« 「少しくらい」と「少しくらい」 | トップページ | イチロー »

アテネオリンピック(11)

なんか日本のマスコミの反応がおかしいです。他国の選手のドーピングをそんなに興味津々に伝えなくてもいいのにと思います。
そりゃ、確かにハンガリーのアヌシュ選手がドーピングで金メダル剥奪となれば、室伏選手に金メダルがわたることになりますよ。でも、それを期待するかのような、いや、アヌシュ選手をクロと決め付けているような、芸能ニュースみたいな報道をするのはいかがなものでしょうか?
でも、仮にアヌシュ選手がドーピング違反で室伏が金メダル取っても、一度道に落としたあめ玉を拾って食べるみたいで、室伏選手も心から喜べないでしょうね。なんかそれじゃなにも悪いことはしてない室伏選手が一番わりにあわなくって、可哀想ですね。仮にドーピングがあったとしても、室伏選手も「銀でいいです」とか言うと、また男をあげるんだけどねぇ。どうするかなぁ。

|

« 「少しくらい」と「少しくらい」 | トップページ | イチロー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アテネオリンピック(11):

« 「少しくらい」と「少しくらい」 | トップページ | イチロー »