« 安物買いの | トップページ | 北朝鮮って »

睡眠時無呼吸症候群

居眠りトラックが事故を起こしたり、電車の運転手が駅で止まらなかったりすると、すぐに睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)と言う便利な病名がつくことが多くなった。別に揶揄しているのではなく、、ADHD、PTSDなどと同じで、これまで病気とは区分されてなかったものを病気と見るようになったということでしょう。大人のADHDなんか、怠け病と言われたものですが、部屋が片付けられないのも病気なんですね。

なんで、こんなことを書いているのかというと、とにかく眠いんです。夜は6時間以上は睡眠時間をとっているものの、ちょっと気を抜くとふっと目が閉じてしまうほど眠いんです。自動車の運転中はそれこそ神経を集中して運転してないと、どっか行っちゃいそうです。
で、SASのことを調べてみると、「いびきをかく」「夜中に目が覚める」「喉がかわく」「朝、頭痛がする」など、どれも全て当てはまります。以前、かみさんが、いびきがしていたと思ったら急に息が止まって、ちょっとしてまたいびきをかきだすって言っていたので、余計に心配です。
毎年すごく眠くなることがあって、主に春先や、秋口だったので、「春眠暁を覚えず」だったり「秋の夜長」のせいだろうと思っていたのですが、気になりだすと、すごく気になります。
それに、SASの診断は入院して1泊で検査するんだろうと思っていたのですが、簡易検査は自宅でも出来るそうです。
気になるので、時間を作って病院に相談してみようと思っています。
力仕事じゃないけど、体が元気で給料なんぼの仕事してますから(笑)

|

« 安物買いの | トップページ | 北朝鮮って »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠時無呼吸症候群:

« 安物買いの | トップページ | 北朝鮮って »