« 嵐の前の嵐? | トップページ | 選挙速報 »

トラックバックとは(3)

やり方がわかってきました。ご参考になれば。

Aさんのブログを読んでいて、ある記事に関して、それに関した話題を書きたいと思ったとき、勿論全く独立して新規記事を書いてもいいんだけど、Aさんのその記事を見て書きましたよ、って場合、Aさんの記事を引用するか、Aさんのブログへのリンクを張ればいいんだけど、今まではここまでしか出来なかったわけです。

トラックバックを使うと、Aさんのブログのその記事にトラックバックがあったことが示され、Aさんの記事を参考に書いたこちらの記事の一部が表示され、リンクが自動的に貼られます。

つまり、Aさんのブログを読んでいる人が、その記事を参照して書いたこちらのブログの記事に飛ぶことが出来るのです。

このブログの最初の記事「始まり、始まり(パチパチパチ)」を見てください。記事の下にトラックバック(1)ってありますよね。これはこの記事へのトラックバックが1件あったということです。クリックしてみると、記事へのトラックバックの一覧が記事の一部と一緒に出てきます。あっ、これを読みたいなと思えばクリックして全文読むことができます。

トラックバックのやり方は、Aさんの記事の下にトラックバックってのがあるのでそれをクリックします。ブログの種類によって違うのですが、その記事へのトラックバックURLが表示されたり、クリップボードにコピーするとかが出ますから、URLが表示された場合はそれをコピーするか、クリップボードにコピーのボタンを押して、トラックバックURLをコピーします。
次にそれを参考に自分の記事を書くとき、Aさんの記事のトラックバックURLを入力するウィンドウがあるので、そこに、コピーしたトラックバックURLをペーストすればOKです。

後はブログのアプリが勝手に、Aさんにブログにこちらの記事で参照したよということの表示してくれます。Aさんにトラックバックがあったというメールが行ったり(これはオプション?)もします。

つまり、一言で言ってしまえば、トラックバックとは相手に無断で相手のブログに自分の記事へのリンクを貼るということです。トラックバックが一杯ついている記事は多くの人が参照したということになります。

しかし、先ほど書いたように、逆に言えば、無断でリンクを貼られてしまうわけですから、それが嫌ならばトラックバックを拒否することも記事毎に出来ます。でもそれをしてしまうと、普通の掲示板と何が違うの?ということだと思います。

多少、ご参考になったでしょうか?

|

« 嵐の前の嵐? | トップページ | 選挙速報 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックとは(3):

« 嵐の前の嵐? | トップページ | 選挙速報 »