mmとD70を持って近くの「四季の森公園」へ撮影に行きました。
広角で撮ることを意識すると、違った楽しみがでてきますね。
マイフォトに写真を貼っておきます。
DSC_0837mini.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グローバル・アジア

最近、仕事の関係で、アジアの繋がりが広がっています。
半年ほど前までは台湾の部品メーカー2社と部品開発をしていたし、日本の大学の先輩が台湾で教授と企業の社長をしていて、それでお付き合いがあったりしてました。ここしばらくは、韓国のメーカーの人とお話する機会が何度かありました。
みなさん、日本まで商売にくるだけあって、中々日本語がお上手です。こっちは中国語といえば、「ニーハオ」「ツァイチェン」「ウォーアイニー」しかしらないし、韓国語にいたっては「アンニョンハセヨ」しか話せないというのにえらい違いです。それに、さらに皆さん英語もしゃべるんだから驚きです。
でも、そう思うば、英語は学校教育だけでも、多少は意思疎通が図れるます。散々ダメだと叩かれている学校での英語教育ですが、全く無駄ではないようです。
となると、今の自分の英語力程度に中国語や韓国語を話せるようになろうと思ったら何年かかることでしょう。中国に工場もあるし、中国語習いたいんですけど、それよりもっと英語を話せるようになった方がいいのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠近両用コンタクトレンズ

コンタクトレンズを交換してもらったのは土曜日でした。近くが見やすくていいなと思っていたのですけど、夜車を運転してみてちょっと怖いくらいに視力が落ちていることに気が付きました。気にすると、ますます気になって、遠くがボケて見えるような気がします。
また、今度もう一度視力の検査をして、レンズを換えてもらおうと思うのですが、ひょっとしてもう老眼が入っていて近くが見難いのかもしれません。
ふと、前にコンタクトレンズ屋さんで見た、遠近両用コンタクトレンズのことを思い出して色々調べてみました。遠近両用メガネは下を向いたときに、遠視用のレンズを通してみるようにレンズが作ってあるのですが、コンタクトレンズはそれが同心円状に作られているようです。基本的には近視用レンズと遠視用レンズの両方を通った光を同時に見ていることになるので、ボケたようなピントがあったような少しもどかしいような景色が見えるようです。慣れるまでに時間がかかるみたいですし、必ずしも良好な視界が得られるとは限らないようです。それに、レンズ自体も高いので、どうしてもふんぎりがつきません。
実はフレームの小さい小洒落た老眼用のメガネを以前に作ったので、コンタクトレンズでは視力を出すように調整して、書類や本を見るときにメガネをかけるようにしようかなとも思っています。コンタクトで視力を良くして、メガネで視力を落とすというのは本末転倒かもしれませんし、ちょっと面倒なのですが、慣れれば、ワンポイントのおしゃれになるかもしれません。
しかし、メガネ歴6年、コンタクトレンズ歴34年、視力が良かったときの記憶がありません。いい加減にコンタクト歴も長いので、そろそろ、全面的にメガネに移行するのもいいかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

個人情報流出

土曜日にDCカードから「重要」と書かれた封書がきました。
気になって開けたら「お客様情報流出のお詫び」と書かれた紙が入っていました。中を読むと「あなた様の個人情報の一部が社外に流出した可能性がありますので、ご報告申し上げます。」と書かれている。最大48万人の個人情報が流出した可能性があるということです。
マスコミに嗅ぎつけられる前に、自発的に調査し、謝ってきたのだろうけど、どの情報が漏れたのか書かれていない。名前、住所、電話番号、生年月日くらいなら調べれば分かるだろうからいいのだけど、それに加えてカード番号が漏れていると、インターネットでオンラインカード決済が可能です。さらに心配なのは、4桁の数字の暗証番号。みんなそうだと思うけど、キャッシュカードもその他のものも、4桁の暗証番号って同じのを使っているので、例えば銀行の口座番号が分かれば、カードを偽造して現金を引きおろすこともできます。もし、暗証番号まで漏れているなら、今使っている暗証番号を変えないと心配です。
同封して、500円のギフトカードが入っていたけど、ちょっと個人情報のお値段として安いのではないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シグマ18-50mmF2.8

