« いしいひさいち | トップページ | 「少しくらい」と「少しくらい」 »

最近のデジカメ事情

最近のデジカメは500万画素が主流ですが、一方小型化も進んでCCDも小さくなり、ますます画素のピッチが小さくなってきています。こうなるとどうなるかというと、画がノイズっぽくなる、感度が下がる、手ブレがしやすくなる、といった弊害があるわけです。実際に最近の1/2.5インチサイズの500万画素CCDを使ったカメラの画はどれも色ノイズが多いです。
こんな画しか出せないようだと、それこそ、携帯電話のカメラにとって代わられてしまいそうです。実際にあまり画質を気にしない人には携帯で充分という人が多いですし、結構画質にうるさい人でも、スナップなら携帯でもいいという人もいます。折角ここまで育った市場を自分から潰すことにならないか心配です。
もう、画素数競争はやめて、感度のいい画の綺麗なデジカメを出して欲しいです。今の技術なら、300万画素くらいに押さえれば、充分小さくて、電池の持ちが良くて、画の綺麗なデジカメが作れると思うのですが。
そういうのを期待した、カシオのS100が思いのほか画がきたなくて残念に思ってます。折角セラミックレンズまで使って薄いズームレンズを実現したのに活かしきれてない。これから、秋モデルがどんどん出てくると思うのですが、買い替えしたくなるような機種はでてくるのでしょうか?

|

« いしいひさいち | トップページ | 「少しくらい」と「少しくらい」 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42319/1288684

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のデジカメ事情:

« いしいひさいち | トップページ | 「少しくらい」と「少しくらい」 »