« 夏の甲子園といえば | トップページ | 今月は皆勤賞ですが、 »

アテネオリンピック(完)

アテネオリンピックも終盤、新体操が放送されましたが、うちの娘たちにはえらく評判で、画面に食い入って見ていました。
棒やリボンを操る巧妙さもそうだし柔軟な体もそうなんだけど、すごく長い足やスタイルの良さに感銘していたようです。
でもねえ、自分はあんまり興味がないんです。というか、あれはスポーツですか?例えば、アイスダンスやシンクロもそうなんですが、スポーツに芸術点なんかいりません。化粧をしなければならないような競技はスポーツとは認めません。そういうのは見世物小屋でやってください。中国雑技団でもボリショイサーカスでもいいですから、そういうところでやってください。
見世物というのは言い過ぎかもしれませんが、見ていて楽しいし、凄いとは思うのですが、やっぱりスポーツは体を使って、体力や技術を見せるものであって、美しさを競うものではないと思うのですよ。
フィギュアスケートにしても、体操みたいに難易度の高さと完成度のみで点数をつければ、もっと面白くなるかもしれません。芸術的なものはアイスショーとかで見れるじゃないですか?
その方が、クーベルタン伯爵がオリンピック憲章で述べた「より高く、より速く、より強く」の精神に則っていると思うのですが。

|

« 夏の甲子園といえば | トップページ | 今月は皆勤賞ですが、 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アテネオリンピック(完):

« 夏の甲子園といえば | トップページ | 今月は皆勤賞ですが、 »