昨日買ってきた、ニコン用交換レンズ、シグマ18-50mmF2.8を早速使ってみました。とはいっても天気も悪かったので、室内でしか撮れませんでしたが、
室内での猫と部屋から外を撮った景色を貼っておきます。猫は50mmのテレ端、景色は18mmのワイド端です。
他にもタイル張りの壁とかも撮って、18-125mmと比較しました。歪は同程度。ワイド端の開放では、18-50mmの方が周辺の減光が少なく、色収差も若干良いようです。
明るいので室内撮りに最適かと思います。
DSC_0792x.jpg
DSC_0782x.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町田といったらヨドバシだ!

今日、町田にコンタクトレンズを交換に行きました。作ったときは視力が合っていると思ったのですが、最近近くのものが見にくく、本や新聞を30cmも離さないと読めない状態だったんです。電話して確認すると、作って3ヶ月までは交換がきくとのことで、ギリギリで交換することが出来ました。視力自体は両目でぎりぎり1.0程度に落ちたけど、近くのものが見やすくて、目も楽です。
で、町田まで来たので、ヨドバシカメラに寄ってきました。長女がデジカメを欲しいとかいっていたので、少し下見した後、一眼のコーナーへ。シグマの18-50F2.8がない。店員さんに言って出してもらって、D70に付けて何枚か撮ってみました。後面の液晶でしかみれないけど、歪の少なさや、解像感の良さは伝わってきます。
こうなったら、折角新品を展示用に出してくれたんだから、買うしかないでしょう。ボーナスまでは待てない。カードでリボ払いにして、手に入れてしまいました。う~ん、いいのだろうか…
CIMG0969mini.jpg……物欲には勝てません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアンツはいりません

8月頃から、そういうことを言っていると話題になっていたんですけど、ナベツネさんが、パリーグが4チームになったら、巨人はパリーグに行くと発言したそうです。まあ、パリーグのもう一つの合併(ダイエーとロッテ?)が決まるとは思えないし、オリックスと近鉄の合併も選手会の反対でどうなるか不透明なのに、なんでこんな話が漏れるんでしょう。
ナベツネさんとしては、マンネリしたセリーグの試合より、強烈な個性のある西武、ダイエーとの試合の方がファンに喜ばれると思ったんでしょうね。確かに今のプロ野球で強いチームを挙げろと言われたら、西武、ダイエーと言えると思います。西武、ダイエーと巨人との試合は、それこそ、毎日が日本シリーズみたいに盛り上がるでしょうね。
でもねぇ、昔っからのパリーグファンとしては、巨人こそ目の仇なんですよ。今さら人気回復にパリーグに来ようなんて甘ったれるんじゃないと言いたいです。
パリーグファンは声を大にしていいましょう。

「ジャイアンツはいりません!」

| | コメント (1) | トラックバック (1)

欲しいものスタック

18-50f2.8exdc.jpgしばらく、空だった「欲しいものスタック」にひとつモノが入りました。シグマのレンズ18-50mmF2.8 EX-DCです。シグマのレンズは18-125mmを持っているので、焦点距離が重なってしまうのですが、18-125mmのワイド側って歪が多いので不満でした。今度の18-50mmは歪が少ないようなので、広角で建物とかを撮ってもストレスになりません。
それにF値が2.8と明るいのもいいですね。室内でもズームレンズが気楽に楽しめます。さて、18-125mmを売って買い換えたものか、それとも買い増したものか、悩んでしまいます。しばらくは、サンプル画像を指をくわえて見ていることにします。できれば冬のボーナスが出るまで、物欲に負けないことを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »